1. トップページ >
  2. 遠方の解体工事をお考えの方へ

遠方の解体工事をお考えの方へ

当サイトには、遠方にある建物の解体工事についてのご相談も多く寄せられます。
ご両親が他界・介護施設へ入居されて空き家になった建物、貸家から居住者が退去されて空き家になった建物、地主に借地上の建物を解体するよう指示されたケース、不動産を遺産相続したケースなど状況はお客様によって様々です。

住まいと解体現場が近ければ、遠方解体特有の悩みもなく「解体工事の計画がもっと進めやすいのに」と、思われる方は少なくないはずです。
ここでは、遠方にある建物の解体をできるだけ安価に、そしてスムーズに完了させる為に必ず抑えておきたい事をまとめました。

この記事の内容を4分でまとめた動画がこちらです

遠方の解体工事、ベストタイミングはいつ?

遠方にある建物を解体するか悩まれるということは、ほとんどの場合は建物が空き家の状態、もしくは空き家になる予定だと思います。遠方にある空き家を解体するか悩まれた場合、“解体をしなければならないのか”それとも、先送りにしても問題がないかをはっきりさせる事が大切です。

解体工事のタイミング
 
“解体しなければならないケース”とは、所有する建物が「特定空き家」に指定された場合です。平成27年5月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行されました。自治体が「特定空き家」に指定すると建物の撤去を命令できるだけでなく、「行政代執行(ぎょうせいだいしっこう)」による強制的な解体が可能となりました。解体費用は建物の所有者に請求され、国税滞納処分と同等に強制徴収も認められています。自治体の命令に従わない場合は最大50万円の過料も科せられるので、督促された段階で、具体的に解体工事の計画を進めていく必要があります。

また、自治体が解体工事を発注する業者が安価とも限りません。
「自分で見つけた解体業者であれば、もっと安く出来たかもしれない・・・」と、後悔をしないためにも、自治体から督促状が届いたら、まずは解体工事にどのくらいの費用がかかるのか見積りを取りましょう。

他にも、解体しなければならない理由には“土地の売却”や“土地の返却”に期限がある場合があげられます。対して、解体しなければならない理由がない場合は、下記の3つを明確にしてから解体工事をするか判断をしましょう。

  • 建物の管理にかかる手間と費用
  • 支払う固定資産税
  • 解体にかかる費用
  • 遠方にある建物を放置するリスク

    リスク1:火災
    住み着いてしまった浮浪者の火の不始末や、子供の遊び場となり火災に繋がる可能性があります。もらい火で被害にあった隣家と裁判沙汰になることもあります。
    また、火災物件は解体工事費用が高額になります。理由は消失したことにより廃材の処分料が減っても、廃材の仕分けが困難になることや、燃えた廃材は処分費用が高額なためです。

    リスク2:建物の老朽化による近隣への損壊事故
    建物が老朽化すると、台風や強風により屋根瓦などが落下したり飛んでしまうことがあります。飛んだ物が隣家や通行人に当れば、その損壊について賠償の責任が発生します。

    リスク3:建物の管理に手間と費用
    定期的に遠方の空き家に足を運ぶとなると交通費がかかります。また、掃除や雑草の処理、建物の修繕作業などにも手間と費用がかかります。台風や大雪になる度に現地の事が気になり精神衛生的にも良くありません。

    リスク4:敷地内にゴミを不法投棄される
    自転車やオートバイクなどを投棄される事もあります。

    リスク5:生い茂った草や樹木で近隣からクレーム
    草木が生い茂り始ると害虫が発生し衛生的によくありません。害虫の発生により自治体に苦情がはいると、衛生上の問題が指摘され、特定空き家に指定される可能性もでてきます。

    失敗しない遠方の解体業者の探し方

    遠方の解体をお考えになった時、下記のようなお悩みや疑問が出てくるではないでしょうか?

  • 見積りするためには、解体業者の現地調査に立ち会わなければいけないのか
  • 住まいから遠く離れた場所なので、見積り(現地調査)に立ち会うのが難しい
  • 解体現場周辺の優良な解体業者の探し方が分からない
  • 見積りを依頼した解体業者が悪徳業者だったらどうしよう
  • 遠方だから解体工事中は現場を確認することができない
  • 解体物件が遠方の場合、現地までの移動に時間と費用がかかるため、現地調査に立ち会わないで見積りをされる方がいらっしゃいます。現地調査に立ち会わない施主様の中には、万が一、悪徳業者に見積りを依頼してしまったとしても、顔合わせをしていなければ執拗に営業される心配がないとお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。

    また、解体現場が遠方の場合は、解体業者に関する現地の噂や口コミを知ることができないばかりか、インターネットの情報を鵜呑みにすることもできず、現地の解体工事に関する正しい情報の収集が難しくなります。
    だからこそ、遠方の解体工事の際には、下記でお伝えする3つの事が大切です。

