FAQ 解体工事費の支払い

工事中に火事跡が発覚して燃えた廃材の処分費を追加で請求された場合は支払うべきですか?

立ち合い見積り時に、過去に建物で火事があった旨を業者に伝えていなかったのだとしたら、追加費用を請求されるのは妥当です。

火災ごみは通常の処分場では受け取ってもらえない事が多く、持ち込む処分場も通常の産業廃棄物とは異なり、一般廃棄物の処分場に持ち込むことになるからです。

その為、表面上では分からなかった範囲で火事跡があとから発覚した場合は、別途処分のための費用が請求されてしまうケースがあります。

業者としても、例えば壁の中などは工事してみないと焦げているかどうかを把握できない要素もあるでしょう。

ですから、蓋を開けてみないとわからない部分に関しては、お施主様が認識している内容はすべて事前に伝え、しっかりと話し合いをしておくべきです。そうすればまっとうな業者であれば、追加費用の可能性も事前に伝えてくれるはずです。

その他よくいただくご質問

ご自宅/空き家/店舗/オフィス/ビル/アパート/別荘/遠方にある建物/火災物件/木造/鉄骨造/RC造/内装解体/スケルトン解体/
ハウスメーカー・工務店・設計事務所・不動産・大手フランチャイズなどの法人様からの依頼は全国に多数実績ございます。

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

一括見積のご依頼はもちろん、見積書チェック/費用相場のご案内/
工事リスクのチェック/解体業者の評判チェック/
不用品処分/借地返却/新築/不動産売買/相続等のお悩みや疑問、
どうぞお気軽にご相談ください。

年間9,000件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が高いか安いか、安心か、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談