1. トップページ >
  2. 解体工事の基礎知識 >
  3. 解体工事の挨拶と手土産

解体工事の挨拶と手土産

解体工事の際の近隣住民への挨拶で、手土産を持っていくべきか?どのように挨拶すればよいのかをお悩みのあなたへ、解体工事前の挨拶のしかたについてご案内いたします。

挨拶の手土産は持参するべき?

世間一般では解体工事を行う際、工事が着工される前に先ずは近隣住民へ挨拶に伺います。騒音や振動、舞い散るホコリなどでご近所さんには迷惑をかけてしまう事になるため、引越し時などの挨拶以上にその必然性は高まります。
では手土産などは持参するべきなのか、という疑問も出てくるかと思います。結論としては、相手の負担にならない程度の粗品を添えるのが無難でしょう。一般的には洗剤やタオル、菓子折などを持参する人が多いようです。
あくまでも解体工事期間中に騒音や震度等でご近所に迷惑をかけてしまう事に対する謝罪の気持ちを伝える事が大切で、その上で手土産として貰う側が負担にならないような物を持参するようにしましょう。

挨拶に行ったが不在のケースでは?

解体工事が始まってから挨拶に来られても、挨拶に来られる側はやはりいい気はしないでしょう。解体工事前にしっかりとご近所さんへ挨拶に回り、工事概要、緊急連絡先などを伝えます。解体工事開始前に手土産を持って挨拶に回りますが、相手が不在の場合や、解体工事開始前までに、事情によっては何度も訪問できない事もあるでしょう。
その際には事前に作っておいた挨拶状を置いてきます。相手にとって失礼にならない手土産であれば、その際に挨拶状と一緒に添えて置いてきても良いでしょう。そして、後日また改めて挨拶に伺う旨を明記しておきます。良好なご近所付き合いをするためにも、解体工事時の挨拶は非常に重要になってきます。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。


解体工事の基礎知識

解体無料見積ガイドでは、全国対応で、ご希望エリアの最大3社の解体業者から無料で正確なお見積りをお取りいただけるサービスをご提供させて頂いております。ご案内させて頂く解体業者は、当サイトの登録基準を満たした優秀な解体業者です。ご安心してお見積りをお取り頂けます。各社の見積書が届いたら、ご家族でゆっくりご検討ください。あなたさまが解体業者から不快な営業をされることは一切ありません。

24時間、解体工事に関するご相談も受け付けております。
どうぞご遠慮なく、お気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック
読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都渋谷区神宮前4-3-15
スタッフ
お問い合わせ先