「地中埋設物の撤去」での不当な追加費用を避けるポイント

土中に埋まっているコンクリートやゴミのことを地中埋設物(地中障害物)と言います。家には地中埋設物なんてないよ…と思われるかも知れませんが、実際に建物の撤去工事をしていて地中埋設物が発見された、というケースは少なくありません。

地中に隠れているので建物の撤去工事をしてみないと判断がつきづらいものが多いため、事前の見積もり費用以外に地中埋設物の撤去にかかるお金が追加費用として発生します。撤去や処分が簡単なものは小額の費用で済みますが、地中埋設物の種類によっては数万から高額のものだと10万以上の撤去費用が発生します。

工事業者の中にはこの地中埋設物の撤去を利用して、不正に撤去費用を要求する悪徳業者が存在します。不当な追加請求を防ぐためにも、地中埋設物の種類と悪徳業者の手口を知った上で、安心して撤去工事を任せられる業者を選びましょう。

地中埋設物の撤去理由

チェック項目

予想外の出費となってしまう地中埋設物の撤去費用。見つかって焦ったり、知らないために悪徳業者に騙されることのないよう、地中埋設物について知っておくのが重要です。

なぜ地中埋設物が出てくるのか?

建物の撤去工事の手順として、建物の撤去工事を行った後に建物の基礎の撤去工事をします。基礎は家を支える為に、地中90センチ前後まで埋まっています。地中埋設物は基礎の撤去作業時に地中を掘り起こした際に発見されるため、撤去工事をしないと地中埋設物の有無が分からないのです。

写真のように地中深くまで掘ることで、初めて地中埋設物の有無が分かります。

地中埋設物

地中埋設物がある原因の一つに、以前の建物の工事がずさんであったことが挙げられます。昔の業者の中には撤去工事で基礎を掘り起こしてヘコみができた部分に、廃材処分料を安くする為に工事で排出されたゴミを埋めていた悪徳業者も存在しました。

基礎の撤去中に廃棄物が発見された場合は、通常施主の方へ報告をして撤去作業を行います。

撤去中の廃棄物

掘り起こしてみると残念ながら、大量の廃棄物が発見されることがあります。

大量の廃棄物

地中深くに廃棄物を埋めて大量の土を被せて、上から重機で圧力をかけるので地中に廃棄物が埋まっているのが表面上は分からなくなってしまうのです。その廃棄物が現在の撤去工事で発見されたというケースです。他にも昔の井戸が撤去されていなかった等が、地中埋設物が発見される理由として挙げられます。

地中埋設物を撤去する理由

ショベルカー

地中埋設物の撤去を行わないと、新しく家屋を建てる際に建物の基礎の障害になります。また撤去工事をした後に新しい家屋を建てる時、地中障害物をそのままにしておくと地盤が弱くなってしまいます。

土地を売却した後に地中埋設物が発見された場合、売却後の年数にもよりますが撤去費用は売り主の責任になります。実際に売却後に地中埋設物が発見され、トラブルや最悪の場合裁判に発展することもあります。

撤去工事で更地にはするけれど売却するわけではない場合、大きな地中埋設物が出てきても費用がかかる撤去は免れたいところです。しかし、現在は廃棄物に関する法律が厳しくなっているため、地中埋設物で廃材などが発見された場合はリサイクル法に沿った手順で廃棄をしなければなりません。

撤去工事で更地にした後売却する・しないに関わらず、地中埋設物は撤去する必要があるので、法律に定められている通りの廃棄物の処分を行う撤去業者を選ぶことが重要です。

地中埋設物の種類

地中埋設物

実際の建物撤去工事ではどのような地中埋設物が発見されるのでしょうか。撤去にかかる作業は地中埋設物の種類やサイズ・条件等によって大きく異なります。

発見されることの多い地中埋設物

特に多い地中埋設物としては、ゴミ・コンクリートの塊・瓦など以前の工事で排出された廃棄物が挙げられます。撤去工事や新築工事では、地中埋設物があるかどうかある程度の深さまで確認を行いますが、より深くに昔の地中埋設物があった場合は気づかすに建物を建ててしまいます。

現在は住宅を建てる際以前より深い場所に基礎を作るため、昔の廃棄物が見つかってしまうのです。人為的に埋められた廃棄物以外にも、大きな岩や石が発見されることもあります。

大きな撤去費用がかかる地中埋設物

地中埋設物の中には、大きさにもよりますが撤去費用が数万~稀に数十万かかる地中埋設物も存在します。予想以上に撤去費用がかかる地中埋設物には、どのような種類があるのでしょうか。

