1. トップページ >
  2. 解体工事の見積書のチェックポイント

解体工事の見積書のチェックポイント

解体業者の見積書には、一定の決まった形がありません。かと言って単にに詳しく記載してあるだけのものがいい見積りというわけでもありません。
解体工事を失敗しないために、ここでは見積書をチェックする際に確認しておきたいポイントをご紹介いたします。

見積書のポイントと実例

「良い見積書」を取得するための大前提は、そもそも「良い業者から正しい見積もりを取得しているか」ということです。
いくら詳しく見積書が出されていても、その業者が追加費用を要求してくる悪徳業者では本も子もありません。

>悪徳業者の見分け方 詳しくはコチラ

同じように詳しい見積書であっても、それは正確な金額ではないので、後から追加費用が発生するかもしれません。正確ではない見積書を時間をかけてチェックをしても意味がありません。

下の2枚は、同じ物件を見積もった2社それぞれの見積書の内訳です。
※解体無料見積ガイドでは、お客様がお受け取りになる見積書と同じものを取得し、すべて確認させていただいております。

どちらも当サイトの登録解体業者様のものですが、表記の仕方が違うことがわかります。(数字部分は消してあります)

A社

【A社】

クリックで写真が拡大します。

【B社】

【B社】

クリックで写真が拡大します。

もちろん工事内容によっても変わりますが、全国で見てみると、これらよりもっと詳細に項目が分けられている見積書もあれば、大まかなものもあります。

良い業者の正確な見積書であれば、最低限、建物本体の解体工事に必要な費用とそれ以外(残地撤去費用や付帯工事費)の項目がきちんと分けられていています。それぞれに数量と金額が記載されているので、きちんと比較ができます。

その上で、どの解体業者がいいかというのは、お客様それぞれによって違うものです。少しでも安価な価格の業者をお選びになられる方や、少しでもお近くの業者をお選びになられる方もいらっしゃいます。
次に、失敗しない解体工事をするために、見積書を比較する際にチェックしておきたいポイントをご紹介いたします。

見積書比較のチェックポイント

見積書比較のチェックポイント

概算や口頭だけでなく現地調査したうえでの正確な見積書をチェックしているか?
 (見積もりに含まれていない追加費用は発生しないか?)
建物の坪数や平米数(㎡)に大幅なズレがないか?
税込の総額を比較しているか?
建物本体の解体に必要な費用とそれ以外(残地物撤去や付帯工事)の項目は分かれて
  いるか?
整地のための費用は見積りに含まれているか?
万が一の事故があったときの保証は含まれているか?
 (見積を出した業者は賠償保険に加入しているか?)
工事後の、取り毀し(とりこわし)証明書の発行費用は見積りに含まれているか?

解体費用の目安についてはこちらをご覧ください。

>全国地域別の解体費用 詳しくはコチラ

上記の事項をそれぞれチェックしていただき、失敗しない解体工事のために役立てていただけたら幸いです。

当サイトでは解体工事の実例もご紹介させていただいています。

>工事実績の紹介 詳しくはコチラ

解体無料見積ガイドでは、お客様がお受け取りになる見積書と同じものを当サイトでも受け取って、すべて確認させていただいております。ご不明な点は直接登録業者に質問いただいても当サイトへご質問いただいても構いません。

当サイトは24時間年中無休でご対応させていただいております。お客様からのご連絡をお待ちしております。

まずは無料でお見積りをご依頼ください。
解体工事に関するご質問やご相談も、24時間年中無休で受付ています。
どうぞお気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。


読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都渋谷区神宮前4-3-15
スタッフ
お問い合わせ先