1. トップページ >
  2. 解体工事の基礎知識 >
  3. 火災現場の解体工事

火災現場の解体工事

火災現場の解体工事は、一般的な解体工事よりも費用が安くなると思われがちですが、実際には高額になることがほとんどです。しかし、地域によっては、火災残骸処理費用の補助金制度が適用されるところもあります。

火災時の解体工事の進め方

大切な家が火災に遭うなんて、本当に残念で悲しいことです。すぐに現実を受け入れたり、気持ちを切り替えたりできない方も多いと思います。
けれども、そんなに悠長なことは言っていられないのが現実です。そして、ご近所への配慮や再建に向けて、できるだけ早く解体工事を進めていく必要があるのです。

火災現場では消火活動が終わると、消防署や警察署の現場検証が行われ、そのあとでやっと後片付けができる状態になります。大切な思い出の品などは、解体工事が始まる前に早めに持ち出しておくと良いでしょう。

また解体工事を急ぐため、じっくりと解体業者を選んだり、見積もりを複数の解体業者に頼んだりしている時間も、ないかもしれません。そうなると、火災現場の解体工事に不慣れな業者や高い業者に依頼してしまうこともあります。たとえ時間がなくても、出来る限り見積もりに納得して、信頼できる解体業者を選ぶようにしましょう。

火災で家屋が燃焼してしまい、残った建物を解体する場合、ほとんどの人は一般的な解体よりも費用が安く、簡単にできるのではないかと思っているはずです。しかし、意外かもしれませんが、火災現場の解体工事は費用が高額になることがほとんどです。

火災現場の解体工事は費用が高額になる2つの理由

その理由は2つあります。

1つは、火災で焼け残った残骸の処理費用はとても高額になるからです。通常の解体工事の場合は、廃材は木くずなどとして再利用が可能ですが、炭化した木材は再利用ができないため、処分するしかないのです。

2つめは、解体業者が処分場に搬入する前に、炭化した木材と炭化していないものに分別しなければなりません。そのため、通常の解体工事よりも手間と時間がかかってしまい、工事費が高額になるのです。炭化した廃材に関しては、市町村によって違いがあり、中には細かく裁断しないと受け入れてくれないところもあり、その場合はさらに手間がかかります。

ただし地域によっては、火災残骸処理費用の補助金制度が適用されるところもあります。ですから、解体業者はまず、地元の業者を探してみることをおすすめします。その際、火災現場の解体工事に詳しい業者かどうかもしっかりと見極めることが大切です。疑問点をいくつか聞いてみて、はっきりと答えられない業者の場合、もしかしたら火災現場の解体には不慣れなのかもしれません。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。


解体工事の基礎知識

解体無料見積ガイドでは、全国対応で、ご希望エリアの最大3社の解体業者から無料で正確なお見積りをお取りいただけるサービスをご提供させて頂いております。ご案内させて頂く解体業者は、当サイトの登録基準を満たした優秀な解体業者です。ご安心してお見積りをお取り頂けます。各社の見積書が届いたら、ご家族でゆっくりご検討ください。あなたさまが解体業者から不快な営業をされることは一切ありません。

24時間、解体工事に関するご相談も受け付けております。
どうぞご遠慮なく、お気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック
読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都渋谷区神宮前4-3-15
スタッフ
お問い合わせ先