1. トップページ >
  2. お客様インタビュー 東京都 日暮正則様ご夫婦
  • お客様インタビュー

お客様インタビュー 東京都 日暮正則様ご夫婦

東京都足立区でお家の建替えをされた日暮正則様

業者に交渉して欲しくて見積もりガイドさんに連絡したら、すぐに対応してくれて。予定にも間に合ってほっとしました。

60年近くお住まいになられたお家を、ハウスメーカーで建て替えられた日暮様ご夫婦。新しくなったお家のおしゃれなパティオ(中庭)がお気に入りでした。
日暮様は、解体工事意外にもエクステリア工事(外構工事)を分離発注して新築費用が80万ほども安くなり、エクテリアの仕上がりにも大変満足されていました。

今後のことも考えて“ご近所にも迷惑をかけたくない”と思っていた。

―お問い合わせのきっかけを教えてください。

正則様:

えぇっとね、確か5月だったから7ヶ月前くらいかな。ハウスメーカーさんから紹介された解体屋さんが、お隣りとの境界部分の塀を取り壊すことに関して、「とにかく工事が終わってしまった後であれば何とでもなるから」と、調子の良いことを言われていたんですが、我々としてはお隣とは長いお付き合いですし、今後のことも考えて“ご近所に迷惑をかけたくない”と思っていたので・・・。

で、値段もちょっと高かったんで「何とかもう少し抑えられないかな?」って言ったら、エイヤーという感じで「じゃ」って言って金額を下げてこられたんですね。(笑)

―そのエイヤーっていうのはどういった金額だったんですか?

正則様:

170万のところをね、この部分がこうだから、こうして150万でやります。ではなくて、「じゃぁ、そんなに言うなら150万でいきますか」と、そう言う話しだったんですよね。正直心配になりますよね。そこでインターネットで情報収集をしていて見積ガイドさんを見つけたんですね。見積ガイドさん以外にも色んなサイトなどもあったんですけど、見ていく中で「どうも見積ガイドさんはちゃんとしてるな」って言う感じを受けたんでお電話したんですよ。

社長の誠実な人柄に「この人なら大丈夫だろう」と、そう思ってお願いした。

―お問い合わせするにあたって不安はなかったですか?

正則様:

こういった会社があることも知らないし、仕組みがどうなってるかもわかんないから、その時はやっぱり半信半疑だったね。だから、電話して最初にどういうふうにスタッフさんの給料を出したり運営をしているのか聞いたんですよ。

そうしたら、担当の小元さんから説明をもらって「なるほど、そういう仕組みなのか」と思って、工事までまだ少し時間があったから、何者か見積もりしてくれると言うことなんで、まあ、とりあえずやってみようと思って依頼してみたんですよ。 (笑)

もし駄目だったらまた他に考えようかと思ってたんですよ。

―サービスを利用してみてどうでしたか?

お客様インタビュー
正則様:

こういう解体のお仕事をされている方は、土建と同じでなんというか、いかつそうなイメージだったんですよ。でも、紹介された3社は社長さん自らが来られて、非常に物腰柔らかで丁寧な対応でした。私の解体業者さんのイメージがコロッと変わっちゃいました。で、3社の見積もりを出していただいた中で一番安かった紹介業者さんに依頼することにしたんですが、「何で、安いの」って聞いたんですよ。

そうしたら事務所が都内から外れた場所にあるから土地代も安くて都内の業者よりもコストを抑えられることや、工事を効率化することでかかる人件費が抑えられるなどしっかり説明してくれました。「この値段でいいの?」って聞いたら「かなり工夫してやってるんで、私どもはこれでできます」と言うんで決めたんですよ。社長が非常に誠実な方で押し付けがましいところもなく信頼できたので。

―解体業者の決めては?

