解体工事の基礎知識

解体工事について
様々な基礎知識をご紹介します

解体費用の相場はどのくらい?

解体工事をお考えの方は、解体業者の信頼度とともに、
なんといっても費用がどのくらいかかるのか気になると思います。

建物構造の違いによる解体費用の相場

解体費用を考える際、最初に重要になってくるのが、解体する建物の構造です。
建物の構造は大きく分けて以下の4つに分類することができます。

・木造
・鉄筋コンクリート造
・鉄骨造
・プレハブ造

木造や鉄骨造、軽量鉄骨造は建物の構造が比較的単純で、廃材もリサイクルできるものが多いので割安です。逆に鉄筋コンクリートは解体が難しく、リサイクルできる廃材も多くないので割高となっています。

金額の目安としては、次のようになっていると言えるでしょう。

・木造:坪2.5~4万円前後
・軽量鉄骨造:坪2.5~4.5万円前後
・鉄骨造:坪2.5~4.5万円前後
・鉄筋コンクリート:3~6万円前後

ただし、解体工事の費用は建物の構造だけでなく、解体現場の状況や場所など様々な条件によって上下してきますので注意が必要です。

解体現場の状況や場所などの条件の違いによる注意点

ただし、解体工事の費用は建物の構造だけでなく、解体現場の状況や場所など様々な条件によって上下してきますので注意が必要です。

たとえば、解体現場に面している道路の幅によっても、解体費用は大きく変わります。解体に使用する重機が入れるか、廃棄物を運搬するトラックが入れるかなどに違いが出てくるため、実はこの道路の広さは大きなポイントになってきます。
道路の幅の関係で、2tトラック使用または4tトラック使用なのかが変わり、総合的な費用が変わることもあります。

特に東京都内の下町と言われるような地域は、道路の道幅が狭く、非常に解体工事がしにくい建物が多くなっています。そのため、解体費用も高くなる傾向があるようです。

その他、解体現場の地理的条件によっても解体費用は上下してきます。
たとえば処理場の処分費用も都道府県によって違ってきますし、もっと細かく見れば解体現場と処理場との距離も見積金額に影響してくると言えるでしょう。

さらに、地下部分の有無、浄化槽など地中埋設物の有無、庭(植栽)の有無などによってもコストが変わります。
また、建設リサイクル法の「建築物等に係る分別解体等及び再資源化等の義務付け」の条項が2002年4月に施行されたことにより、80平方メートル以上の建物の解体費用が高くなりました。

こうした様々な条件を勘案した解体の正確な見積金額は、解体業者に現地調査を行った上で見積りをしてもらうことによって明らかになります。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます
受付:8時~20時(日・祝を含む)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック/ 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、まずは一度ご相談ください。

いつでもお電話をお待ちしております!

0120-324-719

受付:8時~20時(日・祝を含む)通話無料/携帯 PHS可

見積依頼・お問い合わせ

24時間以内に返信いたします