境界標として用いられる杭の種類と見つけ方を教えてください

隣の土地との間には境界があるわけですが、地面に線が引いてあるわけではありません。隣の土地と区別するための目印となる杭があり、それを境界杭と言います。

この境界杭の素材には様々な種類があります。コンクリートやプラスチック、石や金属、場合によっては木などもあり、杭の上部の形も十字、矢印、T字等様々な形があります。

基本的には十字であれば、十字の真ん中が、矢印であれば矢印の先端が、T字の場合はTが交わる点が境界点ですから、そこを見るようにします。

境界杭は土や落ち葉で埋もれてしまっていることもありますから、もしも見当たらない場合は土をどかしたりして探してみましょう。

その際、土を掘り起こしすぎて杭を抜いてしまわないように注意が必要です。境界杭は隣の土地との境界を定めている重要なものですから、万が一勝手に位置をずらしたり紛失してしまうと隣家とトラブルになりかねないからです。

その他よくいただくご質問

ご自宅/空き家/店舗/オフィス/ビル/アパート/別荘/遠方にある建物/火災物件/木造/鉄骨造/RC造/内装解体/スケルトン解体/
ハウスメーカー・工務店・設計事務所・不動産・大手フランチャイズなどの法人様からの依頼は全国に多数実績ございます。

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

一括見積のご依頼はもちろん、見積書チェック/費用相場のご案内/
工事リスクのチェック/解体業者の評判チェック/
不用品処分/借地返却/新築/不動産売買/相続等のお悩みや疑問、
どうぞお気軽にご相談ください。

年間9,000件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が高いか安いか、安心か、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談