失敗しない解体工事

解体工事に関する用語集

解体工事に関する様々な用語について解説をします

棟木

屋根の一番高い位置で、母屋や軒桁と平行方向に取り付けられる横木のこと。建物の骨組みの完成を意味し、工事の大きな節目となるため、棟木が取り付けられる時には工事の安全を願い「上棟」または「棟上げ」という祭事を行う。母屋や軒桁と一緒に垂木を支え、屋根の荷重を梁や桁に伝える役割を持つ。松、米松、杉などが使用されることが多い。木材の長さは、4メートルが最も一般的とされ、それ以上の長さになる場合は途中で継ぎ足すことが多い。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

その他、気になる用語を調べたい方は50音順からお探しください

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談