失敗しない解体工事

解体工事に関する用語集

解体工事に関する様々な用語について解説をします

石綿障害予防規則

2005年に建築物の解体等の作業における石綿ばく露防止対策を目的に制定された法律。石綿等の使用の有無に関わらず、解体部分の床面積が80㎡以上の建築物の解体工事、または材料費も含めた工事全体の請負金額が100万円以上の建築物の解体・改修工事を行う場合は、石綿の含有の有無を確認するための事前調査が義務付けられている。調査は一般建築物石綿含有建材調査者講習の修了者または同等の能力を有すると認定された者により行われ、一戸建住宅および共同住宅の住戸の内部については、前述の者に加えて、一戸建て等石綿含有建材調査者講習を修了した者であれば調査を行うことができる。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

その他、気になる用語を調べたい方は50音順からお探しください

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談