大切な資産を節約するために

解体工事の費用

解体業者に直接発注することで費用を抑えることができます

実際に解体工事をするとなると、気になるのが「私の場合は、どれくらいの費用がかかるのか」ということ。
それでは、なるべく安く抑えるにはどのようにしたらよいでしょうか?

Check1

解体業者に直接発注で、20%~30%安価になる場合も

なぜ20%~30%も安くなるのでしょうか?

ハウスメーカーや下請け解体会社などを通すとその分マージンが発生するため、どうしても解体費用は高くなってしまいます。
ハウスメーカーを通さず、解体業者に直接発注(分離発注)することでそのマージンを削減することができるため、おおよそ20%~30%安くなるのです。

なぜ20%~30%も安くなるのでしょうか?

分離発注とは?

分離発注とは、ハウスメーカーや工務店などに「解体」から「建築」までの一括発注をせず、建築は建築会社に、解体は解体業者に分けて発注することを言います。
そうすることで一括発注の際に発生する「中間マージン」をカットすることができ、費用を抑えることができます。

国や自治体などの多くの公共工事でも分離発注は行われています。

なぜ20%~30%も安くなるのでしょうか?

Check2

分離発注をするメリット・デメリット

メリットばかりがクローズアップされがちな分離発注ですが、メリットだけではなく、デメリットもしっかりと理解する必要があります。

分離発注をするメリット

  • 中間マージンをカットできる。
  • 直接やり取りができることで話がスムーズにすすみ、行き違いが少ない。
  • カットできたお金を他に回すことができる。

分離発注をするデメリット

  • 自分で解体業者を探す必要がある。
  • 悪徳業者にひかかってしまう場合がある。

Check3

工事費用の目安

では実際に解体の費用はどれくらいなのでしょうか?
立地条件や近隣の状況で金額は異なりますが、だいたいの金額がわかるように、目安の料金を提示させていただきます。

解体工事価格の目安表

木造住宅解体 30,000円~/坪
(9,090円~/㎡)
鉄骨造住宅解体 35,000円~/坪
(10,606円~/㎡)
RC造住宅解体 40,000円~/坪
(12,121円~/㎡)
ビル・アパート解体 40,000円~/坪
(12,121円~/㎡)
内装・外装・店舗解体 25,000円~/坪
(7,575円~/㎡)

※坪数や構造、道路の巾等の条件により金額は異なります。

上記の費用は2020年の相場です。廃材の処分費用は増加傾向にあるので、2021年ではより解体費用が高額になると見込まれています。

付帯工事価格の目安表

残置ゴミ撤去処分 12,000円/m3~
樹木撤去処分 12,000円/m3~
庭石撤去処分 10,000円/m3~
土間撤去処分 2,500円/m2~
ブロック撤去処分 2,500円/m2~
物置撤去処分 5,000円/ケ~
カーポート撤去処分 20,000円/式~
太陽熱パネル撤去処分 30,000円/式~
ウッドデッキ撤去処分 30,000円/式~

解体予定地によって相場は変わる

坪単価や付帯工事価格が一定でないのは、地域によって以下のような差があるからです。

  • 人件費
  • 建物の密集度合
  • 廃棄物の処理費用

また、業者ごとに得意、不得意の工事もあります。解体予定地の工事が得意な業者な業者に依頼すれば解体費用は安くなるので、費用を抑えたい場合は地域の中でも得意な業者を探す必要があるでしょう。

当サイトでは、解体予定地の優良業者から最大6社の無料で見積もりを受け取れるサービスを提供しています。最初に当協会のスタッフがヒアリングしてからお客様に合った業者を探す形になり、7万5千件の工事実績から、まずお手元の見積書の価格が適正か無料で判断いたします。

お問い合わせ後は、いつでもお断り可能です。

Check4

追加料金がかかるケース

解体工事中に古井戸が見つかったり、解体工事以前の土地の造成に携わった業者が廃材などを埋めて残した地中障害物が出てきた場合は撤去処理費用として料金が追加されます。

実際に解体工事をするまでこういった地中障害物があるかどうかはわかりません。
参考までにどれくらいの費用がかかるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

地中障害物の種類(一例)

コンクリートガラ

コンクリートガラ

産業廃棄物の一種で、建物の新築や改築・解体に伴って生じたコンクリート破片ないしアスファルト破片、いわゆる「がれき類」のことです。地中障害物で最も多いといわれています。

浄化槽

公共下水道が整備される前に建築された建物では地中から浄化槽が出てくる事があります。

岩・ゴミ・その他

岩・ゴミ・その他

地中に大きな岩が埋まっていることもあります。その他衣服や古タイヤ、医療廃棄物も稀に見つかる場合があります。

追加料金がかかる場合の価格の目安

コンクリートガラ 4tダンプ1台で60,000~80,000円
浄化槽(FRP(強化プラスチック)製) 30,000~70,000円
浄化槽(RC(コンクリート)製) 50,000~250,000円
岩、ゴミ、その他 大きさ、品目による

※事前にどのような物が埋まっているか分からないため、目視確認後の料金提示が一般的です。

Check5

解体費用の助成金・補助金について

全国約300の自治体には、耐震化促進事業などの一環として、解体費用を賄うための助成金制度があります。

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談