失敗しない解体工事

解体工事に関する用語集

解体工事に関する様々な用語について解説をします

許容応力度

建物の構造材に作用しても損傷しない最大の応力度のこと、または損傷が生じているかいないかの判断に用いられる指標のこと。時間や力のかかる方向、建築材料など、いくつか種類がある。長期的にかかる重力による応力度を示したのが、長期許容応力度であり、地震や風による応力度を示したものが短期許容応力度である。また、力のかかる方向が部材に対してどうなっているかを示す指標が、圧縮許容応力度、引張許容応力度、曲げ許容応力度、せん断許容応力度である。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

その他、気になる用語を調べたい方は50音順からお探しください

0120-978-952 8〜20時(土日祝も対応) 通話料無料(携帯・PHS可)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック / 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、
まずは一度ご相談ください。

年間8,400件以上のご相談を承る地域専任スタッフが即日対応いたします。
お持ちの見積書が、高いか安いか、安心できそうか否かは、2~3分のお電話で判断できます。

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談