    1. 解体現場周辺の解体費用相場を知ること

    現場周辺の解体費用の相場を知ることが必要な理由は、地域によって相場は異なるからです。地方は都心に比べ、解体作業員の人件費や土地代などの固定費が安価です。産業廃棄物の処理場も土地代が安価な分だけ処理費用を下げて運営することができます。また、地方は敷地が広く解体し易い立地も多く、同じ規模の建物でも都心に比べ安価となるケースが多いです。

    ですから、お住まいが都心で解体現場が地方だった場合は、住んでいる地域の相場を参考にしては意味がありません。
    むしろ、「解体工事は坪○万円と聞いたことがあるから、実家の解体が○○万円なら安いのだろう」と、住まい周辺の情報を基準にしてしまうと、大きな損をしてしまう可能性があります。安いと思っていた解体費用は、地元の相場と比較したら高額なのかもしれません。

    工事金額の相場
     
    地域別の解体工事費用の目安を知りたい場合は、サイト内の「全国の地域別費用の目安」をご覧ください。もし、遠方の解体費用相場を正確に知りたい場合は、このまま下記を読み進めてください。
    >>全国の地域別の解体費用の目安はこちら

    それでは、どのようにして遠方の解体費用相場を知ればいいのか?

    解体費用の相場を知る方法は非常に単純です。そもそも相場とは、全てを並べてみた時の平均値ということです。ですから、複数の、極端に言ってしまえば地元の全解体業者から見積もりを取れば正確な相場が見えてきます。

    しかし、全解体業者に声をかけると言うのは非現実的な話です。そもそも全ての解体業者を調べ出す事も、全業者にアプローチするのにも相当な手間がかかるからです。
    ですから、少なくても現地周辺の3社から見積書を取得しましょう。2社では高いか安いかの判断しかできず、平均値が見えてこないからです。解体現場周辺の3社の解体工事専門業者に見積もりをとれば、相場は見えてきます。

    見積りを取得する際の注意点としては、不動産会社のように仲介業を専門とする会社に依頼するのは控えた方がいいでしょう。多くの場合、中間マージンが発生し実際の工事金額よりも高額になるからです。

    2. 遠方解体での正確な見積もりの取り方

    相見積りをする上で重要な事は、正確かつ同条件の見積りを取得するということです。
    安価な解体業者に依頼しても、後々に追加工事が発生して最終的に高額になっては意味がありません。

    正確でかつ同条件で、複数の解体業者に見積りしてもらう確実な方法は、全業者の現地調査に立ち会うことです。解体現場が遠方の場合、現地状況を解体業者に正確に伝えるのは困難です。まず、ご自身が現場の状況と工事内容を把握することが大切です。

    解体業者に「とにかく全部撤去してくれればいい」と伝えても、解体業者は撤去した物を元に戻すことができませんので、解体業者はトラブルを回避するために、実際に何を撤去するのかを一緒に確認したいのです。また、お客様が解体業者に対して不安を持つように、解体業者もお客様に対して不安を持っています。

    お客様と一度も顔を合わせていないと、「依頼された建物を解体したけど、工事代金を支払ってもらえなかったらどうしよう・・・」と、考えてしまいます。
    「見積金額を高めにして、それでも依頼してくれたら受注してもいいかな」と考えたり、「そもそも見積りを断ってしまおう」という事も考えられます。

    しかし、現地が遠方となると「現地調査に立ち会うのは費用もかかるし面倒だなぁ・・・」と、お考えになられる方も多いかと思います。
    ですが、実は現地調査に立ち会うことで得られるメリットもあります。

    ひとつは、立ち会った際に屋内に残っている撤去したい物(残置物といいます)を確認することができ、解体工事で発生する全ての費用を知る事ができます。
    現地調査に立ち会うことで、後から追加費用が発生することがなくなります。

    ふたつ目は、解体工事費用が安価になる可能性があるということです。

    屋内を確認することで、解体業者は間仕切りの量や内壁の素材など、建物の構造を詳しく知ることができます。解体作業の難易度や廃材の量を正確に把握することで、より切り詰めて安価な見積りを提案することができるようになります。

    これらのメリットを考えると、交通費と手間を考えても、現地調査へ立ち会ったほうが結果的にお得になるケースは多いはずです。

    どうしても立ち会いが難しい場合

    また、もしどうしても立ち会いが難しい場合は、業者に現地調査を丸投げするのではなく、以下のような方法をとることで、少しでも正確でお得な見積を取得することが可能です。

  • 解体現場の近くにいる家族や親戚に立ち会いを代行してもらう
  • 解体現場の細かい写真や、案内図を用意して解体業者に提出する
  • 解体業者が現地を確認している際に、電話で工事範囲等を案内する
  • 現地調査に立ち会わずに失敗した事例(※当サイト登録業者の事例ではありません)

    遠方にある持ち家の解体を依頼したところ、別の建物を解体してしまったという、耳を疑うような事例です。依頼したお客様も代金は払えませんし、解体業者も解体した住宅を元に戻すことが出来ません。
    解体業者にとっても多大な損害です。極端な例ですが、実際に起こりえるこのような心配ごとを解体業者も抱えています。

