解体工事の基礎知識

解体工事について
様々な基礎知識をご紹介します

解体工事の挨拶と手土産

解体工事の際の近隣住民への挨拶で、手土産を持っていくべきか?
どのように挨拶すればよいのかをお悩みのあなたへ、解体工事前の挨拶のしかたについてご案内いたします。

挨拶の手土産は持参するべき?

世間一般では解体工事を行う際、工事が着工される前に先ずは近隣住民へ挨拶に伺います。騒音や振動、舞い散るホコリなどでご近所さんには迷惑をかけてしまう事になるため、引越し時などの挨拶以上にその必然性は高まります。
では手土産などは持参するべきなのか、という疑問も出てくるかと思います。結論としては、相手の負担にならない程度の粗品を添えるのが無難でしょう。一般的には洗剤やタオル、菓子折などを持参する人が多いようです。

あくまでも解体工事期間中に騒音や震度等でご近所に迷惑をかけてしまう事に対する謝罪の気持ちを伝える事が大切で、その上で手土産として貰う側が負担にならないような物を持参するようにしましょう。

挨拶に行ったが不在のケースでは?

解体工事が始まってから挨拶に来られても、挨拶に来られる側はやはりいい気はしないでしょう。解体工事前にしっかりとご近所さんへ挨拶に回り、工事概要、緊急連絡先などを伝えます。解体工事開始前に手土産を持って挨拶に回りますが、相手が不在の場合や、解体工事開始前までに、事情によっては何度も訪問できない事もあるでしょう。
その際には事前に作っておいた挨拶状を置いてきます。相手にとって失礼にならない手土産であれば、その際に挨拶状と一緒に添えて置いてきても良いでしょう。そして、後日また改めて挨拶に伺う旨を明記しておきます。良好なご近所付き合いをするためにも、解体工事時の挨拶は非常に重要になってきます。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます
受付:8時~20時(日・祝を含む)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック/ 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、まずは一度ご相談ください。

いつでもお電話をお待ちしております!

0120-324-719

受付:8時~20時(日・祝を含む)通話無料/携帯 PHS可

見積依頼・お問い合わせ

24時間以内に返信いたします

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談