建物の基礎
現在建っている家屋の基礎ではなく、今の家屋を建てる以前の建物の基礎が発見されることがあります。撤去工事では現在の家屋の撤去費用は見積りに入っていますが、過去の建物の基礎が発見された場合は撤去に追加費用がかかってしまいます。基礎の種類や残っている基礎の大きさによっては、数十万単位の撤去費用がかかります。
井戸
昔使用されていた井戸が見つかった場合、井戸をすべて取り出し撤去することは難しいため井戸を埋める作業を行います。井戸は正しく埋め立てを行わないと、地盤沈下等の問題を引き起こしかねません。 井戸は神仏的な意味合いを持つと考えられているため、井戸の工事前にお祓いをする方もいます。井戸の埋め立ては、井筒を撤去して砂利や土を使用して埋めます。単に埋めれば良いという作業ではないため、井戸の埋め立ての方法を詳しく説明してくれる業者に工事を任せないと、後からトラブルになる可能性があります。

井戸などの地中埋設物があった場合は、撤去工事業者に下記写真のような見積書を出してもらうことがトラブルを防ぐ方法の一つです。井戸の大きさや条件によって撤去費用は大きく異なるので、一例としてご参照下さい。

見積書

浄化槽
浄化槽とは汚れた水を下水に流す際、浄化をする設備のことです。浄化槽は下記の写真のように地中に埋まっている為、掘り起こして撤去する作業を行います。

浄化槽

実際に撤去した浄化槽です。オレンジ色のシャベルと比較すると浄化槽のサイズが想像出来ます。

浄化槽

浄化槽が条件の悪い場所にある、又は鉄筋コンクリート製の大きなサイズの浄化槽や複数の浄化槽があった場合、10万円前後の撤去費用がかかることもあります。

枡(ます)
敷地内にコンクリートの蓋、もしくはプラスチックの蓋は設置されてませんか?これは「枡(ます)」といいます。庭に隠されている場合もあり、目視で発見できない時は、建物図面で有無を確認するといいです。枡は排水系の点検や清掃用に設けられている設備で、各配管(トイレや浴室、キッチン、雨樋など)に様々な用途で設置されています。お庭にある、コンクリートの蓋や小さなプラスチックの蓋の下に埋まっています。

地中埋設物以外の追加費用

地中埋設物以外にも、後からの撤去工事には追加費用が発生する工事があります。しかし追加費用にも正当な理由がある場合と、不当な追加費用を請求されトラブルになる場合があります。

可能性のある追加費用

地中埋設物以外の追加費用としてアスベストが挙げられます。建物にアスベストが使用されていた場合、法律に基づき決められた規準で撤去作業と廃棄処分をすることが義務付けられています。

アスベストは大きな健康被害を及ぼす可能性があるため、アスベストがあった場合はレベルにより適切な除去を行います。アスベストがあった場合にはレベルによっては高額な除去費用が発生します。

ただし業者によってはアスベストへの理解が低く、通常より高額なアスベストの撤去費用を請求する可能性もあるため、アスベストが発見されたとしてもレベルに合った作業内容と撤去費用かを確かめる必要がります。

工事依頼後の金銭トラブルを防ぐためにも、アスベストがあった場合の手順や費用について、事前に業者と話し合いをしておくことをお勧めします。

追加費用 解体工事の追加費用では定番?!アスベスト除去費用で最低限知っておくべきこと

追加費用のトラブル

追加費用のトラブルには見積書が大きく関係します。建物の撤去工事を依頼する前に、業者に撤去工事が幾らかかるのかの見積もり書を提出してもらいます。

工事業者によっては「だいたい○○万円ですね」と見積もりを口頭で伝える業者も存在します。特に工事を行う現場を見ずに電話などで見積もり金額を伝えらた場合、後から追加費用が発生する可能性が高くなります。

建物の撤去工事は家屋の大きさだけで決まるわけではなく、立地や建物の構造等の要因によって費用が異なります。その為実際に現場に行って家屋を見て、木や塀など家屋以外に撤去するものはないか・処分するものはどのくらいあるか等の確認を行わないと、見積りと実際の費用に大幅なズレが生じてしまいます。

また見積書が一括○○万円と記載されている見積書は、追加費用のトラブルに発展する可能性を含んでいます。一見撤去工事にかかる全ての料金が含まれており、わかり易く感じます。しかし何に幾らかかるのかが記載されていないため、追加費用があった場合もトラブルが起こりやすくなってしまいます。

アバウトな見積もり書を出す業者は全て悪いという訳ではありませんが、追加費用のトラブルを避けるためには、細かく何に幾らかかるのかの見積りを書面で出してもらうこと・又は出してくれる業者を選ぶことをお勧めします。

