FAQ 解体費用について

工事後に追加で請求された残置物の撤去費用は支払うべきですか?

残置物の量が、見積り時の想定よりも多かったのであれば追加請求が発生するのは妥当です。

しかし、請求の前に業者から発注者に対して相談がない場合、業者の配慮不足を指摘できるでしょう。


残置物の処理費用

地域差もありますが、4トンのトラック1台当たり5~10万円程度が相場となっています。「ウチにはそんなにゴミは無い」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際のところは30坪ほどの一般家屋であっても、4tのダンプカー1台では足りない程の量が出る場合も少なくありません。


残置物の処理費用を抑えるポイント

解体工事を依頼する際、本来であれば解体する建物の中は空の状態にして工事を開始するのが理想です。

一般の家庭ゴミであれば、自治体の無料引き取りに頼めば済むものもあります。また家具・家電などは、粗大ゴミとして一定の料金を支払えば、同じく自治体が回収してくれます。解体業者に依頼をすると人件費等の兼ね合いもあり、かえって高くなることもあります。

まずは管轄の自治体のホームページにも処分費用の記載がありますので、確認してみましょう。もしくは「一般廃棄物の撤去をしたいです」と、窓口に相談してみると良いでしょう。

それが、解体工事全体にかかる費用を抑えることにも繋がります。

また解体を依頼する際は、可能な限り見積りの段階で残置物の状態・量を現地で解体業者にきちんと確認してもらうようにしましょう。

その他よくいただくご質問

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談