ユタカ産業

千葉県千葉市若葉区 ユタカ産業
代表 青柳周三様

設備投資だけでも数千万円。最新の技術と設備を武器に解体業界の最先端を行く解体業者さんがあります。今回は千葉県千葉市青葉区に拠点を持つ、ユタカ産業の青柳社長にインタビューをしました。若くして解体工事に触れ、長年解体業界を見てきた社長が考える戦略とは一体?!

今後を見据えた解体工事への戦略

スタッフ

社長が解体業界に入ったきっかけはなんですか?

青柳社長

もともと家業が解体業者をやっていたんですよ。

スタッフ

お父様が解体業者さんだったんですね。社長はいつから解体業界に入ったんですか?

青柳社長

はっきりとはしませんが25歳くらいから本格的に始めました。といっても、若い時から手伝いはしてましたけどね(笑)

スタッフ

代替わりされてからどれくらい経ちますか?

青柳社長

8年ですね

スタッフ

社長に就任された当初苦労したことはありますか?

青柳社長

人手の確保は苦労しました。あとは、重機を揃えるのも大変でしたね。やっぱり、解体業は設備投資がかさみますよ。
青柳社長

スタッフ

通常の重機を解体仕様にすると高額になるそうですね。

青柳社長

そうですね。車体が1,000万円でも、解体仕様のオプションを加えると1,300万円くらいにはなりますね。

スタッフ

すごいですね。現在保有重機は何台くらい所有されていますか?

青柳社長

現在4台をメインで使っています。来月5台が増える予定です。

スタッフ

開業当初と比べて変わったことはありますか?

青柳社長

解体業界全体として言えるのは、廃材の処分費の単価が上がっていますね。特に、最近ではプラスチック関係が高騰しています。中国の輸入停止など世界情勢が関与する部分が大きいようですね。また、千葉県内では昨年あたりから木材の受け入れに制限がかかるなど、リサイクルが追いつかない状況が懸念されています。

スタッフ

解体工事で廃材の受け入れに制限がかかると大変ですね。

青柳社長

そうですね。それでも、年々新しいリサイクル方法が確立されているので解消される見込みはあると思います。ただ、昔に比べると解体工事自体やりづらくなっているのは感じますね。

スタッフ

処分場の受け入れ状態が悪化する中で費用の削減に努めていることはありますか?

青柳社長

直近で取り組んでいるのは配車の数を極限まで減らすことです。廃材を処理場に持ち込む際は、複数回よりも一回にしたほうが安くなります。といっても過積載や不法投棄をするわけではありません。
例えば、2t車よりも4t車、4t車よりも10tで運べばそれだけ一度に運べる廃材の量は増えますよね。さらに、少ない回数で往復できればドライバーさんの経費も抑えられますからね。

解体業者としての使命、仕事へのこだわり

スタッフ

安全面で気を付けている習慣はありますか?

青柳社長

安全対策については色々と気を使っていますが、一番は外注を一切使っていない点です。当社は自社スタッフ、自社機、自社車両で作業をします。
なぜなら、外部の人が入れ替わりで入るとコミュニケーションが上手くいかないからです。私達は、壊れないようにしているものを壊す作業をしているわけですから、重機もそれなりのパワーがあるものを使います。
そのため、一個のミスが容易に事故に繋がってしまうんですよ。だから、アタッチメントの交換1つをとっても使い方を熟知したスタッフ同士で、意思疎通をしっかり取りながら作業ができる環境を完備しています。

スタッフ

解体工事をする上で心がけていること、こだわりは何ですか?

青柳社長

解体工事は、『家がなくなる』のが商品やサービスではなくて、次の利用用途に合わせて施工するのが仕事です。例えば、更地にしたのにこぶし大の石が落ちてたりすると、次の建築屋さんがすぐに着工出来ないことがあります。
私達は、キレイな更地にした上で、次の業者さんに引き渡す必要があるわけです。だから、次にどの業者さんに渡ってもいいように、最後の整地まで責任を持ってやっています。

スタッフ

長年、解体工事に携わってきた社長から見て、解体工事の難しさは何でしょうか?

