境界杭がない場合に注意するポイントを教えてください

長い年月を経てしまうと、雨風などによりいつの間にか境界を判別する杭が紛失していることがあります。

杭がない場合は、どこまでが誰の所有になっているのかを明確にする必要があります。

土地を売却したい場合はきちんと実測を行い、境界を確定しておかなければいけませんし、仮に土地売却は考えていなくても、境界を事前に確認しておかなければ、工事の際にトラブルになる可能性もあるからです。

境界を確認せずに工事でフェンスやブロック塀を壊した後になって「これはウチのものだった」と隣家から言われ、越境していたことに気づいたとしても、もはや取り返しがつかないでしょう。

ですから、事前に隣家の方も交えて境界を明確にしたうえで施工されることをおすすめします。

また、土地家屋調査士に依頼するのも一つの手段になりますが、紛失した杭を入れるまでに時間と費用がかかります。よほど話がまとまらない場合は、専門家に依頼することも視野に入れておきましょう。

その他よくいただくご質問

ご自宅/空き家/店舗/オフィス/ビル/アパート/別荘/遠方にある建物/火災物件/木造/鉄骨造/RC造/内装解体/スケルトン解体/
ハウスメーカー・工務店・設計事務所・不動産・大手フランチャイズなどの法人様からの依頼は全国に多数実績ございます。

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

一括見積のご依頼はもちろん、見積書チェック/費用相場のご案内/
工事リスクのチェック/解体業者の評判チェック/
不用品処分/借地返却/新築/不動産売買/相続等のお悩みや疑問、
どうぞお気軽にご相談ください。

年間9,000件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が高いか安いか、安心か、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談