正則様:

値段が20万ほど安いのも1つの理由なんだけど、社長の人柄っていうのかな「この人なら大丈夫だろう」と、そう思ってお願いしたんですよ。

でも、紹介された他の業者さんの見積もりもね、大雑把じゃなくて項目ごと「これがいくら」「これがいくら」っていう、きっちりした見積書を出していただきましたね。社長さんの皆さん、非常に人あたりが柔らかいし、そういう面でいえば駄目だってことじゃなくて、やっぱり最終的には値段で決めたんですね。

―安い解体業者を探す時は現場との距離だけでは簡単に見つからないんです。どこに頼んでいいのかわからなくて、やっぱり「電話するのも不安だ」って言う方も多いですしね。

正則様:

なるほど。そのバランスの見極めって言うのが凄く大変で難しいんだね。

奥様:

住所もわかっちゃうしね。見積もりの後上手く話しが進めばいいけど、何か「断れなくなるんじゃないかな」って怖いですよね。

正則様:

僕は意外と駄目なものは駄目ってはっきり言えるんですけどね。(笑い)

奥様:

必ずどこかには断らなければならないんだけど、断り方もやっぱり後くされがないようにね。やっぱり、言葉は悪いけど逆恨みされちゃったら嫌だし・・・だから、見積もりを色々なところから取ると断る方が大変だから、そんなにいらないって言うんだけど、主人はそう言うタイプじゃないんですよ。何事にも資料を集めて吟味する、石橋を叩いて渡るタイプ。私は直感タイプなんで主人には本当に感謝してます。(笑い)

―バランスが取れたご夫婦仲ですね。

奥様:

でもやっぱり大根買うわけじゃないから、これから一生住む家だからしっかり吟味して本当に良かったと思ってます。

お客様インタビュー
正則様:

賃貸のマンションであれば、近隣との仲がこじれても引っ越ししてしまうこともできるけども、60年くらいの付き合いをずっとしてるわけですから、絶対にトラブルを起こしたくなかったんですよ。

―紹介業者の解体工事はスムーズでしたか?

奥様:

お隣りとの関係も社長さんはよく分かってくださって、解体工事中も相当気を使ってもらってね。

正則様:

境界部分にあった大きな八重桜の撤去に関しても、お隣りの敷地に根が入り込んでいた場合は、無理な撤去をしたら塀が傾むく可能性があるなど教えてくれて。こういう時の手はずも全部教えてくれました。

外構工事(エクステリア工事)が質を落とさず160万くらいから100万に格安になった。

―解体工事が終わった後もスムーズでしたか?

正則様:

いつ電話してもスタッフ皆さんの対応が凄くしっかりしてるんだよ。いい加減なところがないんだよね。我々の立場になってきちんと考えてくれてるんだよね。

だから今回の外構工事(エクステリア工事)のことも「合わせてできますよ」って、教えてもらったんで頼んだっていう経過もあるよね。

※当サイトでは、お客様から「外構工事についてもいい業者があったら紹介してほしい」というご要望をいただくことがありましたため、ご希望の方には、外構工事についても弊社で審査のうえ信頼のおける業者をご紹介しています。もちろん、ご希望の無い方にこちらから無理に押し売りすることは一切ありません。

―ご新築の方も悩まれる部分は人それぞれですから、「何かお手伝いできませんか?」とお声がけしているんです。たくさんの方が営業担当さんの言いなりで損している部分ってありますからね。

正則様:

そうだよね。インターネットで他にも似たサービスがあるじゃないですか。そこも色々やったけど、やっぱ見積ガイドさんが一番信頼できるところだったんですよ。改築とか新築を考えている人以外は、まだまだ皆さん方の仕事を知らない人が多いでしょうね。私のハウスメーカーの担当者がね、「解体工事を安くできるところあるんですね。教えてください!」って言うんで、御社を紹介しておきましたよ。

奥様:

そっちから依頼があるかもしれない。

―ありがとうございます。

正則様:

やっぱり、ハウスメーカーさんも長年の付き合いの業者を使うんでしょうね。そうすると馴れ合いになることもあったり、どっかで結構なマージンが発生してしまうんでしょうね。

―マージンも管理費相応の金額であれば間違っているとは思わないですけどね。

正則様:

その、私を担当してくれた人も「どうしても自社での解体は高くなるし、ご自身で解体業者を探した方がいいですよ」って言ってくれまして、外構工事(エクステリア工事)の時も、ハウスメーカーさんが提案してくれた図面を参考にしていいですからと言ってくれましたよ。

―当サイトの外構工事(エクステリア工事)のサービスはいかがでしたか?

正則様:

外構工事(エクステリア)はね、とにかく値段が格安。

お客様インタビュー

―分離発注したことでどのくらい安くなったんですか?

正則様:

ハウスメーカーの方が初め150~160万くらいだったから、それが100万になったんで60万くらい違うもんね。これは大きいよね。で、使ってる材料なんかはほぼ同じ物を使ってるんですよ。

業者さんが「絶対お客さんのためになる」そう思ってくれているのを感じることができた。

―駐車場のポールは価格の兼ね合いで迷われてましたが、どんな仕様にされたんですか?