    しかし、反対に現地調査に立ち会えば、解体業者はこのようにも考えます。
    「お客様がお金と時間をかけて現地調査に立ち会ってくれた。これは、解体する意欲のあるお客様だな」
    解体業者も人ですから、お客様の好意には好意で応えてくれます。わざわざ足を運んでくれたから、安くしてあげたいという解体業者も多くいます。

    3. 契約前に必ず確認しておきたいこと

    正確な相見積もりをして、安心して依頼できそうな安価な解体業者が見つかったとします。
    解体工事の契約をする前に、必ず解体業者と下記について確認しましょう。

  • 工事内容
  • 工事金額
  • 追加費用が発生するのはどのような場合か
  • また、追加費用については、もし解体業者から「追加費用はどのような場合でも一切ありません」と言われたら、このように聞き返してください。
    「地中から何か出てきたらどうなりますか?」
    それでも、解体業者の口から「追加は一切ない」という一言しかない場合は要注意です。

    本来、工事開始後に地中から以前の建物の廃材が出土した場合には、事前に見積もることができないため追加費用となります。
    このような説明もなく、根拠もなしに追加費用がないという解体業者は、経験が浅いか、後から追加費用を請求することを前提とした悪徳業者の可能性も考えられます。
    もし、本当に追加費用を一切とらないということであれば、契約書に文言を追加して書面に残しておきましょう。

    遠方で現地調査に立ち会わなかった場合でも、トラブル回避のため、正式に依頼する解体業者とは現地にて双方で必ず確認をしてください。

    解体工事と一緒に片付けたい残置物とお墓について

    家屋を解体するということは、現地での生活を清算するということでもあります。
    そして、生活を清算するにあたって片付けなければならないのは、屋内だけではなく生活を形成していた近隣にも及びます。
    解体工事と一緒に片付けておくべきことについて知っておきましょう。

    不要品の処分
     
     
    賢い屋内の整理術

    遠方の建物を解体する場合に困るのが屋内の片付けです。
    屋内を整理するためとはいえ、離れた場所となると長期間滞在することは難しくなります。また、屋内にどんな物が残っているか分からないケースも多いようです。
    そんな場合、残っている物の整理をせず全て処分してしまう施主様もいます。実は、残っている物を確認せずに処分してしまうのは、大変“もったいない”ことをしています。

    近年では、リサイクル業者やリユース業者といった屋内に残っている物を買い取ってくれる業者や、遺品整理業者という屋内の整理をお手伝いしてくれる専門業者がいます。
    後で後悔しないためにも、屋内に残っている物はお金に変えられる物がないか、買い取り業者に査定してもらいましょう。多くの買い取り業者が無料で訪問査定、買い取りをしています。

    また、屋内の不要品処分を業者に依頼する場合には、必ず、事前に個人情報や貴重品が屋内に残っていないかチェックしましょう。処分場に持ち込まれた物は2度と戻ってきません。
    当サイトでは、古物商の許可※を取得している不要品買取の専門業者のご紹介も可能です。屋内に不要品(残置物)が残っている場合はご相談ください。

    ※古物商とは・・・
    使用済みの物品や、新品でも一度取引された物品を古物といいます。
    古物の売買を行うためには、警視庁に届け出て許可を取得しなければなりません。

     
    忘れがちな墓終い(はかじまい)

    墓終いとは、お墓の解体・撤去をすることです。遠方にある建物が実家という方は特に考えなければなりません。建物を解体したら建物を管理する必要もなくなり、足を運ぶ機会がなくなります。
    もし、解体するお家の近くにご先祖のお墓がある場合は、元のお墓を撤去して、お住まいの近くに移転する手続きを行いましょう。

    お墓を撤去・移転するためには、まずお墓の「魂抜き」をして、墓石を“石”にする法要を執り行います。その後、移転する場合は、移転先のお寺や霊園等を決めておき、お墓のあったお寺等に移転の旨を伝えます。そして、市区町村役所で「改葬手続き」を行い、新しいお墓のお寺等に改葬手続きの書類を提出して移転します。

    お世話になった近隣住人へのご挨拶

    解体する建物が実家であれば、住んでいた頃には何かしらのご縁があったと思います。もし、貸家にしていた場合でも、借り主が住まわれていたはずです。
    解体工事の際には、騒音やホコリ、交通の面でもご迷惑をかけてしまうことにもなります。
    「飛ぶ鳥跡を濁さず」
    最後は、近隣の方と気持ちよくお別れできるように、ご挨拶されるのが良いかと思います。

    近隣の方へのご挨拶方法について詳しく知りたい場合は、当サイトにお電話ください。もし、挨拶状などが必要な場合は、問い合わせフォームより資料請求ください。近隣の方へのご挨拶の回り方などをまとめた資料をお送りいたします。

    遠方の建物の解体工事について分からないことがありましたら、お気軽に解体無料見積ガイドにお問い合わせください。また、当サイトには審査基準をクリアした解体業者が全国に600以上登録しております。お住まいと解体現場が離れていてもお見積りが可能です。

    解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
    詳しくはこちらをクリック
    読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

    運営会社

    社団法人あんしん解体業者認定協会
    東京都渋谷区神宮前4-3-15
    スタッフ
    お問い合わせ先