1. トップページ >
  2. 賃貸物件の解体工事でトラブルを抱えている方

賃貸物件の解体工事でトラブルを抱えている方

建物を解体したくても、貸主様と借主様との間のトラブルが原因でなかなか解体工事に踏み切れないこともあります。
しかし、“どういった機関に相談していいか分からない”といって、いつまでも事態を放置してはおけません。特にアパートを経営をされていてお部屋をお貸ししているオーナー様に関しては、家賃の長期滞納には注意が必要です。

なぜなら、長期滞納者からの家賃回収率は5%以下とも言われているからです。
ここでは、よくある賃貸トラブルの例とその対処方法を図を用いてご紹介します。

弁護士に法律相談するとなると「高額な費用がかかる」「敷居が高い」そんなイメージをもたれる方も多いと思いますが、解体無料見積ガイドでは解体工事に関わる法律相談を受け付ける弁護士のご紹介も可能です。
その際は、弁護士資格を持った者が対応させていただきますので、安心してお問い合わせください。

自力救済(法の定める手段を用いずに問題を解決すること)は原則として法律で禁止されています。

自力救済(じりききゅうさい)とは、法の定める手段を用いずに問題を解決することです。禁止される理由は、実力で行使することを許してしまうと社会秩序が保たれないからです。

また、たとえ賃貸借契約書に自力救済行為ができる条項があったとしても、公序良俗違反(こうじょりょうぞくいはん)として無効となる場合もあります。
さらに、自力救済をすると民事の損害賠償を命じられたり、刑事の犯罪で処罰される可能性すらあります。トラブルの際は、まずは法律の専門家に相談することをお勧めします。

解決まで順調にいった場合の流れ(家賃滞納を理由とする明渡訴訟の場合)

解体工事では、借主の立ち退き問題以外にも、借主が起こした火災や、隣人との境界トラブルなど様々なトラブルが起こりえます。

トラブルを自力で行使した場合には、不利な立場に立たされることもありますので、まずは法律の専門家に相談することをお勧めします。

弁護士に法律相談するとなると「高額な費用がかかる」「敷居が高い」そんなイメージをもたれる方も多いと思いますが、解体無料見積ガイドでは解体工事に関わる法律相談を受け付ける弁護士のご紹介も可能です。
その際は、弁護士資格を持った者が対応させていただきますので、安心してお問い合わせください。

まずは無料でお見積りをご依頼ください。
解体工事に関するご質問やご相談も、24時間年中無休で受付ています。
どうぞお気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。


読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都渋谷区神宮前4-3-15
スタッフ
お問い合わせ先