失敗しない解体工事

解体⼯事の⾒積書のチェックポイント

チェックすべき項⽬をおさえて⾒積書を⽐較してみましょう

解体業者の⾒積書には、⼀定の決まった形がありません。
かと⾔って、単にに詳しく記載してあるだけのものがいい⾒積りというわけでもありません。
解体⼯事を失敗しないために、ここでは⾒積書をチェックする際に確認しておきたいポイントをご紹介いたします。

Point1

良い⾒積書の前提条件

「良い⾒積書」を取得するための⼤前提は、そもそも「良い解体業者から正しい⾒積もりを取得しているか」ということです。
いくら詳しく⾒積書が出されていても、その業者が追加費⽤を要求してくる悪徳解体業者は本も⼦もありません。

まずは悪徳解体業者でないかチェックしましょう。正確ではない⾒積書を時間をかけてチェックをしても意味がありません。

その上で、どの解体業者がいいかというのは、お客様それぞれによって違うものです。少しでも安価な価格の業者をお選びになられる⽅や、少しでもお近くの業者をお選びになられる⽅もいらっしゃいます。

Point2

見積書のチェックポイント

見積書のチェックポイント

抑えておきたい⾒積書のチェックポイント

  • 概算や⼝頭だけでなく現地調査したうえでの正確な⾒積書をチェックしているか?(⾒積もりに含まれていない追加費⽤は発⽣しないか?)
  • 建物の坪数や平⽶数(㎡)に⼤幅なズレがないか?
  • 税込の総額を⽐較しているか?
  • 建物本体の解体に必要な費用とそれ以外の項目はわかれているか?
  • 整地のための費⽤は⾒積りに含まれているか?
  • 万が⼀の事故があったときの保証は含まれているか?
  • ⼯事後の、取り毀し(とりこわし)証明書の発⾏費⽤は⾒積りに含まれているか?

Point3

解体工事の⾒積書で失敗しないための
参考ページをご紹介

解体工事費⽤の⽬安をご紹介しています。

解体⼯事の費⽤実例が検索できます。

(見積内容をそのまま掲載)

当協会では、無料で⾒積書のチェックを承っております

(他社で取得された⾒積書も含む)。

0120-324-719 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談