宮城県気仙沼市の解体業者で
高評価の6社から
無料で一括見積もり

補助金の申請サポートも無料対応

宮城県気仙沼市の解体費用相場



解体工事をすると決まれば、どのくらいお金がかかるのかを把握したいですよね。 解体費用は、インターネットで調べようと思っても、サイトによって記載されている金額が異なるため、相場感覚を掴みづらいのが現状です。 この記事では、宮城県気仙沼市における木造住宅の解体工事の坪単価相場と、実際に行われた解体工事の見積りデータをもとに、解体工事にかかる諸費用についてご紹介します。

宮城県気仙沼市の解体費用相場

まず、宮城県気仙沼市で実際に行われた解体事例から、木造住宅の平均坪単価をご紹介します。 解体における坪単価とは、建物本体を取り壊す際にかかる人件費とがれきなどの処分費を合わせた、一坪あたりの単価です。

種類 坪単価(実勢価格) 費用幅
木造住宅 33,494円/坪 27,179円~44,203円

坪単価に建物全体の坪数を掛けることで、建物本体を取り壊す費用が算出できます。

坪単価を使用した建物本体解体費の計算方法
「坪単価」×「建物の坪数」=「本体工事費」 【計算例:気仙沼市で30坪の木造住宅を取り壊した場合】 33,494円(坪単価) × 30坪(坪数) = 1,004,820円(本体工事費)

解体費用の総額を確認するなら

解体費用の総額を把握するためには、付帯工事費を明らかにする必要があります。 しかし、付帯工事費は、付帯工事内容だけではなく取り壊す建物や立地状況によって価格も変動します。 例えば、建物が密集していて重機の進入ができない場合、手壊しで解体する人件費用が見積りに加算されます。 ですから、明確な解体費用は現地を測量して算出しなければなりません。

私たち一般社団法人あんしん解体業者認定協会が運営する「解体無料見積ガイド」では、お施主様が最適な解体業者を選べるよう、7万5千件以上の解体実績データを元に現場所在地・立地条件・解体時期から厳選した6社を完全無料でご紹介しております。 解体業界の透明化を目指し、お施主様と優良な解体業者様が適切に出会えるよう、生まれたサービスです。 補助金申請等のご相談も歓迎しておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

宮城県気仙沼市 木造解体工事の見積り例

解体工事にかかる費用は、建物本体を取り壊す費用とは別に、付帯工事がかかる場合があります。お家それぞれの状況によって、付帯工事にかかる金額は変わるため、宮城県気仙沼市で実際に行われた解体事例を坪数別に見ていくとともに、どんな項目があるかを確認してみましょう。 実際に業者からお見積りを取る際の参考になさってください。

木造住宅28坪 2階建て

建物の種類/構造 木造住宅2階建て
坪数 28坪
建物解体費用 76万1,022円
総額 155万5,200円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅2階建て 28 27,179 761,022
養生費 108 1,250 135,000
室内残置物撤去 1 97,400
植木・植栽撤去 40 m 2,772 110,880
物置撤去 5 2,940 14,700
諸経費 320,998円
値引き 0円
小計 1,440,000円
消費税 115,200円
合計金額 1,555,200円

木造住宅40坪 1階建て

建物の種類/構造 木造住宅1階建て
坪数 40坪
建物解体費用 115万2,800円
総額 174万2,472円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅1階建て 40 28,820 1,152,800
養生費 116 1,100 127,600
植木・植栽撤去 1 40,000
ブロック塀撤去 47 m 4,957 233,000
諸経費 60,000円
値引き 0円
小計 1,613,400円
消費税 129,072円
合計金額 1,742,472円

木造住宅32坪 1階建て

建物の種類/構造 木造住宅1階建て
坪数 32坪
建物解体費用 116万1,600円
総額 139万3,200円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅1階建て 32 36,300 1,161,600
養生費 1 50,000
植木・植栽撤去 1 25,000
室内残置物撤去 2 10,000 20,000
諸経費 40,000円
値引き -6,600円
小計 1,290,000円
消費税 103,200円
合計金額 1,393,200円

