解体工事で失敗しないために

費用を抑える

解体業者に直接発注で、20%~30%安価になる場合もあります

「解体費⽤を安く抑えたい。建物を壊すだけだからどこでも⼀緒」と、
”安い”というだけで安易に解体業者に依頼したことからトラブルに巻き込まれてしまうケースは毎年後を絶ちません。
賢く安全に解体費⽤を抑えるポイントをご説明いたします。

Point 1

不要な中間マージンをカットしましょう

⼀昔前は、旅⾏に出かけるのも旅⾏代理店で予約をしていました。今ではインターネットでホテルや航空券などの最安値を調べ、直接予約ができます。それは旅行業界だけではなく引っ越し業者や保険会社などでも、その業界での最安値を調べ直接予約注⽂などができるようになっています。

解体⼯事も同様です。中間業者を通さずに解体業者へ直接依頼するほうが費⽤を抑えられます。

解体業者に直接発注で、20%~30%安価になる場合もあります

ここでいう中間業者とは、ハウスメーカーや不動産会社、元請となる建設会社などです。
中間業者を通すと、その分中間マージンが発生するため解体費用は高くなります。
よくある事例として、ハウスメーカーを通さず解体業者に直接発注(分離発注という)することで、中間マージンによる20%~30%の費用を削減できます。

ハウスメーカーだけでなく、会社規模の大きな解体業者に依頼する場合も同様に中間マージンが発生する可能性があります。
⼤⼿の解体業者は受注した⼯事を下請けの解体業者に丸投げ委託してしまう可能性も否定できないからです。下請業者が更に孫請業者へ委託してしまうケースも少なくありません。

解体業者に直接発注で、20%~30%安価になる場合もあります

また、きれいなホームページを持ち、営業マンが複数在籍しているような体制が整った⼤⼿解体業者が安いとは限りません。なぜなら、宣伝費や営業マンの⼈件費等はお施主様の解体費用に加算されるからです。

分離発注とは?

分離発注とは?

分離発注とは、ハウスメーカーや工務店などに「解体」から「建築」までの一括発注をせず、建築は建築会社に、解体は解体業者に分けて発注することを言います。
そうすることで一括発注の際に発生する管理費などの「中間マージン」をカットすることができ、費用を抑えることができます。国や自治体などの多くの公共工事でも分離発注は行われています。

分離発注をするメリット・デメリット

分離発注を検討するためにはメリットだけではなく、デメリットもしっかりと理解する必要があります。

分離発注をするメリット

  • 中間マージンをカットできる。
  • 削減できた分のお金を他に回すことができる。
  • 専門的なアドバイスを直接受けることができる。
  • 直接やり取りができることで話がスムーズにすすむ。
  • 伝言ゲームにならず、認識違いなどのリスクが低い。

分離発注をするデメリット

  • 自分で解体業者を探す必要がある。
  • 悪徳業者にひっかかるリスクが高くなる。
  • 分からない事を調べたり、相談相手を見つけたりする必要がある。

Point 2

工事費用の目安

立地条件や近隣の状況で金額は異なりますが、だいたいの金額がわかるよう目安の料金を提示します。

なお、以下の相場は2021年のものです。廃材の処分費用は増加傾向にあるので、2022年以降はより高額になると見込まれています。

解体工事価格の目安表(重機を使用できる現場)

木造住宅解体 30,000円~/坪
(9,090円~/㎡)
鉄骨造住宅解体 35,000円~/坪
(10,606円~/㎡)
RC造住宅解体 40,000円~/坪
(12,121円~/㎡)
ビル・アパート解体 40,000円~/坪
(12,121円~/㎡)
内装・外装・店舗解体 25,000円~/坪
(7,575円~/㎡)

※坪数や構造、道路の巾等の条件により金額は異なります。

付帯工事価格の目安表

残置ゴミ撤去処分 12,000円/m3~
樹木撤去処分 12,000円/m3~
庭石撤去処分 10,000円/m3~
土間撤去処分 2,500円/m2~
ブロック撤去処分 2,500円/m2~
物置撤去処分 5,000円/ケ~
カーポート撤去処分 20,000円/式~
太陽熱パネル撤去処分 30,000円/式~
ウッドデッキ撤去処分 30,000円/式~

解体現場の所在地によっても相場は異なります

地域によって「人件費」「建物の密集度合」「廃棄物の処理費用」が異なるため、解体工事予定地によって費用相場よりも高くなったり安くなったりすることがあります。

また、業者ごと工事内容に対して得意、不得意があります。解体予定地の工事が得意な業者に依頼すれば解体費用は安くなります。
費用を抑えたい場合は、地域の中でも解体予定地での工事を得意とする業者を探す必要があるということです。

費用が高くなるケース

  • 築年数が新しいほど高い
  • 坪数が広いほど高い
  • 隣地との距離がないほど高い
  • 隣接道路幅が狭いほど高い
  • 道路と敷地の高低差があるほど高い
  • 倉庫、外構、庭木、残地物などがあると処分費用が別途必要
  • 浄化槽、井戸、地中埋蔵物などがあると処分費用が別途必要
  • 隣地との距離がないほど高い
  • 駐車場の撤去は別途費用が必要
  • 地鎮祭をする場合は別途費用が必要

