愛知県刈谷市の解体業者で
高評価の6社から
無料で一括見積もり

補助金の申請サポートも無料対応

愛知県刈谷市の解体費用相場



住宅を解体するときに、どのくらい費用がかかるかを知っていますか。住宅の解体は、一生のうちになんども経験するものではありません。

実は、解体費用は、建物本体の解体費用の他にも、多くの費用がかかります。 本記事では、実際に行われた解体事例をもとに、愛知県刈谷市の解体費用の相場や内訳をご紹介します。

愛知県刈谷市の解体費用の相場

愛知県刈谷市 坪単価(実勢価格) 費用幅
木造 25,037円 22,389円~27,300円

解体費用と聞くと、建物本体の解体費用のみをイメージしがちです。この費用のことを、本体工事費と呼びます。本体工事費は、坪単価に坪数を掛けて決まります。

本件工事費の計算方法

坪単価 × 坪数 = 本体工事費

【例:愛知県刈谷市で30坪の木造住宅を解体した場合】  25,037円(坪単価)×30坪(坪数)=751,110円(本体工事費)

しかし、本体工事費には、建物本体の解体工事にかかる人件費と廃材の処理費しか含まれていません。粉じん飛散や騒音を防ぐために養生シートをかぶせるときは、養生費がかかります。また、庭に植木があるときは、植木の処理費がかかります。このような本体工事費とは別の費用の総称を、付帯工事費と呼びます。

解体費用の総額がわかりにくいのは、この付帯工事費の内訳が多岐にわたるからです。ですから、解体費用の総額を調べるときは、付帯工事費の内訳にも注目しましょう。

解体費用の総額

本体工事費 + 付帯工事費 = 解体費用の総額

解体費用の総額を確認するなら

解体費用の総額を把握するためには、付帯工事費を明らかにする必要があります。しかし、付帯工事費は、付帯工事内容だけではなく取り壊す建物や立地状況によって価格も変動します。例えば、建物が密集していて重機の進入ができない場合、手壊しで解体する人件費用が見積りに加算されます。ですから、明確な解体費用は現地を測量して算出しなければなりません。

私たち一般社団法人あんしん解体業者認定協会が運営する「解体無料見積ガイド」では、お施主様が最適な解体業者を選べるよう、7万5千件以上の解体実績データを元に現場所在地・立地条件・解体時期から厳選した6社を完全無料でご紹介しております。

解体業界の透明化を目指し、お施主様と優良な解体業者様が適切に出会えるよう、生まれたサービスです。 補助金申請等のご相談も歓迎しておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

愛知県刈谷市の木造住宅の解体事例

それでは、日本でもっとも多く建てられている木造住宅のケースを見てみましょう。

木造住宅11坪 1階建て

建物の種類/構造 木造住宅1階建て
坪数 11坪
建物解体費用 28万5,000円
総額 48万6,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅1階建て 11 25,909 285,000
養生費 90 750 67,500
植木・植栽撤去 1 30,000
井戸解体埋め戻し費用 1 35,000
諸経費 91,250円
値引き -58,750円
小計 450,000円
消費税 36,000円
合計金額 486,000円

木造住宅20坪 1階建て

建物の種類/構造 木造住宅1階建て
坪数 20坪
建物解体費用 46万0,000円
総額 72万3,600円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅1階建て 20 23,000 460,000
養生費 80 700 56,000
土間コンクリート撤去 11 3,000 33,000
植木・植栽撤去 1 30,000
諸経費 100,000円
値引き -9,000円
小計 670,000円
消費税 53,600円
合計金額 723,600円

木造住宅20坪 1階建て

建物の種類/構造 木造住宅1階建て
坪数 20坪
建物解体費用 54万6,000円
総額 76万0,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅1階建て 20 27,300 546,000
養生費 82 804 65,920
植木・植栽撤去 1 12,000
井戸解体埋め戻し費用 1 ヶ所 24,000
諸経費 64,792円
値引き -9,008円
小計 703,704円
消費税 56,296円
合計金額 760,000円

木造住宅35坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 35坪
建物解体費用 78万3,600円
総額 135万0,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 35 22,389 783,600
養生費 104 796 82,800
植木・植栽撤去 2 45,000 90,000
庭石撤去 2 55,000 110,000
ブロック塀撤去 20 m 4,500 90,000
室内残置物撤去 5 ? 12,000 60,000
諸経費 81,093円
値引き -47,493円
小計 1,250,000円
消費税 100,000円
合計金額 1,350,000円

室内残置物は、自分で処分することで、費用を節約しましょう

室内残置物とは、その名の通り、室内に残された家庭ごみや家電製品のことです。解体業者さんには廃材を処分してもらうので、室内残置物もついでに処分してもらおうと思っていませんか。室内残置物は、解体業者さんが処分するときは産業廃棄物として扱われるので、費用が驚くほど高くなります。室内残置物は、ゴミの日に合わせて出したり、リサイクルショップで売るようにして、室内をきれいにしておきましょう。

