株式会社石井商事

Rated 0 out of 5
0

口コミの詳細はこちら

神奈川県横浜市泉区 株式会社 石井商事
代表取締役社長 石井賢士様

大型重機とトラックが無数に停まっている敷地は遠くからみても圧倒的な貫禄があります。この記事では、解体業界の大ベテランである石井商事の石井社長にインタビューをしてきました。 解体工事35年以上のキャリアを持つ石井社長と一緒に振り返る解体業界。さらに、今後の石井商事さんの目標にについてお話して頂きました。

未経験から解体業界に参入

スタッフ

社長が解体業界に入ったきっかけを教えて下さい

石井社長

私の父は運送屋を営んでいましたが、燃料代の高騰で父の本業が振るわなくなってきたんです。その時、父から「一緒に何か始めないか」と誘われて二人で事業を立ち上げました。
当初いくつか候補がありましたが、たまたま解体工事をやっている人から「仕事は切れずにあるし意外といいよ」と聞いたのがきっかけです。当時は解体工事をやってるところがあまりなかったんです。

スタッフ

全くのゼロから解体業界に参入したんですか?

石井社長

そうですね。私はそれまで自動車の販売をやっていたので解体工事についてはさっぱりでした。父親も運送屋なので全くの未経験です。最初は、解体業者の下請けをしたり、名刺を作って不動産屋に営業したりして仕事をもらっていました。

スタッフ

独立当初からお仕事は順調でしたか?

石井社長

いいえ、最初は勝手が分からず苦労しましたよ。
解体工事はただ闇雲に壊せばいいってもんじゃなくて、建物の仕組みを把握していないと上手に解体きないんですよ。特に手壊しでやる場合は、効率よくきれいに解体していく必要があります。同じ場所を壊すにしても、どこで切断するのか考えて進めていかないと、廃材がバラバラになって余計な手間がかかってしまいますからね。
トラック

スタッフ

最初は手壊しから始めたんですか?

石井社長

重機がなかったので普通なら重機が入るような所も手壊しでやっていましたよ。でも、当時はまだ重機解体より手壊しの方が主流だったのもあります。結果的には、手壊しで培った技術は重機を扱うようになってから大変役に立ちましたよ。結局、手壊しができないと重機を使ってもきれいに解体できないと後になって分かったんです。

スタッフ

開業当初、何が一番大変でしたか?

石井社長

建物の上屋を壊すのはそれほど難しくなかったですが、基礎を手で壊すのは大変でしたよ。
レンタルで重機を借りても高いですし、最初は借りてみたけど乗ったことはないし使い方が分からない。
さらに、アタッチメントは今ほど充実していなかったので使い勝手が限られてたんですよ。

スタッフ

昔と今で変わったことはありますか?

石井社長

廃材の処分に関してはどんどん厳しくなっています。35年前も中間処理場はありました。でも、昔はきちんと分別して持っていけば使える資材にはお金をくれたんです。それがしばらくして無料になって、今はでは廃棄物扱いでお金がかかるようになってしまいましたね。

スタッフ

昔は処理場からお金がもらえたなんて今では考えられないですね。

石井社長

後から色んな有害物質が分かってきて、あれはダメこれはダメと区別されるようになりました。
特に、平成12年に建設リサイクル法ができてから廃材の分別は年々厳しくなっていますよ。
石膏ボードの処分でもJISのロット番号を見て。いつ、どこで作られたのか調べてから適切な方法で処分しなければいけません。処理場でも確認をされます。

解体業者としての使命

スタッフ

時間の経過に伴って、解体工事がどんどんやりずらくなっているのは確かですね。

石井社長

お客様は捨てるものにはお金をかけたくないって気持ちがあるんですよ。
その気持ちは分かります。
だから、どうしてもお客様は価格の安い解体業者を選びがちです。
もちろん、多くの解体業者は少しでも価格を抑える為に処分費用が安い処理場を探します。

でも私たちが持っていくのはリサイクル率が高いところなんです。
どんなに難しい状況になっても法律や決まりはしっかり守る。
さらに、自信を持って提供できる品質を担保する。
そこにコストが掛ったとしてもこれだけは徹底しなければいけないと思ってます。

アタッチメント

スタッフ

安全面で気を付けている習慣はありますか?

