失敗しない解体工事

解体工事の基礎知識

解体工事について様々な基礎知識をご紹介します

解体工事の費用・見積りに関する基礎知識

解体工事の残置物、処分費はいくら?

解体工事の残置物(廃棄物)の処分は、解体工事とまとめて解体業者に依頼できます。
しかし、なかには高額になってしまうケースもあります。
解体工事全体の費用を抑えるためにも、残置物は工事前にご自身で処分しておくといいでしょう。
その具体的な方法をご紹介します。

付帯工事が解体工事費用を底上げしている!?

解体工事を依頼する際、本来であれば解体する建物の中は空の状態にして工事を開始するのが理想です。
しかしゴミなどのいわゆる残置物の処理を、解体業者に依頼する方も多くいらっしゃいます。もちろん解体業者のほとんどは、この残置物の処理が可能です。しかしこの処理は、解体工事全体にかかる費用を上げる要因にもなってしまいます。

残置物を処理する場合には、当然別途の費用必要になります。
解体業者もゴミの処理をするには、処分場に持ち込み、お金を払って処理せざるを得ません。解体業者側にも費用がかかるものですから、追加料金なしでサービス・・・という訳にはいかないのも仕方がないことでしょう。その点は、予め認識しておく必要があります。

残置物の処理の費用とその方法

では残置物の処理には、どの程度の費用が必要なるのでしょうか?
これは地域差もありますが、4tのダンプカー1台分で、約8万円程度が相場となっています。「ウチにはそんなにゴミは無い」と思う方もいるでしょうが、例えば、しばらく放置された住居などの場合、4tのダンプカー1台では、足りない程の量が出る場合も少なくないのです。

家具や家電などの大型ゴミがあれば、すぐに容量は膨れあがります。解体費用に残置物の処理費が重なれば、結構な負担額になってしまいますので、安易には考えられないのです。

ここからがポイントです。
一般の家庭ゴミであれば、自治体の無料引き取りに頼めば済むものもあります。また家具・家電などは、粗大ゴミとして一定の料金を支払えば、同じく自治体が回収してくれます。解体業者に依頼をするとかえって高くなることもありますので、まずは自治体に「一般廃棄物の撤去をしたいです」と、相談してみると良いでしょう。それが、解体工事全体にかかる費用を抑えることにも繋がります。

また解体工事を依頼する際は、可能な限り見積りの段階で、残置物の状態・量を現地で解体業者にきちんと確認してもらうようにしましょう。解体する建物だけでなく、その中身にも十分な確認を行い、必要な情報は一度に伝えるようにするのが解体工事の鉄則です。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談