木造住宅35坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 35坪
建物解体費用 87万5,000円
総額 177万2,280円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 35 25,000 875,000
養生費 1 80,000
切り離し工事 1 50,000
植木・植栽撤去 30 ? 7,000 210,000
庭石撤去 1 226,000
ブロック塀撤去 20 m 3,000 60,000
フェンス撤去 1 30,000
諸経費 110,000円
値引き 0円
小計 1,641,000円
消費税 131,280円
合計金額 1,772,280円

木造住宅35坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 35坪
建物解体費用 91万8,660円
総額 162万0,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 35 26,247 918,660
養生費 149 780 116,220
切り離し工事 1 40,000
ブロック塀撤去 20 m 4,500 90,000
植木・植栽撤去 12 ? 8,800 105,600
庭石撤去 10 ? 8,700 87,000
諸経費 155,000円
値引き -12,480円
小計 1,500,000円
消費税 120,000円
合計金額 1,620,000円

木造住宅50坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 50坪
建物解体費用 125万3,650円
総額 210万0,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 50 25,073 1,253,650
養生費 190 800 152,040
物置撤去 11 1,731 21,548
ブロック塀撤去 31 ? 3,837 125,420
植木・植栽撤去 1 45,000
庭石撤去 2 55,000 110,000
駐車場撤去 41 87,048
土間コンクリート撤去 8 6,224 49,790
諸経費 122,966円
値引き -23,018円
小計 1,944,444円
消費税 155,556円
合計金額 2,100,000円

木造住宅54坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 54坪
建物解体費用 135万0,000円
総額 183万6,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 54 25,000 1,350,000
養生費 240 750 180,000
駐車場撤去 2 ヶ所 10,000 20,000
ブロック塀撤去 43 ? 3,028 130,200
諸経費 217,520円
値引き -197,720円
小計 1,700,000円
消費税 136,000円
合計金額 1,836,000円

木造住宅55坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 55坪
建物解体費用 137万2,478円
総額 210万6,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 55 24,954 1,372,478
養生費 185 800 147,744
ブロック塀撤去 1 180,000
植木・植栽撤去 1 20,000
諸経費 229,778円
値引き 0円
小計 1,950,000円
消費税 156,000円
合計金額 2,106,000円

木造小屋10坪 1階建て

建物の種類/構造 木造小屋1階建て
坪数 10坪
建物解体費用 25万5,000円
総額 32万4,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造小屋1階建て 10 25,500 255,000
養生費 48 800 38,400
室内残置物撤去 6 ? 12,000 72,000
諸経費 24,360円
値引き -89,760円
小計 300,000円
消費税 24,000円
合計金額 324,000円

住宅と小屋の違い

実は、建物を建てるときに使う法律である建築基準法では、屋根と柱と壁さえあればすべて建築物になるので、住宅と小屋は区別されていません。ですから、一般には、比較的に坪数が少ない建物を、小屋と呼んでいます。

参考 建築基準法建築基準法

愛知県刈谷市の補助制度

解体費用の補助制度は、各自治体によって金額や支給の要件に違いがあります。

愛知県刈谷市では、最大で120万円の補助金を受けられます。昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅は、制度の対象になる可能性があるので、刈谷市が無償で行っている耐震診断を受けてみましょう。

参考 木造住宅耐震改修費・耐震シェルター設置費・取壊し費補助について|刈谷市木造住宅耐震改修費・耐震シェルター設置費・取壊し費補助について|刈谷市

なお、刈谷市では、補助金の代理受領制度があります。補助金の申請とは別に代理受領の申請をすることで、刈谷市から解体業者へ補助金が直接に交付されるようになります。

一般に、補助金は、解体工事が終わってから交付されます。しかし、この制度を活用すれば、補助金の額を除いた工事費用のみで解体工事を始められるので、ぜひ活用しましょう。

まとめ

付帯工事費は住宅の立地や条件によって大幅に変わるので、解体業者さんには現地で見積りをしてもらいましょう。そして、見積りでわかりにくいところがあるときは、のちのち追加費用がかからないように、遠慮なく質問するようにしてください。

また、見積りの総額は解体業者さんによって違いますので、複数の解体業者さんから見積りをしてもらうことも大切になります。

私たちあんしん解体業者認定協会は、全国の優良解体業者さんとのネットワークを活かし、お客様のご要望にぴったりの業者さんをご紹介するサービス、解体無料見積ガイドを運営しております。

「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん業者から無理な売り込みはなく、見積後のお断り連絡も私たちが代行します。
登録している解体業者は全国1,000社以上、14社に1社の厳正な審査基準を通過した業者のみです。
費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。

解体業者とのやりとりを
すべて代行します

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で相談する

0120-978-952

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談