解体工事前の近隣への挨拶について

近隣挨拶

解体工事期間中は、騒音や振動が発生したり砂埃が飛散したりすることから、近隣住民の方にはどうしても迷惑がかかってしまいます。そのため、近隣の方へ誠意を示すためにも「事前に挨拶回りをしよう」とお考えの方も多くいらっしゃると思います。

しかし、解体工事は人生でそう何度も経験することがないもの。初めて解体工事を行う方は、どのタイミングで挨拶に行ったらいいのか何を持って行ったらいいのか、戸惑うことが多いですよね。

そこでこの記事では、解体工事前における近隣への挨拶のタイミング挨拶に出向く範囲準備しておくべきものについて解説していきます。解体工事に伴い、近隣への挨拶をご予定している方は、ぜひ参考にしてみてください。

解体工事前にはトラブル防止のため近隣へ挨拶をする

解体工事の前には、近隣へ挨拶をするのが一般的です。近隣へ挨拶する目的は、単に「解体工事をします」というお知らせだけではありません。

騒音、振動、砂埃の飛散によるトラブルを防ぐ

解体工事では重機を使って家を取り壊すことがほとんですので、どうしても騒音や振動が発生してしまいます。また、家の取り壊しに伴う砂埃の飛散も避けられません。

そのような中で、もし挨拶をせずに解体工事を始めてしまうと、近隣の方は何の心構えもなく騒音や振動に悩ませられることになるほか、車や洗濯物が砂埃で汚れてしまうなどの被害を被ってしまいます。また、それらに起因するクレームにも発展しかねません。

前面道路の使用に伴うトラブルを防ぐ

解体工事中は、家を解体するための重機や、解体作業で発生した廃材を運搬するための大型トラック家の前(前面道路)に駐車しておく必要があります。

そのため、事前に周辺道路の使用について話を通しておかないと、近隣の方の通行や駐車の妨げになってしまいます。

解体工事前の近隣挨拶は、こうしたトラブルを未然に防ぐために、慣習として行っているものです。強制ではありませんが、スムーズに解体工事を進めたい方はなるべく挨拶をしたほうがいいでしょう。

近隣への挨拶は解体業者に同行するのがベスト

優良な解体業者であれば、解体工事前に近隣へ挨拶回りをしてくれるところがほとんどです。また、近隣の方にお渡しするタオルや洗剤などの粗品も用意してくれる場合が多いです。

しかし、挨拶はなるべく業者任せにせずお施主様(お客様)も同行しましょう。

理由としては、お施主様が挨拶に来ないことが失礼だと捉えられ、ひいては後々のトラブルに繋がってしまう可能性があるからです。これから解体工事でご迷惑をおかけすることに関して誠意を示すという意味でも、できるだけ近隣への挨拶は、解体業者と一緒に訪問してください。

なお、同行する日程が解体業者と合わない場合は、別のタイミングで個人的に挨拶に行っても大丈夫です。また業者に先立って訪問する場合は「工事に関する専門的な内容は後から業者が説明に伺います」と付け加えておくといいでしょう。

近隣への挨拶のタイミング

挨拶回りのタイミングは、早すぎても遅すぎても失礼にあたってしまいますので、解体工事が始まる1週間~10日前に済ませます。

しかし、中には留守にしていて不在のお宅があるかもしれません。

その場合は、日を空けて再度訪問できればベストですが、難しい場合は、事前に用意しておいた挨拶状をポストに投函しておくのが一般的です。

挨拶をする範囲

挨拶回りをする範囲は、周辺環境による部分が大きいため、明確なルールがあるわけではありません。

しかし、最低限(1)両隣の家(2)向かいの家(3)裏側の家には挨拶をするようにしましょう。

家

またその他、前面道路に車両を駐車することによって通行を妨げてしまうお宅など、解体工事による迷惑を被るだろうと予想されるお宅には、なるべく訪問するようにしてください。

近隣への挨拶のために準備するもの

近隣へ挨拶回りをする際は、挨拶状粗品を用意しておくようにしましょう。

挨拶状

挨拶状は、不在のお宅だけでなく、口頭で挨拶ができた際にも直接手渡ししますので、必ず事前に準備しておきましょう。

なお、解体業者が挨拶状を準備してくれる場合も多いため、依頼する解体業者が決まっている場合は確認してみてください。もし挨拶状をご自身で作成される場合は、以下の文面を参考にしてください。

ご挨拶
令和○年○○月○○日
書面にて失礼いたします。この度、近隣にて○○邸解体工事を行うことになりました、施主の○○と申します。解体工事期間中は、騒音や振動等で皆様には多大なご迷惑をおかけするかと存じますが、安全、騒音等に万全の注意を払いますので、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
工事場所:○○市○○町○○番地
工事期間:令和○年○○月○○日~令和○年○○月○○日
工事時間:午前○時〜午後○時まで
休業日:土・日・祝 施主:○○○○
施工業者:○○○○
施工業者住所:○○市○○町○○番地
施工業者担当:○○○○
緊急連絡先:○○-○○-○○
以上

粗品

粗品は、必ずしも持参しなければならないわけではありません。しかし、解体工事によって近隣には少なからず迷惑をかけてしまいますので、スムーズに解体を進めたい場合は誠意を示すためにも持参するのがおすすめです。

なお、お渡しするものは解体業者とは別に用意します。タオルや洗剤などの消耗品や、ちょっとしたお菓子がベストですが、解体業者と同じものを持参することがないよう、事前に打ち合わせをしておきましょう。

また粗品には「御挨拶」と書かれた外のしをつけるのが一般的です。

粗品
「御挨拶」と書かれた外のしがついた粗品

まとめ

解体工事前の近隣への挨拶は、優良解体業者であれば進んで実施してくれるところがほとんどです。

その上で、業者任せにせず挨拶に同行したり、解体業者と違う粗品を準備したりと、お施主様のできる範囲のことをすると、近隣の方にも丁寧さが伝わりやすく、トラブル防止にも繋がるでしょう。

もしお住まいの地域の優良解体業者をお探しでしたら、ぜひ当協会(一般社団法人あんしん解体業者)が運営している「解体無料見積ガイド」へご連絡ください。「解体無料見積ガイド」は、解体業者をお探しのお客様に対し、優良解体業者をご紹介するサービスです。

なお、当協会に登録している解体業者には、独自の13の審査基準を設けており「工事前に近隣へのご挨拶を責任をもって行う」「工事中に近隣クレームがあったときには、責任をもって速やかに対応する」ことも必須項目となっていますので、ぜひ安心してお問い合わせください。

「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん業者から無理な売り込みはなく、見積後のお断り連絡も私たちが代行します。
登録している解体業者は全国1,000社以上、14社に1社の厳正な審査基準を通過した業者のみです。
費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。

解体業者とのやりとりを
すべて代行します

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で相談する

0120-978-952

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談