木造住宅34坪 1階建て

建物の種類/構造 木造住宅1階建て
坪数 34坪
建物解体費用 150万2,900円
総額 205万2,000円
品名 数量 単位 単価 金額
木造住宅1階建て 34 44,203 1,502,900
養生費 48 900 43,200
物置撤去 2 40,000 80,000
室内残置物撤去 1 60,000
諸経費 213,900円
値引き 0円
小計 1,900,000円
消費税 152,000円
合計金額 2,052,000円

諸経費の目安は総工事費の1割

見積もりデータを見比べると、物件によって『諸経費』の金額に差があることが分かります。 他の項目はあまり差がないのに対し、諸経費に関しては40,000円~320,998円の幅があり、物件が違うだけで約30万円の差に疑問を感じる方もいらっしゃるでしょう。 解体における諸経費とは、一般的には解体工事をするために必要な細かい費用のことです。 しかし、諸経費の内訳は、業者によって異なるため、どんな費用が含まれているかは一概に断定できません。 そこで、諸経費として挙げられることが多い項目をご紹介します。

  • 解体工事をする上で法律上必要な書類申請にかかる費用
  • 建設リサイクル法の届出、道路使用許可の申請、地域の条例で定められた規則に関する申請についての費用です。
  • 近隣あいさつに掛かる粗品の購入費や人件費
  • 近隣住人へ工事前後に行うあいさつにかかる費用です。近隣トラブルを防ぐために必要なものです。
  • 駐車スペースや足場スペースの借地料
  • 敷地が狭く、トラックや重機のスペースを借りるためにかかる費用です。
  • 損害賠償保険料
  • 現場で事故が起こり人や物に危害を加えてしまった場合に、被る損害について保証するものなので、工事を安全に行うために必要なものです。
諸経費が総工事費の1割以上であれば、なにが含まれているのかを確認する
諸経費の相場は、総工事費の5~10%となることが多いようです。業者によっては、ブロック塀撤去や室内残置物撤去がひとくくりで諸経費としているかもしれません。 そのため、諸経費が10%を超えているから違う業者にするのではなく、諸経費になにが含まれているのかをまず確認しましょう。 参考 諸経費(しょけいひ)|解体用語辞典|【公式】解体サポート諸経費(しょけいひ)|解体用語辞典|【公式】解体サポート

宮城県気仙沼市で利用できる補助金制度

宮城県気仙沼市では、災害危険区域内に居住している方、または東日本大震災時に居住していた方が、災害危険区域外の安全な場所に移転する場合にかかる資金を借り入れた場合の利子相当額等について補助する制度を設けています。 解体工事をする場合、補助限度額は97万5千円とかなり手厚いです。 また、震災の被害で住む家が無くなってしまった方の住宅再建を応援するための制度なので、ただ解体工事をするだけではなく新しく土地や建物を取得する際にも補助金を受けられます。 対象となる条件は他にもあるため、下記の参考リンクから確認してみてください。 さらに詳しい内容は市の担当窓口に問い合わせてみるとよいでしょう。

参考 がけ地近接等危険住宅移転事業の受付について - 気仙沼市役所がけ地近接等危険住宅移転事業の受付について - 気仙沼市役所

まとめ

実際の見積もりデータを参考に、建物本体の解体費や建物本体以外にかかる費用が把握できましたね。「解体費用は想像してたよりもかかるな…」と感じた方も多いと思います。 とはいえ、実際に見積もりを取ってみないと正確な金額はわかりません。 見積もりは必ず複数の解体業者さんに見積もりを依頼し、工事内容や工事金額をじっくり見比べてから、依頼する業社さんを1つに絞るとよいでしょう。 なお、私たちあんしん解体業者認定協会は、解体無料見積ガイドを運営のもと、お客様の要望にぴったりの優良解体業者さんをご紹介しています。解体工事完了までしっかりとサポート致しますので、自分で見積もりを取るのが不安な方は、ぜひご活用ください。

「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん業者から無理な売り込みはなく、見積後のお断り連絡も私たちが代行します。
登録している解体業者は全国1,000社以上、14社に1社の厳正な審査基準を通過した業者のみです。
費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。

解体業者とのやりとりを
すべて代行します

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で相談する

0120-978-952

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談