解体工事における水道管の取り扱い|施主が行う手続きについて解説

解体工事における水道管の取り扱い

「水道管の撤去は、解体工事に含まれるの?」
「水道に関して、解体工事前に行う手続きは何かある?」

解体工事における水道管の取り扱い水道に関連する手続きについて、このような疑問を抱かれるお施主さんは多くいらっしゃいます。結論から言うと、一般的な解体工事においては水道管を撤去することはなく、解体工事前に水道を停止する必要もありません

本記事では、このような解体工事における水道管の取り扱いなどについて詳しく解説していきます。また、水道と同じく生活に欠かせないライフラインである、ガスや電気の取り扱いについても触れています。これから解体工事を行う方は、本記事の内容をぜひご確認ください。

解体工事における水道管の撤去や水道の停止について

解体工事を行う敷地や隣接している道路の地中には、「水道管」が埋まっています。そのため、解体工事のお施主さんからは、以下の点に関して疑問が挙がることがあります。

  • 水道管の撤去に関すること
  • 水道の停止に関すること

通常の解体工事においては、地中に埋まっている水道管(以下、本管)を撤去することはありません。本管は個人の所有物ではなく、水道局の所有物であるためです。また、解体工事中に敷地内の水道を使用するため、解体工事が始まる前に水道の停止手続きを行う必要もありません

「引き込み管」と「水道メーター」の取り扱いについて

本管から各ご家庭に水を引くための「引き込み管」は、個人の所有物です。また、引き込み管と繋がっている「水道メーター」は、水道局から個人への貸し出し物です。 建物内にある引き込み管は解体の際に必ず撤去しますが、本管と繋がっている引き込み管および水道メーターはそのまま残すのが一般的です。解体後の土地に再び建物を建てる際に、再施工の手間や費用の発生を防ぐためです。

解体工事では敷地内の水道を使用する

解体工事中は、粉塵の飛散を防ぐために定期的に散水を行います。散水には敷地内の水道を使用するため、解体工事が始まる前に水道を停止してはいけません

解体工事中に発生する水道代は、一般的な住宅解体の場合で5,000円~10,000円ほどが相場です。この水道代は、原則として解体業者が負担します。ごく稀にお施主さんの負担となるケースもあるので、気になる方は念のため、依頼先の解体業者に確認してください。

なお、解体工事前に水道代の精算を行っておくと、お施主さんが生活用水として使用していたぶんの水道代と支払いを明確に分けることができるため、料金を巡ったトラブルを避けることができます。水道代の精算を行う際は、管轄の水道局に連絡を入れましょう。

解体工事前に水道を停止したらどうなる?

解体工事前に水道を停止してしまうと、解体工事中に敷地内の水道を使用できなくなります。水道が使えなければ、仮設の貯水タンクを用意するなど、何かしらの方法で解体現場に水を用意する手間が発生します。そのぶん、解体費用の見積りが高くなる場合があります。

解体工事に必要な事前調査や届け出

解体工事中に発生しうる水道管の破損等のトラブル防止のため、地中に埋まっている水道管の配管状況について、解体業者は水道局と連絡を取り合い事前調査を行うことがあります。また、解体工事に使用する水は生活用水と区分が異なり、水道代の算出方法などが変わります。そのため、解体工事で水道を使用する旨について、解体工事前に水道局に届け出を行います。

なお、届け出を行うのは、解体工事中の水道代を支払う者(解体業者)なので、お施主さんが行う手続きはとくにありません

解体工事後の水道の閉栓方法を解体業者に確認する

解体工事が完了したら、水道の閉栓を行います。水道の閉栓は、水道メーターの近くにある引き込み管の根本部分の“元栓”で閉栓するのが一般的です。ただし、以下2つのケースに当てはまる場合、例外的に本管での閉栓が必要となる場合があります。

  • 寒冷地における解体工事
  • 区画整理にともなう解体工事

気温が氷点下となる寒冷地では、引き込み管内の水が凍結し地中で破裂するおそれがあるため、引き込み管の撤去を自治体が義務づけていることがあります。また、区画整理による解体工事の場合、区画整理によって水道の経路が大幅に変更される可能性があるため、区画内の引き込み管をすべて撤去するよう求められる場合があります。

ごく稀なケースではありますが、このような場合は地中に埋まっている本管で閉栓を行わなくてはなりません。本管で閉栓を行う場合、本管が埋まっている道路面のアスファルトを剥がす大掛かりな工事が必要となり、その工事費用はお施主さんが負担するのが一般的です。

解体費用とは別に工事費用を用意しなくてはならない可能性があるため、とくに寒冷地での解体工事や区画整理による解体工事を行う方は、水道の閉栓方法について事前に解体業者に確認を取るようにしましょう。

ガスや電気は解体工事前の停止手続きが必要

解体工事における「ガス」や「電気」の取り扱いについても、疑問に感じているお施主さんは多いかと思います。ガスや電気は、解体工事が始まる前に停止手続きを行う必要があります。

ガスの停止手続きは立ち会いが必要になるケースもあるため、スケジュールに余裕を持って停止手続きを行いましょう。電気の停止手続きは、電力会社への電話のみで済ませるのが一般的です。

まとめ

本記事では、解体工事における水道管の取り扱いや、水道に関連する手続きについて詳しく解説してきました。水道管(本管)は個人の持ち物ではないため、解体工事で撤去することはありません。地中に埋まっている引き込み管や水道メーターも、そのまま残すのが一般的です。

また、解体工事中に水を使用するため、解体工事前に水道の停止手続きを行う必要はありません。解体工事後の閉栓方法については、イレギュラーなケースもあるため解体業者に確認を取りましょう。ガスや電気は解体工事前に停止する必要があるため、スケジュールに余裕を持って手続きを行ってください。

「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん業者から無理な売り込みはなく、見積後のお断り連絡も私たちが代行します。
登録している解体業者は全国1,000社以上、14社に1社の厳正な審査基準を通過した業者のみです。
費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。

解体業者とのやりとりを
すべて代行します

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で相談する

0120-978-952

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談