青柳社長

厳しい作業環境でいかに重機が動ける環境に持っていくかは難しいですね。同じ構造で同じ木造でも、向きや形、敷地の制限があると現場によってやり方を変える必要があるんですよ。
例えば、駅前や繁華街だと、もともと駐車場がないとろもあります。そうなると、車両が入れるスペースを確保するため最初に手壊しが発生します。手壊しをするためには、足場が必要になり、危険な高所作業を伴います。
さらに、カッターや刃物など様々な道具を使うので危険度が増します。そういった中で事故が発生しやすいんですよ。なので、重機が入るまでは特に神経を使いますね。

スタッフ

先程から気になっているんですがあちらの重機は何ですか?
青柳社長

青柳社長

低騒音・低振動で廃材の分別ができるアタッチメントです。

スタッフ

近隣の方への配慮もしっかりされているんですね!

青柳社長

やっぱり解体工事は近隣様合っての解体工事なので闇雲に音を出したり、雑な作業は出来ません。もちろん、近隣の家屋であったり、車であったり、ブロック塀であったり第三者の方を常に意識して、ゼロダメージで作業をこなすよう意識しています。

解体工事を検討している方にアドバイス

スタッフ

解体工事を検討している方にアドバイスをお願いします!

青柳社長

許認可をきちんと保有している解体業者さんに依頼して下さい。実は、許可関係がないまま営業している業者さんが多いんですよ。そういった業者さんは廃棄物の行き先が不透明です。
日本は資源が少ないので、コンクリは分別して砕石にしたり、材木はチップ化して火力発電などに利用されます。ところが、実際は廃材の処分を正しく行っていない業者さんがあるのも事実です。解体業者さんを選ぶときは、透明性を持ったところに依頼して欲しいですね。
解体中

スタッフ

廃棄物の不法投棄は施主様も罰せられる場合があるといいますよね。

青柳社長

解体業者さん選びは慎重に行って欲しいですね。

スタッフ

最後に、今後の目標を教えて下さい。

青柳社長

常に新しい機械の導入と、新しいリサイクルシステムの確立はやっていきたいと考えています。機材は同じ規模の解体業者さんと比べても豊富に揃えています。廃材の処分も自社で保有できるリサイクルシステムを検討中です。
特に重機は、現場数をこなしていけば投資分は最終的に回収できますからね。重機関係は今後も惜しみなく投資していく予定です。現場にもっていっていざ使えないっていう事態が起こると致命的なロスに繋がりますからね。やっぱり常に新しい機械の導入っていうのは必要なのかなって思います。

まとめ

変化を恐れず、常に良いものを取り入れる。最高の環境で最高の仕事を提供する。解体工事をする上でこれ以上の環境は無いのかもしれないと思わせるほどのこだわりを感じました。さらに、リサイクルに関しては今後の資源問題を見据えて様々な取り組みをされています。お近くで解体工事を検討されている方は是非参考にしてみて下さい。

詳細情報

会社名 ユタカ産業
所在地 〒265-0072
千葉県千葉市若葉区谷当町1040
代表者名 青柳周三
電話番号 043-239-1866
営業時間 9:00~18:00
公式HP https://www.s-yutaka.jp
資本金 -
設立日時 -
対応する工事 戸建
対応エリア 市川市、習志野市、八千代市、佐倉市、酒々井町、富里市、八街市、東金市、山武市、九十九里町、千葉市美浜区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市中央区、千葉市若葉区、四街道市、市原市
その他 ■建設業(解体工事業)
葉県知事許可(般-29)第51683号

■産業廃棄物収集運搬業(東京都・千葉県)
許可番号-第166765号

■石綿作業主任者 
第260017号 千葉録第432号
ユタカ産業を含めた最大6社で見積りを比較する

ユタカ産業の口コミ

{{ reviewsOverall }} / 5 総合評価 (7 人)
総合評価4.9
口コミ人数 口コミ・評価フォーム
並び替え:

まだ口コミがありません

確認済み
/ 5
{{{ review.rating_title }}}
{{{review.rating_comment | nl2br}}}

もっと口コミを見る
{{ pageNumber+1 }}
口コミ・評価フォーム

「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん業者から無理な売り込みはなく、見積後のお断り連絡も私たちが代行します。
登録している解体業者は全国1,000社以上、14社に1社の厳正な審査基準を通過した業者のみです。
費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。

解体業者とのやりとりを
すべて代行します

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で相談する

0120-978-952

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談