正則様:

埋め込みにしました。野中さん(紹介外構業者の営業担当者)はデザインが凄くいいし、きちんと理論的に話してくれるんです。設計に自信を持たれているんだけど、我々の言うこともちゃんと聞いてくれるんですよ。
我が家は郵便受けが外壁についているので、新聞屋さんがきた時に駐車場内に入る必要があるんですけど、もともとのポールの位置では新聞屋さんが入ってこられない事にきづいてポール位置について悩んでたんですね。
「弱ったね」なんて言っている時、僕が「じゃあインターロッキングの内側に置いたらどうだろう?」って言ったら、野中さんが「それ凄くいい、それがいいですよ」って賛成してくれて決まったんですよ。

プロの人からそう言うふうに「凄いいいアイディアですよ」なんて褒められたら嬉しくなっちゃいますよね(笑)

―そうですよね。職人は自分の提案には誰よりもこだわり持ってますからね。

正則様:

デザインなんかもね、表札のところがちょっと白みがかかっているじゃないですか。僕はカタログで見たもうちょっと薄茶色の方がいいと思って、すぐにブロックの見本を「送れる?」って言ったら、もう次の日ですよ!サンプルが家に届いたのが!

―対応が早かったですね。

正則様:

ハウスメーカーさんの方は言ってもいつ届くかわからないし、1週間くらい経って「じゃぁ来週行きますね」といった感じで・・・とにかくね、野中さん(紹介した外構業者の営業担当者)はフットワークが良くてね、私達が要求したことをスピーディにやってくれるんですよね。だから、非常に信頼感も出てくるし、こっちも決めるのに時間かからなかったですね。
それに「これは絶対お客さんのためになる」と思ってやってるって言うのが感じられたよね。

―分離発注は価格だけではなく、要望が的確に早く伝わることもメリットなんですね。

正則様:

やっぱ会社の姿勢って言うのかな。外構業者さん(紹介した外構業者)は初日に佐藤社長がわざわざ見えて、この方も非常にソフトな方なんですよね。工事の人もね、ほんとに柔らかな人でね。

奥様:

良かったよね。
ご近所への挨拶も、私達が気を使う面もあるということで同行してくださって。だから近隣関係とってもスムーズにいきましたね。解体業者さんも、自らご挨拶行ってくださって。どちらも快くやってくださったので感謝してます。

―ありがとうございます。今後も自信を持って登録業者さんご紹介できそうです。

奥様:

そうですね。やっぱり最後の判断は人間性ですね。

外構(エクステリア)の仕上がりが、本当にイメージ通りで建てて良かった

正則様:

見積書もきちんと細かくやってくれて、イメージ図も丁寧に作ってくれましたね。本当によくやっていただいたんでね・・・これ(3Dのデザインパース)を作ってくれてね。我々は、仕上がりがどうなるかって分からないじゃないですか。ホームセンターみたいなところは手書きか何かで書いてくるとこもあるんですよ。

奥様:

あったね。

正則様:

でも、実際は完成するまでわからないじゃないですか。ところが、できたら全く同じで。

奥様:

同じですね。本当にこのイメージ通りですよね。ほんとに。凄く嬉しいですよね。イメージが自分達の中でどんどん膨らんで行くから、予想と違ってがっくりくる事もある程度は覚悟してたんですよ。だけど「あぁ、ほんとに建てて良かったね」って。

正則様:

いずれにしても、解体にしても外構にしても大満足ですよ。
何か私達のことばっかりしゃべっちゃってますね・・・

奥様:

普段は私だけがしゃべってるんですけどね。今日は、珍しく普段喋らないタイプの主人が・・・

―え、そうなんですか!?

一同:

(笑顔)

―解体工事だけでなく、素敵なエクステリア(外構)のご提供にお手伝いできたこと、またご満足いただけたことがとても嬉しいです。お気に入りのパティオ(中庭)に置く予定のテーブル、届くのが待ちどうしいいですね。

本日は貴重なお話しをありがとうございました。

まずは無料でお見積りをご依頼ください。
解体工事に関するご質問やご相談も、24時間年中無休で受付ています。
どうぞお気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック
読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都渋谷区神宮前4-3-15
スタッフ
お問い合わせ先