失敗しない解体工事

解体工事に関する用語集

解体工事に関する様々な用語について解説をします

解体工事の費用・見積りに関する基礎知識

工事の概算見積もりって?

解体工事の概算見積もりとは、おおよその見積もりのことです。
手軽に依頼できるため、多くの方が利用しますが、解体業者を選定する際には賢い方法とは言えません。
その理由と対策をご説明いたします。

概算見積もりの注意点

解体工事の概算見積もりとは、依頼者から受け取った情報・資料をもとに、解体工事に掛かるおおよその金額を算出するものです。つまり解体業者は、実際に解体現場を見ない段階で、工事に掛かる費用を算出することになります。その為、算出された解体費用はあくまでも参考程度であり、必ずしも実際に解体工事を行った際、その見積金額のとおりになるわけではありません。

起こりやすい問題は、いざ解体工事を依頼してみたら、概算見積もりとは異なる金額の請求があがったというものです。実はこういったことは、例え優良な解体業者に依頼したとしても、ありえることなのです。なぜならば、資料だけでは判断しきれない部分が、解体現場では起るからです。それは廃棄物の量であったり、周辺環境による手順変更であったりと様々です。つまり、最終的には現場を見なければ、正確に工事費用を算出するということが難しいのです。

概算見積もりの活用方法

では、概算見積もりなどとる必要はないのかというと、そうではありません。
例えば、こんな方もいるでしょう。

  • 解体工事を行いたいけれど、費用相場が見当もつかずに困っている
  • 解体は先の話なので、ざっくばらんでいいから費用の目安を知っておきたい

そういった場合には、この概算見積もりは適する方法です。解体工事は決して安いものではなく、さらに専門的なことなので、初めての場合は不安も多いでしょう。概算見積もりなら、最低限の情報を提供するだけで、おおよその解体工事費用を算出してくれます。実際に業者まで会いに行く必要もなく、今はインターネットなどでも簡単に見積もり依頼ができてしまいます。

例え正確な工事費用がこの時点で分からなくても、例に挙げたような不安の解消には繋がります。

ただ、解体工事においては、費用はもちろんのこと、解体業者との人間関係も大切です。安心して任せられる解体業者なのかを見極めるためにも、第一歩のコミュニケーションとして実際にお会いしておくことも大切です。また、概算見積もりと現地での見積もりでは金額が大きく異なることも少なくありません。
ですから、何もわからないまま、概算見積もりで判断して解体工事を依頼してしまうと、高額請求や違反工事などのトラブルになる可能性も高くなります。

概算見積もりによって、あらかじめ解消できる不安を理解して、見積もりの取得方法も使い分けることが大切です。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

その他、気になる用語を調べたい方は50音順からお探しください

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談