解体工事の基礎知識

解体工事について
様々な基礎知識をご紹介します

長屋の解体工事で知っておきたいこと

長屋の解体工事には切り離しが伴います。
金額だけで解体業者を選んでしまい、問題が起こってしまうケースは少なくありません。
ここでは、長屋の解体工事を失敗しないためのポイントをご説明いたします。

長屋の解体工事の注意点

横並びに独立した住戸が連なっている1棟の建物『長屋』。長屋のような家屋の切り離し・解体工事をする場合には、一戸建ての建物に対する解体作業にはない、様々な問題が生じます。その為、それらをクリアにできる解体業者の選定が大きなポイントです。

まずは、建物を共用されている住民の方々への挨拶・説明が十分にできること。一戸建ての解体作業ですら説明が不十分ですと、騒音や振動・ほこりの発生などから、近所とトラブルになることがあります。まして壁を共有して連なっている長屋住民の工事中のストレスは相当なものとなりますので、十分な説明とケアが必要です。基本的なことですが、こういったことができない粗悪な解体業者も存在するので、注意が必要です。

特に壁1枚隔てた隣の住人とは、解体切り離し部分の補修・強度補強の問題も含めしっかりと話し合っておく必要性があります。一般に解体業者が行う補修として、雨養生のための仮の壁を設置しますが、隣人からは本格的な壁の施工を求められることも少なくありません。しかしそうなると解体作業の範疇ではなくなってきますので、建築士による診断・判定を含め、納得を得られる説明ができる必要があります。

長屋の解体工事の実績がある解体業者を選びましょう

また当然ながら、長屋解体に対するスキルを十分備えた業者である必要性があります。長屋造りには、連なった全ての家屋が一体となっていて梁(はり)までつながっている場合があり、解体・切り離し作業には相応の技術力がないと、隣接する他の家屋まで影響が及んでしまいます。「どの柱を切ってよいのか」「どこを補修すればよいのか」といった家屋の構造に関する知識が備わっていないと、残す予定の家屋が傾いてしまうという事態にもなりかねません。
したがって解体作業には慎重性を要するため、手壊し解体をしなければならないのですが、重機による解体が主流となっている現在、手壊し解体に対応できない解体業者も多くなってきています。

長屋の解体工事を行なうには、長屋の解体工事の実績がある数社の解体業者から現地調査の見積もりを取得して比較するのが、失敗しないポイントです。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます
受付:8時~20時(日・祝を含む)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック/ 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、まずは一度ご相談ください。

いつでもお電話をお待ちしております!

0120-324-719

受付:8時~20時(日・祝を含む)通話無料/携帯 PHS可

見積依頼・お問い合わせ

24時間以内に返信いたします