1. トップページ >
  2. 解体工事の基礎知識 >
  3. 解体工事を安く抑えるタイミングは?

解体工事を安く抑えるタイミングは?

解体工事を少しでも安く抑えたい場合は、解体工事の時期(タイミング)を検討するのも賢い方法です。解体業者の繁忙期ではどうしても割高になりがちです。適切なタイミングを見極める方法をご説明いたします。

解体工事の見積額は、工事依頼の時期によっても変動する

解体工事の見積額は、工事を依頼する時期(タイミング)によっても変動しています。
どうせなら安く抑えたいというのが、誰でも本音でしょう。
そういった場合には、以下のようなポイントを知っておくことが重要です。

・解体費用は、年末(12月頃)と年度末(3月頃)に高くなる傾向がある
・事前に公表されている坪単価は、あくまでも目安なので注意が必要

・見積もりには有効期限がある

これらには、全て理由があります。

まず、解体費用の見積額が時期によって変わる理由を見てみましょう。
年末(12月頃)と年度末(3月頃)は、解体工事のちょうど繁忙期にあたります。
なぜなら、年が変わるタイミング、あるいは決算が行われるタイミングで店舗を解体し、閉店させたいという店などが多いからです。また固定資産税の関係で、年末までに解体工事を済ませたい場合も多いと言えるでしょう。

こうした時期には、解体業者も無理な値引きをして仕事を受注しようとしません。値引きなどしなくとも、解体依頼が入るからです。したがって、この時期は解体工事を依頼する側にとっては多少不利な時期にあたります。

逆に言えば、この繁忙期をさけて解体工事を依頼すれば、見積額が下がる可能性もあるわけです。

いつ解体工事を頼んでも費用は同じではない!?

次に坪単価ですが、ホームページなどで事前に坪単価を公表している解体業者があります。では、この業者に解体を依頼すれば、いつでも同じ値段で工事をしてくれるのでしょうか。残念ながら、実態はそうではありません。

実は、ホームページや簡易見積などで示される解体の坪単価は、あくまでも目安にしか過ぎないのです。実際には現地見積もりなどを行った後に、坪単価以外の費用をプラスして、解体にかかる全体の費用が出されることになります。
そのため、坪単価は1年中同じであっても、解体にかかる総額は変動する場合があります。

「坪単価を公表しているから、いつ解体工事を頼んでも費用は同じ」とは言えないので、依頼するには時期(タイミング)に注意する必要があるのです。

また解体工事を行う場合には、あらかじめ見積もりを取る場合がほとんどでしょう。現地見積もりまで終わり、解体工事にかかる全体の費用が分かったとします。では、この一旦出された見積額は、ずっと同じままなのでしょうか。

時期による業者の対応状況などの背景から、解体業者が出す見積もり金額には、有効期限が設けられているのが普通です。一度現地見積もりをしてもらった場合でも、有効期限が切れてしまうと再見積もりになることが多いので注意しましょう。見積もりの期限は事前に確認し、依頼をするのであれば、期限が切れないうちに行うようにします。

こういったことを知っておくことで、解体工事で損をするケースも回避できるでしょう。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。


解体工事の基礎知識

解体無料見積ガイドでは、全国対応で、ご希望エリアの最大3社の解体業者から無料で正確なお見積りをお取りいただけるサービスをご提供させて頂いております。ご案内させて頂く解体業者は、当サイトの登録基準を満たした優秀な解体業者です。ご安心してお見積りをお取り頂けます。各社の見積書が届いたら、ご家族でゆっくりご検討ください。あなたさまが解体業者から不快な営業をされることは一切ありません。

24時間、解体工事に関するご相談も受け付けております。
どうぞご遠慮なく、お気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック
読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都渋谷区神宮前4-3-15
スタッフ
お問い合わせ先