FAQ 契約・解約

契約書がないまま撤去工事などを進めることはできますか?

できますが、契約書がない状態で工事を進めるのはおすすめできません。

契約書を取り交わさずに工事を行った場合、不当な追加請求をされてしまう事も考えられます。また、万が一のトラブル時など「言った言わない」という問題でトラブル解決までに時間を要してしまうケースもある為、事前に契約書は取り交わす事を強くおすすめします。

また、契約を結ばない理由が、業者の担当者から「うちは契約書はいつも作成していなくて口頭契約なんです」等と言われたことが理由だとすれば、そのような業者は避けるのが無難でしょう。

工事にかかる金額は少なくありません。一般的な業者であれば業界の慣習やお施主様の事情を考慮して、工事前に契約書の作成~締結を経て工事に進みます。

その他よくいただくご質問

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談