FAQ 現地立ち会い

工事業者との現地確認は隣家の住民にも立ち会ってもらったほうがよいですか?

その必要はありません。

撤去工事の正確な見積りを作成するためには、敷地内に入る事が必要不可欠ですが、隣家にまで立ち入ることはないからです。

ですが、隣家と共有している物(ブロック塀など)がある場合は、事前に話し合いをしておく事をおすすめします。また、養生シートの足場が隣家にかかってしまうなどのケースが想定される場合なども、隣家の方に伝えておくとその後の解体工事がスムーズに進むでしょう。

また、隣の土地との間には境界があり、その目印となるのが境界標で、最も一般的に使用されているものがコンクリート性の杭です。

土地の登記や測量をする際には、隣地の所有者様にも立ち会って貰い、この境界標の位置が正しいかどうかを確認して貰うことはありますが、撤去工事では既に境界標も存在しているので隣家の住民の確認も不要です。

撤去工事では誤ってこの境界標を飛ばしてしまうことがよくあるので、位置の確認をしたうえで飛ばさないように注意するよう、業者の担当者に一言伝えておくと良いでしょう。

取り壊し工事をすることが決定した際には、隣家の住民にご挨拶に伺い、ご迷惑をおかけする旨を謝罪し、工事の期間や、何かあった際の緊急連絡先を伝えるようにすれば、それで問題ありません。

その他よくいただくご質問

ご自宅/空き家/店舗/オフィス/ビル/アパート/別荘/遠方にある建物/火災物件/木造/鉄骨造/RC造/内装解体/スケルトン解体/
ハウスメーカー・工務店・設計事務所・不動産・大手フランチャイズなどの法人様からの依頼は全国に多数実績ございます。

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

一括見積のご依頼はもちろん、見積書チェック/費用相場のご案内/
工事リスクのチェック/解体業者の評判チェック/
不用品処分/借地返却/新築/不動産売買/相続等のお悩みや疑問、
どうぞお気軽にご相談ください。

年間9,000件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が高いか安いか、安心か、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談