失敗しない解体工事

解体工事に関する用語集

解体工事に関する様々な用語について解説をします

解体工事のトラブルに関する基礎知識

工事前の近隣挨拶と手土産について

解体工事開始前の近隣への挨拶回り

ご近所へ挨拶するうえで絶対に外してはならないのが、工事が開始される前に行うということです。

事前の周知もなく工事が始まると、車両の出入りに関するトラブルが発生しやすくなったり、粉塵によって近隣の車両や洗濯物が汚れたり、他にも騒音や振動にを伴う苦情が出やすくなります。

近隣の工事に対するストレスの矛先は、現場で解体工事を行う解体業者か施主に向けられます。近隣トラブルをなるべく引き起こさないためにも、解体工事が開始される1週間前にはご近所へ挨拶に回り、工事概要・期間を伝えましょう。

解体前に挨拶ができなかった場合は挨拶状を投函

生活リズムが異なるご近所の方の場合、訪問しても中々お会いできないこともあります。不在のお宅は挨拶状を投函しておきましょう。

挨拶状の中には、下記を記載します。

  • 現場所在地(簡易的でも地図があれば親切)
  • 工事期間
  • 騒音、振動、ほこり等でご迷惑をおかけする旨
  • 施工業者の情報、工事中の連絡先
  • 施主名

また、お相手が不在の場合は、改めて挨拶に来る旨をなるべく記載し、実際に訪問するのが良心的です。

挨拶の手土産は持参するべき?

世間一般では解体工事を行う際、工事が着工される前に先ずは近隣住民へ挨拶に伺います。騒音や振動、舞い散るホコリなどでご近所さんには迷惑をかけてしまう事になるため、引越し時などの挨拶以上にその必然性は高まります。

では手土産などは持参するべきなのか、という疑問も出てくるかと思います。結論としては、相手の負担にならない程度の粗品を添えるのが無難でしょう。一般的には洗剤やタオル、菓子折などを持参する人が多いようです。

あくまでも解体工事期間中に騒音や震度等でご近所に迷惑をかけてしまう事に対する謝罪の気持ちを伝える事が大切で、その上で手土産として貰う側が負担にならないような物を持参するようにしましょう。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

その他、気になる用語を調べたい方は50音順からお探しください

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談