見積り書の項目に抜け漏れがないか確認する方法を教えてください

おすすめしたい確認方法の一つに、簡単で構わないので工事業者に図面を書いて貰ったうえで、「撤去工事にはどの箇所が含まれて、どの箇所が含まれていないか」を確認する方法があります。

敷地内にブロック塀、庭石、植木などがたくさんある場合は、どこまでを手掛けて貰えるのかの範囲を業者とお施主様の両者でしっかりとすり合わせましょう。

すり合わせ方法としては、見積書を提出して貰ったあとに、再度業者に現地に来て頂き、実際に現地を見ながら見積書の内容と照らし合わせながら確認をしていくという方法もあります。

現地に来て頂くのが難しければ、それぞれの項目を電話で確認しながら一つ一つ内容を聞いてみる事もできるでしょう。

工事業者毎で見積書の記載方法は違いますし、追加費用の可能性に関しても工事開始前に確認しておくと良いですね。

その他よくいただくご質問

ご自宅/空き家/店舗/オフィス/ビル/アパート/別荘/遠方にある建物/火災物件/木造/鉄骨造/RC造/内装解体/スケルトン解体/
ハウスメーカー・工務店・設計事務所・不動産・大手フランチャイズなどの法人様からの依頼は全国に多数実績ございます。

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

一括見積のご依頼はもちろん、見積書チェック/費用相場のご案内/
工事リスクのチェック/解体業者の評判チェック/
不用品処分/借地返却/新築/不動産売買/相続等のお悩みや疑問、
どうぞお気軽にご相談ください。

年間9,000件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が高いか安いか、安心か、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談