1. トップページ >
  2. お客様インタビュー 宮城県仙台市 森様

お客様インタビュー 宮城県仙台市 森様

宮城県仙台市にお住まいの森様は、東京都大田区にある築50年の思い出が詰まったご実家を建て替えるために解体工事をされました。ご実家にお住まいのご兄弟は、朝早くから夜遅くまでお仕事で忙しいこともあり、お家の建て替え経験がある森様が主導で解体工事を進められました。
ハウスメーカーの担当者様から、解体工事は分離発注したほうがコストを抑えられると案内をされ解体無料見積ガイドをご利用くださいました。

1日に3社が来てくれて、忙しい弟はかなり助かったと思います。

-どのような経緯でお問い合せいただいたのでしょうか?

森様:
昨年の11月くらいですかね。兄弟の間で、来年中には実家を建て替えようという話がでていました。それから年が明けて、まずは新しいお家の設計をどこに頼もうか、私が住んでいる宮城県のほうで、あまり高くない予算でやってくれるTホームと、A設計と3社ほどに見積もりをお願いしました。

お姉様と弟は朝早くから夜遅くまで働き詰めで、パソコンで調べたり取引先と電話でやり取りするといった事は私が得意だったので、私が窓口になって建て替えの話を進めることにしました。

お客様インタビュー

Tホームさんは解体工事や地鎮祭といったことが全部入った予算を提示してくれたんですが、私たちの予算2000万円を下回ることが出来なかったんですね。
代わってA設計さんは、地鎮祭や解体工事の費用は含まれていなかったんですが、1700万円程と、予算内だったのでA設計さんで進めることにしました。

ただ、宮城から東京では遠方になるので、解体業者さんの紹介をしてくれないかA設計さんに相談してみたんですね。そうしましたら、A設計の早坂さん(担当者)から「付き合いのある解体業者だと、どうしてもA設計の管理費という形で費用がかかるから、なるべくならご自身で探してもらうと費用が抑えられます」とアドバイスをいただきました。

予算のこともあって、建築の部分だけをA設計さんにお願いすることにしました。弟にもこの話をしたら、「それで良い」と言ってくれたんですが、そうなると次は、解体工事と地鎮祭の段取りをしないと始まらないということで、これは困ったと思ってパソコンで調べ始めました。
それで、一番初めに出てきたのが御社のホームページだったんですね。

-ホームページの印象はいかがでしたか?

森様:
見た時に「何これ!?今はこういった便利なものが何でもあるんだな」と思って(笑)。
他も少し見ましたけど、御社では解体業者さんを何社か紹介してくれてるって書いてあるから申し込んでみました。
そうしたら、すぐに青木さん(見積ガイド)が電話くれて、凄く早かったですね。「専属の担当つけて、まずは、現地の状況を拝見させに伺わせます」って。その時は本当に便利だなと思いました。

現地調査は、私がすぐに行けなかったから、弟が立ち会ってもらいました。後で弟に現地調査の様子を聞いたら「さわやかな若い男性が来たよ」って、1日に3社がポンポンポンと来てくれて、弟みたいに忙しい人は、かなり助かったと思いますよ。

追加でお願いした工事も、追加料金なしでサービスでやってくれました。

-ご紹介させていただいた解体業者はいかがでしたか?

森様:
お客様インタビュー

3社紹介してもらいましたが、各社の金額が150万から300万と全然違って驚きましたね。今回お願いした解体業者さんが一番安かったんですが、対応も凄く良かったですよ。
結果的には値段で選んだことになりますけど、安いだけでなくて担当の稲本さんが実直な方だったのでお願いすることにしました。

森様:
(お姉様)
やっぱり営業の方の人格って大事ですよね。
私たちとしては、ただ現地を見に来るだけじゃなくて、有益な情報を教えてくれるとありがたいですし、あとはやっぱり誠実な方から誠心誠意ご対応いただきたいですから、人柄は大事ですよね。
森様:
今回は、良い解体業者さんを紹介されて本当に救われました。

-ありがとうございます。仕事ぶりはいかがでしたか?

森様:
お姉様と弟が凄く褒めていましたよ。
稲本さん(解体業者の担当者)は、工事を人任せにせず自分も現場に出られるじゃないですか。
工事の終わり頃、建物の下からガレキがいっぱい出てきてしまって、現場の稲本さんから連絡をいただいていたんですね。私が「ガレキがどのくらい出てきたの?」って聞いたら、2トン車1台分って言われて、私は10万円ぐらい増えてもしょうがないのかなぁって考えてたんです。

実は私、現場に一度行ったんですが、その時に洗濯機が残っていることに気付いて、その処分も追加でお願いしてたんですね。今、家電もリサイクル料がかかるものもあるから、追加でお金かかるんだろうなって少し不安に思ってたんです。
でも、私たちは当たりでしたね。
追加の料金は一切なしで、本当にサービスでやってくれました。だから、お姉様も弟も「いい人に巡り会って凄く良かった」って言ってましたよ。

解体式をやって、みんなで納得してお家に「さよなら」と「お礼」を言えました。

-今回、私共のサービスを利用されていかがでしたか?

