失敗しない解体工事

解体工事の基礎知識

解体工事について様々な基礎知識をご紹介します

解体工事の費用・見積りに関する基礎知識

解体工事を閑散期に依頼して解体費用を安くする

解体工事を含む建設業界の閑散期は4月から6月頃が最も暇になるといわれています。
この時期は、喉から手が出るほど受注を欲しがっているはずです。
そんな時期に見積もり依頼があれば、多少の値引きをしてでも請け負ってくれるというわけです。

繁忙期と閑散期

解体工事費は少しでも安く抑えたいと思うのは当然です。解体工事費は建物を壊すための費用ですから、そこをグッと抑えて、新築の費用に回し、その分、外壁や壁紙などを少しでもグレードアップしたいものです。

実は、解体工事を行うとき、費用を安くするためのちょっとしたコツがあります。それは解体工事を行う時期です。あまり知られていませんが、どの業者にも繁忙期と閑散期があるように、建設業界では、年末の12月から年度末の3月までが繁忙期になります。解体工事業界も建設業界に含まれますので、この時期がちょうど繁忙期にあたるのです。

この繁忙期に解体工事を依頼しても、業者は値引きなどを一切してくれないことが多いようです。特に値引きをしなくても解体工事の受注があるのですから、当然でしょう。ですから、解体工事費を少しでも抑えたいのなら、この時期を避けて、反対の閑散期に依頼するのが賢明です。

依頼する時期に応じた対応

3月までの繁忙期が終わった、4月から6月ごろが最も建設業界が暇になるといわれています。この時期は、仕事がなくても解体業者としては従業員や職人の人件費を確保しなければいけませんので、喉から手が出るほど受注を欲しがっているはずです。そんな時期に解体工事の見積もり依頼があれば、多少値引きをしてでも請け負ってくれるというわけです。

どれくらいの値引きがあるのかは、業者によって異なりますので、一概には言えません。できるだけ多くの解体業者に見積もり依頼をして、比べてみることをおすすめします。

それでも、どうしても事情から繁忙期に解体工事をしなければならない場合もあると思いますが、依頼しても数ヶ月先までスケジュールが詰まっていれば、断られることもあり得るということを認識しておきましょう。

そうでなければ、解体工事費うんぬんというよりも、多少高くても請け負ってくれる解体業者に依頼するしかないのです。さらに、繁忙期では、現地調査に時間をかけてくれないこともあり、中には見積もりを坪単価だけで計算してくる解体業者さえあるのです。これがあとでトラブルの元にもなりかねませんね。

このように考えると、閑散期の時間がたっぷりあるときに解体工事を行うことは、費用の面はもちろんですが、トラブルを避けられるという大きなメリットもあるといえるでしょう。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談