1. トップページ >
  2. 解体工事の基礎知識 >
  3. 解体工事の事前届け出の詳細

解体工事の事前届け出の詳細

解体工事を行う際には、建物の床面積を確認しましょう。解体する建物の床面積が80平方メートル(約25坪)を上回る場合、建設リサイクル法にもとづいて、市区町村へ提出する必要のある届出書類があります。
これは法的な監視の下で、解体した際に発生する廃材の不法投棄を抑制し、再資源化を促進するためです。さらに解体工事の適切な実施確保を目的として、解体工事業者が都道府県知事へ登録する制度も創設されています

届け出の際には、以下の書類が必要となります。

1.届け出書
…行政庁へ宛てた解体工事の届出書です。宛名は各都道府県知事(政令指定都市の場合は市長)となります。解体工事にまつわる詳細を記入しますが、インターネット上にテンプレートが公開されているので、それらを利用するとよいでしょう。氏名欄には、必ず発注者名を記入する必要があります。またこの届け出書は正副2部作成する必要があり、副(写し)は受理された後届け出印を押印のうえ返却されます。

2.別表(分別解体等の計画書)
…解体する建物の構造や、部分毎の材質と、それらの具体的な解体方法などを記します。インターネットでテンプレートの取得も可能ですが、解体工事の種類に応じて添付書類が異なりますので、注意が必要です。

3.案内図
…解体工事を行う場所を確認するためのものです。多くの場合、縮尺1:1000~1:5000程度の既製地図が利用されます。

4.設計図または写真
…解体する建物の設計図、または写真。

5.配置図
…解体する建物と、その周辺との配置関係のわかる図。

6.工程表
…解体施工にあたっての日程・スケジュール

以上の書類を用意して、工事を開始する7日前までに届け出をする必要があります。工事の開始日とは、実際の解体開始日を示します。直接解体にかかわらない仮設工事などは、届出の前に行っても問題はありません。

事前届出のその他注意点

届け出は、発注者または自主施工者本人が行うのが原則です。
万が一、他の代理者が提出する場合は、委任状が必要です。

書類の提出先は、建物を管轄する各都道府県により異なります。
あらかじめ、解体を施工する都道府県や市区町村のホームページ等を調べておきましょう。

書類の準備は、多少面倒に感じてしまうかもしれません。
しかし良心的な解体業者であれば、質問にも丁寧に答えてくれます。また、届出書の作成・提出の代行を受け付けてくれる業者もいます。事前に確認・相談の上で、スムーズに解体工事を行いましょう。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。


解体工事の基礎知識

解体無料見積ガイドでは、全国対応で、ご希望エリアの最大3社の解体業者から無料で正確なお見積りをお取りいただけるサービスをご提供させて頂いております。ご案内させて頂く解体業者は、当サイトの登録基準を満たした優秀な解体業者です。ご安心してお見積りをお取り頂けます。各社の見積書が届いたら、ご家族でゆっくりご検討ください。あなたさまが解体業者から不快な営業をされることは一切ありません。

24時間、解体工事に関するご相談も受け付けております。
どうぞご遠慮なく、お気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック
読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都渋谷区神宮前4-3-15
スタッフ
お問い合わせ先