失敗しない解体工事

解体工事に関する用語集

解体工事に関する様々な用語について解説をします

境界確認書

隣人との境界線のトラブルを回避するために調査や測量を行って、隣接地との境界線を明確に記載した証明書のこと。境界確認書の作成には、登記簿や地図、公図など役所や法務局に保管されている資料をもとにして、土地家屋調査士等が境界線の調査を行う。隣地の所有者の立ち会いのもと、境界線を確認して、双方が納得した場合に杭などで永久境界標を設置する。境界確認図面と境界確認書を作成し、当事者の署名・捺印を持って、手続きが完了となる。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

その他、気になる用語を調べたい方は50音順からお探しください

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談