株式会社敬聖工業

Rated 0 out of 5
0

口コミの詳細はこちら

東京都東大和市 株式会社敬聖工業
代表取締役 川﨑敬

東大和市、東村山市を中心に住宅家屋の解体工事を手掛けている「敬聖工業」さん。スタッフは皆さん明るく元気な職人さんたちばかりで、現場にはいつも活気が溢れています。今回はそんな「敬聖工業」の川﨑社長に解体工事について詳しくお話を伺ってきました。

徹底した品質管理と法令の遵守

スタッフ

敬聖工業さんでは主にどのような建物の解体工事を手掛けていますか?

川崎社長

自分たちの専門は木造家屋です。年間では大体40棟くらいのご依頼を頂いています。

スタッフ

すると、ひと月あたりは、およそ2~3棟くらいになりますね。

川崎社長

そうですね。どうしても自分の目が届く範囲でやっていると、受けられるご依頼は限られます。解体一筋で35年以上やっていますが、必ず現場に出て「自分の目で確かめる」というのは欠かしたことがありません。
川崎社長

スタッフ

経験が豊富な社長自ら現場の指揮を取ってもらえるのは心強いですね。ちなみに、解体工事をされる上で、一番大事にされていることは何でしょうか?

川崎社長

やっぱり「丁寧な仕事をすること」です。
なるべく「騒音」や「ホコリ」を出さないのはもちろんのこと、可能な限り廃材を細かく分別したり、安全面に配慮したりして一つひとつの仕事を丁寧にやることが大切だと思っています。

スタッフ

解体工事は「ただ壊すだけ」といったイメージをお持ちの方が多いと思いますが、意外と注意しなければいけない項目が多いんですね。

川崎社長

法律の変更にともなって施工の方法が昔と比べて随分と変わりましたからね。
今では考えられませんが、ヘルメットをしないで作業をするなんて光景もあたり前だったので、今でも当時の印象から「解体=荒い・乱暴」といったイメージをお持ちの方は少なくないと思います。
オリジナルヘルメット

スタッフ

環境面や安全面など、今と昔で変わったことは多いみたいですね。
法律の変更という点では、今後「アスベスト」を含む廃材の処分方法が厳しくなるようですが何か対策はされていますか?

川崎社長

うちでは、外部委託に頼らず、なるべく自分たちでアスベストの有無を正確に判断できるように、「調査者」の資格を取得しました。
なので、使っている建材がわかれば、専門の業者に依頼しなくてもアスベストの有無を把握できる場合があります。

スタッフ

毎回検査に出していると、どうしても見積りの金額は上がってしまいますからね。お客さんには分かりづらい部分ですが、こうした努力の積み重ねで費用を少しでも抑える取り組みをされているんですね。

川崎社長

法律の変更はこれまでに何度もありましたが、その度に柔軟な対応が求められてきました。
解体業界はますます厳しくなっていく印象がありますが、いずれにしても法律に則った正しい施工を今後も続けていきたいですね。

経費削減のカギを握るのは廃材の処分方法

スタッフ

他の業者さんと比較して強みは何だと思いますか?

川崎社長

フロンガスの回収など、本来は他の業者さんに頼むのが一般的な作業も一括してお受け出来るので、余計な中間マージンを抑えられるところです。

スタッフ

依頼が一本化できて費用も抑えられるのは嬉しいですね。ちなみに、費用を抑える上で他にも力を入れている取り組みはありますか?

川崎社長

うちでは可能な限りゴミの分別・仕分けをして廃材の処分費を抑えるようにしています。
業界全体として、廃材の処分費は年々高くなっています。中でも「混合ゴミ」と呼ばれる未分別のゴミは最も処分費が高額なんですよ。
手順の打ち合わせの様子

川崎社長

いかに費用を抑えられるかは、「どれだけ廃材を細かく分別できるか」に掛かっているといっても良いですね。

スタッフ

大量の廃材を細かく分別するのは気が遠くなりますね。とはいえ、法律を守って正しい分別を行っていることは、「不法投棄」などのリスクがないといった信用の裏付けにもなりますね。

川崎社長

どれだけ工事をうまくやっても、結局「安い方が良い」という方は多いですから。
せっかくなら、持ち前の丁寧な仕事で自分たちも納得できる仕事がしたいですね。

近隣への「配慮」と「コミュニケーション」が不可欠

スタッフ

解体工事をやっていて、一番難しいと感じるのはどんなところですか?

川崎社長

近隣の方とのコミュニケーションじゃないでしょうか。
解体工事をする方の多くは、新築工事を控えているケースが多いので、解体をして終わりではないんですよ。
雑談風景

川崎社長

なので、次の工事がやりづらくならないようにするためにも、解体工事をするに当たって近隣の方にご理解をいただくことは難しくもあり大事なことだと考えています。

スタッフ

どれだけ気をつけていても少なからず騒音や振動は出てしまいますからね。

川崎社長

つい先日は、現場近くの幼稚園で卒園式があると聞いたので、工事の日程を空けたところ喜んでもらえましたね。
工事の進捗だけを考えれば作業をした方が費用は抑えられますが、当たり前の配慮や気配りができるかどうかで近隣の方に与える印象は大きく変わるんですよ。

スタッフ

それこそ、近隣からクレームが入って揉めてしまうと工事が思うように進まなくなってしまうケースもありますからね。
作業の指導をする様子

スタッフ

では最後に、これから解体工事をしようと検討している方にアドバイスをお願いします。

川崎社長

解体業者を選ぶ際は金額だけで判断しないようにしてほしいですね。
例えば、アスベストをはじめとする有害物質を正しく処分するにはどうしても追加の作業が発生します。
なので、見積りの項目に漏れがないかしっかりチェックするのがポイントです。
重機の作業風景

川崎社長

ご自身だけで判断するのは難しいとは思いますが、分からないことをそのままにするのではなく、なるべく説明をしてもらって納得してから契約をされるのが良いと思います。

まとめ

川﨑社長に今後の目標や、やりたい取り組みについてお伺いしたところ、「うちは少数精鋭なので、規模を広げていこうとは考えていません」とのことでした。
何でも、効率が全てではなく、「一軒一軒を着実にこなしていく姿勢を今後も変えたくはない」という強いこだわりがあるそうです。
「不法投棄」といった残念なニュースや噂を耳にして、「どの業者に頼めば良いか分からない」とお考えの方は多いと思います。
東大和市、東村山市の周辺で解体工事を検討している方は、法令を順守した確かな施工実績がある「敬聖工業」さんにぜひ相談してみてください。

詳細情報

会社名 株式会社敬聖工業
所在地 〒207-0003
東京都東大和市狭山2-1241-15
代表者名 川﨑敬
電話番号 042-567-5872
営業時間 9:00~19:00
公式HP http://www.keiseikogyo.jp/
資本金 1,000万円
設立日 2005年4月
対応する工事 戸建、内装・原状回復
対応エリア 東大和市、東村山市を中心に応相談
その他 【建設業許可番号】
東京都知事許可:第124798号

【事業内容】
解体工事
レンタルコンテナ
建設機械・車両のレンタル
株式会社敬聖工業を含めた最大6社で見積りを比較する

株式会社敬聖工業の口コミ

Rated 0 out of 5
0
星5つ中の0(0件の評価)
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

まだレビューがありません。

口コミ・評価フォーム

「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん業者から無理な売り込みはなく、見積後のお断り連絡も私たちが代行します。
登録している解体業者は全国1,000社以上、14社に1社の厳正な審査基準を通過した業者のみです。
費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。

解体業者とのやりとりを
すべて代行します

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で相談する

0120-978-952

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談