失敗しない解体工事

解体工事に関する用語集

解体工事に関する様々な用語について解説をします

解体工事のトラブルに関する基礎知識

苦情と近隣トラブル

解体工事を行う際、いくら注意深く作業を行っても、
振動や騒音、チリやホコリなどを出さないということは不可能です。
近隣住人にしてみれば、近くでガタガタと解体工事が行われるのですから、
とても心配ですし、迷惑なのは当然でしょう。
そして実は解体工事において、この近隣トラブルが非常に多いのです。

解体工事による苦情やトラブルとは?

もちろん、しっかりとした解体業者であれば、事前に近隣への挨拶・説明も行ってくれます。しかし、これだけで安心してはいけません。
発注者自身も、近隣には誠意を持って挨拶しておくことが肝心です。近所づきあいの程度によっても変わってきますが、解体工事で迷惑を掛けそうな範囲には、極力挨拶しておきましょう。中には、家の前を解体工事用の大きなトラックが通ることだけでも、迷惑に思う人もいるのです。

解体工事で起こりやすい近隣トラブルは、騒音や振動などの苦情だけではありません。建物の立地や構造によっては、例えば近隣の建物にヒビ(亀裂)が入ったり、ガラスが割れたりヒビ(亀裂)が入るなどのトラブルもあるのです。
また解体工事では、隣家との境界についてもめることもあります。必要があれば隣家住人にも立ち会ってもらい、解体前にきちんと測量し、納得してもらうことも考えておかなければなりません。

近隣トラブル回避のために

最近ではこうした近隣トラブル回避のため、解体工事の前には家屋調査を行う業者も増えています。
家屋調査とは、解体工事前の近隣家屋の状態を、細かく調査しておくことです。後から「解体工事のせいで建物にヒビが入った」などと苦情を寄せられたときに、証拠として調査結果を提出できますので、解体をめぐる話し合いがこじれることを避けられます。

しかし実際に解体工事が始まると、思った以上に騒音が大きかったり、振動があったりということもあります。例え解体工事前に挨拶をしっかりしていても、近隣住居から苦情が寄せられる場合も少なくありません。
苦情は、現場にいる解体業者さんに寄せられたり、解体工事の依頼者様に寄せられることもあります。どちらにしても解体工事で騒音や振動に関しての苦情が出た場合は、丁寧にお詫びをして、まずは誠意を持って謝ることが何よりも大切です。

解体無料見積ガイドの登録解体業者は、工事前には必ず近隣への丁寧な挨拶を行なった上で工事を開始します。また、万が一トラブルが発生した際も、解体業者が速やかに対処いたしますのでご安心ください。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

その他、気になる用語を調べたい方は50音順からお探しください

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談