悪徳業者,解体,工事

比べて安心最安値解体無料見積ガイド
  1. スタッフブログトップページ >
  2. お客様から頂いたお悩みの声~悪徳業者について~

お客様から頂いたお悩みの声~悪徳業者について~

3月11日
こんにちは!
解体業者振興センターの發知(ほっち)と申します。

今日は最近ニュースでも流れております、東日本大震災の日です。
あの時から4年が経ちました。
本日14時46分18秒にスタッフ一同で黙祷を行いました。
お亡くなりになられた方にご冥福を心よりお祈り申し上げます。

当時は、私はまだ違う業界で働いており震災時期は自宅待機の日々が続き、その当時のニュースで震災という事を使って無許可で解体工事をしたり、解体について素人の集団が高金額で解体工事を行っていたりと悪徳業者問題がニュースでも取り上げられていたのを覚えています。

今回は今でもまだ存在する悪徳業者でご相談があったお客様のお声をご紹介しようと思います。

当スタッフから聞いた話です。
解体工事のお見積金額が480万円になり、先に着手金として150万円業者に支払ったそうです。工事着工前にお客様は必ずこの日にまでは工事完工して下さいと伝え業者にも了解も得ていました。
話していた工事完工日に現場確認をしに向かったら、まだ工事を行っている状態だったということです。
慌てて業者に話しを聞いたら、「工事最中に見積書のミスが発覚し追加料金が発生します」という事と、あとどの位支払えますか?という事を言われたそうです。
お客様は「工事前に480万円という話しでしたが500万円までなら払えます」とお話ししたところ
『じゃあ、500万円分までしか工事しません。』という事を言われたそうです。

実は、ご相談したお客様はご事情により裁判で決められた日程までには更地の状態で立ち退かないといけないご条件がありました。
今回依頼した解体業者にもその旨を伝えてしまい、お客様の足元を見て追加料金の請求をしているとしか考えられないという内容でした。

建築会社にも相談の電話を入れましたが、決められた面積以上のものしか苦情を受け付けていないと言われ対応をしてもらえなく、誰に相談すればいいのか分からず当サイトにご相談を頂きました。
当サイトで登録している解体業者様に相談したところ、現状の確認と対策について迅速にご回答をいただくことができ、最善の対策をお客様に提案する事が出来ました。
現在、弁護士や労働基準監督署に確認をし、ご対応して頂いているとの事です。

今回は当サイトにお電話をいただくことが出来たのでご対処が出来ましたが、現実問題これはほんの一例だと思います。

解体業界はご依頼されたお客様からもお聞きしますが、『怖い』『危ない業界』という悪いイメージが強い業界でもあります。
ですが、以前もこちらでお話したことがあると思いますが、あくまで『怖い』『危ない業界』というイメージを与えているのはごく一部の解体業者だけなのです。

当サイトは解体業界をクリーンなイメージにしていこうという強い気持ちを持ってお仕事をさせて頂いています。

もし、上記のように解体についてお悩みが御座いましたらご連絡下さい。
当サイトスタッフ一同、心よりご対応させて頂きたいと思います。


解体無料見積ガイド公式サイトはこちら


この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。