1. トップページ
  2. >
  3. 駐車場にするための解体工事について

駐車場にするための解体工事について

駐車場の施工も解体工事とあわせて依頼すると総額費用を安く抑えることができます。

相続した実家の解体やお住まいの住み替えを機に、空いた土地を駐車場として活用しようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。駐車場をつくる際、建物の解体工事と一緒に施工すると費用を安く抑えることができます。

同時に施工すると業者のコストが減る

解体工事と同じように、駐車場を施工する際も資材や砕石を搬入するための車両や作業を行う重機が必要です。このような工事に必要な車両や重機を使用するには、ガソリン代やメンテナンス費用がかかります。現場に運び入れるには業者の手間もかかります。解体工事が終わったあと、別で駐車場工事を発注すれば当然別途費用がかかります。
しかし、解体工事とあわせて依頼することでまとめて作業できるため、車両・重機コストを削減でき、結果的に施工費用を安くすることができるのです。

解体後の土地を駐車場にする場合の費用目安

駐車場の種類は主に「砂利地」、「コンクリート舗装」、「アスファルト舗装」があります。
土地の状態や広さ、立地条件などによって異なりますが、費用の目安は次の通りです。

砂利地
建物を解体した後の更地のままでは駐車場としてつかえません。車両の重さに耐えられるよう処理が必要です。一般的に、除草・ならし作業、土の掘削、砕石の敷き詰め、転圧までの整地作業を行います。

費用の目安は、1平米あたり2,500円~5,000円程度です。

アスファルト舗装
整地作業後にアスファルトを敷き詰めます。砂利地よりも深めに土を掘削する必要があるためその分費用が高くなります。アスファルト舗装のメリットは、雨が降った際、土地の水はけが良いので駐車場を快適に利用できる点です。

費用の目安は、1平米あたり5,000円~7,500円程度です。

コンクリート舗装
コンクリート舗装を行う場合は、アスファルトよりも深く掘削する必要があります。さらに、残土処分やワイヤーメッシュや配筋などの地面補強作業も追加で行います。その分手間が多くなるため費用は高額になるケースが多いです。

費用の目安は、1平米あたり8,500円~12,000円程度です。

現場状況やお客様の予算によって施工内容は変わります

解体後の土地の状態によってどのような処理が必要になるか変わってきます。また、将来のご予定次第でどの程度の駐車場に仕上げるか計画が変わっていくでしょう。
そのため、解体工事と一緒に駐車場の施工もあわせて業者に相談できると、土地の状態を踏まえて具体的な相談をすることができます。
また経験豊富でお客様思いの業者であれば、予算に応じた工事内容を的確にアドバイスをしてくれるでしょう。

残念ながら解体業界には、未だに違法行為やずさんな工事を行う悪徳業者が存在しています。初めての解体工事・土地活用を失敗しないために、実績豊富でかつ信頼できる解体業者へ依頼することをお勧めいたします。

あんしん解体業者認定協会の登録業者の多くが、駐車場の施工にも対応できる優良な解体業者です。ご要望があれば解体工事の見積りとあわせて駐車場施工の見積りもとることができます。
複数の解体業者から見積りをとって比較すると一番安い業者を選ぶことができます。安心して依頼できる優良な解体業者の中から見積りをとりたい方はお気軽にご相談ください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック
読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都港区芝浦四丁目12番31号
スタッフ
お問い合わせ先