安心できる撤去工事業者の選び方

地中埋設物を撤去するという連絡もなく、後から高額な追加費用の要求をされたという被害も報告されています。

注意
「地中埋設物があったので撤去しました。追加費用として○万をお支払い下さい。」

こんなトラブルを避けるためにも、信頼できる撤去工事業者を選ぶことが重要です。悪徳業者の手口を踏まえて、安心して工事を任せられる業者の選び方を知っておきましょう。

悪徳業者の手口

地中埋設物が発見された場合、撤去工事業者は「地中埋設物がありました」という報告をした後に撤去に取り掛かります。しかし業者の中には、地中埋設物が見つかっても報告せずに、撤去後に割増した撤去費用額を、追加費用として請求する悪徳業者も存在します。

もっと悪質な場合は、地中埋設物の偽造を行い、もともと地中埋設物があったよう偽って撤去費用を請求してきます。

撤去工事工事前に安い金額を提示しておいて、工事後に理由をつけて不当な追加費用を請求する方法は、悪徳業者の手口の一つです。あまりに安い値段を提示する業者は、追加費用を請求する目的がある場合も考えられるので、業者を選ぶ際には注意が必要です。

不当な追加費用を防ぐ方法

言い争い

建物の撤去工事を依頼する前に受け取る見積書には、地中埋設物がある可能性と地中埋設物の撤去には追加費用がかかることが明記されていることが多いです。しかし「追加費用は別途」と書かれているだけで詳しい説明がない場合もあります。

見積もりの際には、地中埋設物があった場合、どのような対応を取り費用はどの位掛かるのかを聞いておきましょう。適切な料金で撤去が行われるように、工事の前に「地中埋設物があった場合は連絡を下さい」と予め話しておくのもポイントです。

また、もし撤去工事の最中に地中埋設物が発見された場合は、撤去にかかる費用の見積りを出してもらい、実際に現場を見せてもらうか写真に残してもらうことで、不当な追加費用のトラブルを防ぎましょう。

信頼できる撤去工事業者

安心できる撤去工事業者を選ぶために、業者との顔合わせの際などに見積書以外に下記の点にも注意することをお勧めします。

許可を保有している
建物の撤去工事業を営むためには建設業の許可を持っているか、解体工事業の登録を受けるかのどちらかが必要です。許可を所有していても、期限が切れている・エリア外の範囲で撤去工事を行っているような業者ではないことが、業者を選ぶ大前提です。
近隣対策と安全対策が万全
撤去工事は騒音や振動が起きるため、ご近所とのトラブルが発生するケースがあります。近隣への挨拶やマナーを守るなどの近隣住民への対策を行っている業者を選びましょう。安全対策はしているか、万一に備えて事故を保障する賠償保険に加入しているかどうかは、安全に対する意識を図る一つの指標になります。
マニフェストの約束
撤去工事を行ったときには大量の廃棄物が排出されます。この廃棄物が正しく処理されたことを証明するのがマニフェストです。マニフェストは法律により処理までの過程が記録されており、最終的に撤去工事業者の手元に保管されることが義務付けられています。そのためマニフェストの提出を書面で約束できるか事前に聞くここが、不法投棄が行うような悪徳業者ではないかを知る方法の一つです。

撤去工事業者のホームページを見ることや、直接業者に質問をすることで上記の点を確認することが出来ます。安心できる業者を選んで、撤去工事で起き得るトラブルを未然に防ぎましょう。

3つのポイント 失敗しない優良業者の見分け方!抑えるポイントは3つだけ!

まとめ

地中埋設物は実際に撤去工事をして、地中を掘り起こさないと判断ができないケースが多いため、撤去費用にまつわるトラブルが起こりやすいと言われています。地中埋設物の種類によっては、数万から数十万と高額な撤去費用が掛かることもあります。

追加費用を不当に請求してくる悪徳業者も存在しますが、施主と撤去工事業者の認識の違いにより追加費用のトラブルが発生する場合もあります。意思疎通のズレをなくすためには、家屋以外に撤去するものはないか・処分するものは何かを含め撤去工事前に話をした上で、細かく何に幾らかかるかを明記した見積書を作成してもらいましょう。

地中埋設物の撤去費用を不当に請求される・見積もりと大幅なズレが出てしまう事のないよう、信頼できる工事業者を選び追加費用に関する話し合いをしておくことで、地中埋設物の撤去に関するトラブルを事前に防ぎましょう。

「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん業者から無理な売り込みはなく、見積後のお断り連絡も私たちが代行します。
登録している解体業者は全国1,000社以上、14社に1社の厳正な審査基準を通過した業者のみです。
費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。

解体業者とのやりとりを
すべて代行します

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で相談する

0120-978-952

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談