失敗しない解体工事

解体工事に関する用語集

解体工事に関する様々な用語について解説をします

監理技術者

建設業法の規定により、特定建設業者が元請として4000万円(建築一式工事の場合は6000万円)以上の工事を下請けに出す場合、現場に配置しなければならない技術者のこと。施工計画の作成、工事の工程管理や工事目的物、工事用資材などの品質管理、安全管理に加え、下請け業者の指導監督が主な役割となる。監理技術者になるためには1級の国家資格者または法定額以上の工事について2年以上の指導監督的な実務経験が必要となる。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

その他、気になる用語を調べたい方は50音順からお探しください

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談