解体工事の基礎知識

解体工事について
様々な基礎知識をご紹介します

解体工事の挨拶状の書き方と実例

解体工事の挨拶状を書こうとして戸惑ってしまう方も多いようと思います。
建物の解体工事は人生ではそう多く経験するものではないので、戸惑ってしまうのは当然でしょう。

解体工事での近隣の方とのトラブルは避けたいものです。
ご近所との関係を円滑にしておくためにも、解体工事の際の正しい振る舞い方、挨拶状の書き方を紹介します。

挨拶状を出すよりも先に直接の挨拶を!

解体工事を行う際は当然、騒音や振動、トラックの出入り、そして砂ぼこりの飛散などにより多かれ少なかれ近隣の方に迷惑をかけてしまいます。

また、解体工事の期間が長くなってしまった場合には、近隣の方が感じるストレスの度合いも大きくなりがちです。解体工事だけを行うだけでなく、解体工事後もその土地で新築物件に住み続ける時などは、近隣への挨拶はさらに重要になってきます。

近隣住民との良好な関係を保っていくために大事なことは、解体工事業者にしっかりと施主であるあなたの気持ちを伝えることです。また、同時にまずは近隣の方へご挨拶に行きましょう。これは挨拶状を出すよりも先にやったほうがいいと思います。先ずは解体工事前に直接訪問をしてください。そこで、しばらくの間迷惑をかけてしまう旨を謝罪し、協力してもりたいということをしっかりと伝えましょう。

優良な解体業者であれば、あなたと一緒に近隣の方々に挨拶に回ってくれることもあります。直接伺って不在だった場合もあるでしょう。その時に使えるのが挨拶状です。また、直接挨拶の上で挨拶状を出すことになっても、丁寧さを重ねたことになるので問題ないと思います。

解体工事における挨拶状の実例

下記に解体工事における挨拶状の文例をご紹介します。

ご挨拶
平成○○年○○月○○日
書面にて失礼致します。この度、近隣にて○○解体工事を行う事になりました施主の○○と申します。解体工事期間中は騒音や振動等で皆様には多大なご迷惑をおかけするかと存じますが、工事期間中は安全、騒音等に万全の注意を払いますので、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
解体工事場所:○○市○○町○○番地
解体工事期間:平成○○年○○月○○日~平成○○年○○月○○日
施主:○○○○

施工業者:○○○○
緊急連絡先:○○-○○-○○

以上

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます
受付:8時~20時(日・祝を含む)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック/ 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、まずは一度ご相談ください。

いつでもお電話をお待ちしております!

0120-324-719

受付:8時~20時(日・祝を含む)通話無料/携帯 PHS可

見積依頼・お問い合わせ

24時間以内に返信いたします

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談