森様:
お客様インタビュー

あれが良かったですよ。解体式。

森様:
(お姉様)
よかった。家族皆で壁にお絵かきして、あれ良かったですね。
森様:
私は絵が上手じゃないけども、メッセージを家具や壁に思いっきり書いて。
楽しかったですね。無心で書いていて、童心にかえったというんですかね。
森様:
(お姉様)
楽しかったね。みんなそれぞれ自分の視点で書いてるのがまた良かったですね。

 

-キャラクターも書かれてましたね(笑)

森様:
(お姉様)
あれを書いてる時は子どもの頃に戻ってましたね。(笑)

 

森様:
お客様インタビュー

本当にやって良かったなと思いました。私、解体式って初めて聞いたのでA設計さんに話してみたら、「聞いたことないですね。どんなことしたんですか!?」ってすごい興味深く聞かれましたよ。早坂さんには「みんなで壁に落書きしたり、それを写真撮ってもらって、お清めの塩をまいたり、そういうのしたんですよ」って話したら「すごいですね。時代は変わりましたね」って、まだまだ解体式を知らない人多いですよ。

森様:
(お姉様)
解体式を知らなかったら、きっと解体前にお家で食事して写真を撮るぐらいだったと思います。兄弟がみんな一緒に住んでいるわけではないから、こういうイベントがなかったら全員は集まってなかったかもしれないです。

-喜んでもらえて良かったです。

森様:
あの解体式やってもらって良かったです。

 

森様:
(お姉様)
解体したらできないですし、お金じゃ買えないいい経験でした。最後にお家とみんなの気持ちが一緒になって、解体式をしていなかったら心残りができて寂しかったかもしれません。お家に一同が介して、子供の頃の記憶にかえってお家に感謝できたのは本当に良かったです。
だから、こういった解体式があるっていうのは、どんどんピーアールしたほうが良いですよ。
森様:
お客様インタビュー

今回、建築会社に解体も一緒に頼んでいたら、だから多分、御社とは知り合わなかったですよね。そうしたら解体式もやっていなかったなと思うと、これもご縁ですよね。
不思議と、家がなくなってから写真を見ると「こんな家だったんだなぁ」思うんですよ(笑)。更地を見ると、もう次の新しいほうの家のイメージができちゃっていて・・・

森様:
(お姉様)
解体式をやって、みんなで納得してお家にさよならとお礼を言えました。

 

森様:
提案してくれて、本当にありがとうございます。

 

森様:
(お姉様)
ダメもとでも皆さんに提案はしたほうがいいですよ。長年住んでいた家なら、結局は後でやって良かったという人が大半だと思いますから。

 

-解体式のピーアール頑張ります。(笑)
 最後に、解体を終えた今の心境をお聞かせください。

森様:
今やっと一段落したので、新しいお家が出来上がるまではお休みです。何だかんだで毎月、仙台と東京を往復してきましたからね。
森様:
(お姉様)
すごい回数だったよね。

 

森様:
私、ピアノ習ってるんですけど、もうそれどころじゃないっていうことでちょっと休んでいて、その月謝が5.000円なんで、それを新幹線代に充てていたの(笑)

-またピアノを再開できますね。

森様:
ええ。寂しい部分はありますけどね。今は本当にご苦労様って感じです。
森様:
(お姉様)
ご苦労様って感じだよね。

 

-本当にお疲れ様です。新しいお家が建つのが楽しみですね。

―後日談
 森様は、マヤ鑑定という人の本質を見るお仕事をされています。
 ご相談者がご自身のことを知り、今後の人生をより豊かにするためのお手伝いをしていま
 す。某プロ野球選手も見られているそうです。
 この度お礼ということで、見積ガイドでも深くかかわった2名を見て頂きました。スタッ
 フから見事に当たっていると話題となりました。今後の糧にさせていただきます。
 ありがとうございました。
 新居のお写真お待ちしております。

まずは無料でお見積りをご依頼ください。
解体工事に関するご質問やご相談も、24時間年中無休で受付ています。
どうぞお気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック
読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都渋谷区神宮前4-3-15
スタッフ
お問い合わせ先