※業者に依頼すると割⾼になってしまう物、⾏政では無料で回収している物になります。

Point 3

費⽤を抑えるポイント

Point1 不⽤品は事前に処分

不⽤品は事前に処分

解体⼯費は「建物を解体する費⽤」と「廃棄物を処理する費⽤」に大きく分けられます。
「建物を解体する費⽤」とは、建物を解体するために必要な重機・トラックにかかる費用や⼈件費のことです。
「廃棄物を処分する費⽤」とは、建物を解体した際に発⽣する⽊材・コンクリート等の産業廃棄物を処分するための費⽤と、家具や電化製品などの⼀般廃棄物としても処分できる廃棄物の処理費⽤のことです。
家具などの⼀般廃棄物として処理できる廃棄物は、解体業者に処理を任せると産業廃棄物の扱いになるため、同じ廃棄物であっても基本的に処分費⽤は高くなります。

Point2 解体と合わせてできる⼯事を同時に行う

解体と合わせてできる⼯事を同時に行う

解体⼯事と合わせてその他の⼯事を⼀緒にやることで、費⽤総額を抑えることができる場合があります。
たとえば、前⾯道路から1mの⾼さで盛⼟がしてある⼟地の建物を解体、その後、前⾯道路と⾼さを揃えるために盛⼟の撤去を予定しているとします。このような場合は、⾒積もりの段階で解体業者に伝えましょう。盛⼟を撤去する際にも、解体⼯事と同様に重機やトラックが必要です。解体⼯事と同時に⾏なうことで、重機やトラックを解体⼯事で使⽤しているものをそのまま使⽤することができるので、別々に依頼するよりも総額費⽤を抑えることができます。

また、解体後に駐⾞場にしたい場合も、同じ業者に依頼したほうが割安になるケースが多々あります。
その他にもフェンスや樹⽊の撤去など、解体以外に予定している⼯事があれば、業者に相談してみることをお勧めします。

Point3 譲渡されたタイミングで解体する

譲渡されたタイミングで解体する

通常、⼟地を売却して所得を得たときには譲渡所得税がかかります。
その税⾦は、(あなたが⼟地を譲渡して得た所得)−(その譲渡のためにかかった費⽤)に対してかけられます。

⼟地を他⼈に譲渡するための解体⼯事であることが明らかと判断される場合、解体⼯事費⽤は譲渡費⽤として認められます。多くの場合に譲渡費⽤となるものは、不動産会社にお⽀払いになる仲介⼿数料・登記費⽤・契約書の印紙代などです。解体⼯事にかかった費⽤も、⼟地の譲渡のためにかかった費⽤として認められれば、その分も譲渡所得から控除されます。

Point4 現地調査に立会いましょう

現地調査に立会いましょう

安易に選んだ解体業者をたくさん比べれば良いという訳ではありません。ただ安いだけの解体業者に⼯事を依頼してしまい、後になってトラブルが発⽣するケースは後を絶ちません。最初はとにかく安く⾒積もり⾦額を出しておき、後になって追加費⽤を請求してくるのは悪徳解体業者の⼿⼝の⼀つです。

きちんと現地調査の上で正確な⾒積もりを出してもらうことが大切です。

優良な解体業者ほど、現地調査で解体⼯事の内容についての確認と説明を詳細に⾏います。より正確な⾒積書を取得したいのであれば、ぜひ現地調査に立ち会ってください。

Point5 解体費用の助成金・補助金

各自治体には、空き家対策や耐震化促進の一環として、解体費用を賄うための助成金制度があります。解体工事予定地の市区町村に助成金制度があるかチェックしてみてください。

Point 4

追加料金がかかるケース

解体工事中に古井戸が見つかったり、解体工事以前に埋めて残された廃材などの地中障害物が出てきたりした場合は、撤去処理費用として料金が追加されます。

実際に解体工事をするまで、こういった地中障害物があるかどうかはわかりません。参考までにどれくらいの費用がかかるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

地中障害物の種類(一例)

コンクリートガラ

コンクリートガラ

産業廃棄物の一種で、建物の新築や改築・解体に伴って生じたコンクリート破片ないしアスファルト破片、いわゆる「がれき類」のことです。地中障害物で最も多いといわれています。

浄化槽

公共下水道が整備される前に建築された建物では地中から浄化槽が出てくる事があります。

岩・ゴミ・その他

岩・ゴミ・その他

地中に大きな岩が埋まっていることもあります。その他衣服や古タイヤ、医療廃棄物も稀に見つかる場合があります。

追加料金がかかる場合の価格の目安

コンクリートガラ 4tダンプ1台で60,000~80,000円
浄化槽(FRP(強化プラスチック)製) 30,000~70,000円
浄化槽(RC(コンクリート)製) 50,000~250,000円
岩、ゴミ、その他 大きさ、品目による

※事前にどのような物が埋まっているか分からないため、目視確認後の料金提示が一般的です。

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談