失敗しない解体工事

解体工事に関する用語集

解体工事に関する様々な用語について解説をします

人力による手壊し

重機を使わずに人力で建物を解体する工法を指す。手壊し解体ともいう。

重機を用いた解体に比べ、手間と工期がかかることからコストは30~50%程度高くなる傾向がある。

建設リサイクル法の施行以来、重機のみで解体を行うミンチ解体は原則禁止されているため、ほとんどの解体は重機併用手壊し工法が導入されている。

重機や工事車両が入れないような狭い場所では手壊しのみで行われることもあるが、工事が進むことでスペースが生まれれば、後半から重機を導入して解体を行うケースが多い。

手壊しのメリットは、騒音や振動、粉塵の飛散が少ないといったことである。対して手壊しのデメリットは、重機を用いる場合に比べてコスト高になることである。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

その他、気になる用語を調べたい方は50音順からお探しください

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談