石井社長

安全大会は付き合いの数だけあるので、定期的に参加していますよ。でも実際、現場の職人たちはどれだけ「安全帯をしなさい」「ヘルメットして、あご紐付けなさい」といってもやっぱり楽な方を選ぶんですよ。

だから、高所作業の際は安全帯を付けている写真を現場で撮って送ってもらい、私がそれをチェックするんです。

スタッフ

社長自らがチェックするなら現場の職人さんたちも気を抜けないですね

石井社長

いや、それでも中には途中で外すものがいるので、安全帯を使っている写真も撮って一緒に送らせています(笑)

つい転落の事故は、何十年も前からずっとあるでしょう?
だから私はベテランにも新米にも毎回言うんです。
これは繰り返し言わないとダメなんですよ。

スタッフ

心掛けていることや習慣はありますか?

石井社長

毎回工事の後にお客様からアンケートを取っています。
建設業、造園業、タイル業など、何かを作る工事はよく評価されたり表彰されたりするものです。でも、壊す工事は評価されないんですよね。

もちろん、会社として無事故でやってきたことの表彰はいっぱいありますけど、個人が評価されることはないんです。

だから、朝礼でお客様から頂いたアンケートを読んであげると皆喜ぶんですよ。特に、若いスタッフがすごく喜んでくれますね。

解体工事への思いと今後について

スタッフ

長年解体工事に携わってきた社長から見て、解体工事の難しさは何ですか?

石井社長

解体工事と聞くと乱暴なイメージがあるかもしれませんが、実はすごく繊細なんですよ。
例えば、作業をして道路を汚してそのままにしてたらどうでしょう?騒音が原因で近隣住民から苦情がきたらどうでしょう?お客様に喜んでもらえないんですよ。
私達は常にお客様目線で作業を進めないといけないんです。だから、私は解体工事をサービス業だと思ってます。

スタッフ

建物を撤去するだけではないということですね。

石井社長

時には、遠方に住んでいて解体現場を見に来れないお客様もいます。
そのような場合は、進捗をデジカメで撮ってメールで送ってあげると安心してもらえます。

お客様目線でやるとなれば必然的にやることが増え、手間もかかります。でも、私達がやってるのは工事なので商品や製品を作るのとは違うんですよ。やっぱり値段だけじゃない部分っていうのがありますね。

スタッフ

今後の目標を教えて下さい。

石井社長

技術を高めて、もう一歩お客様に喜んでもらえる会社にしたいですね。
スマホやパソコンを使っていてもバージョンアップが定期的に来るように、世の中は常に進化していくものなんですよね。やっぱり進化って止まらないんですよ。

幸い、私の会社では若いスタッフが切磋琢磨して技術を高め合っています。他の会社を辞めて、わざわざ自分たちの会社を頼って来てくれる職人もいます。

もっと規模を大きくしたいとかはあまりないですが、質を高めてより良いサービスが提供できる会社にしたいと思います。

スタッフ

品質の向上は永遠のテーマということですね。勉強になります。

石井社長

あとは若い子を育ててあげたいです。
若い子たちが将来解体を続けていきたい!と思える会社にするのも私の役目ですからね。

本当は自分が直接教えてあげられればもっと早く上達するのでしょうが、間に責任者を挟んでいるのでそうも行きません。

責任者は彼らで、私の手前どうやって工期を早められるか考えているでしょうし、誰をどの位置で作業させたら上手く行くのかも考えられなければいけません。

いずれにしても、せっかく始めたこの会社が自分の代で終わるのではなく、次の世代に繋げて行きたいですね。

まとめ

解体業者さんとして確かな実績を築きながらも、決して慢心することなく技術や品質を高め続けようとする石井社長。インタビューを通じて並々ならぬ使命感を感じました。
お父様と作り上げた石井商事が、今後も末永く地域の方に愛される解体工事のトップ企業であり続けて欲しいです。

詳細情報

会社名 株式会社石井商事
所在地 〒245-0017
神奈川県横浜市泉区下飯田町730-1
代表者名 石井賢士
電話番号 045-802-7431
営業時間 9:00~18:00
公式HP https://ishii-syouji.co.jp/
資本金 2,000万円
設立日 1963年8月1日
対応する工事 戸建
対応エリア 横浜市泉区、横浜市戸塚区、横浜市栄区、横浜市港南区、藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎市
その他 【建設業許可】
神奈川県知事許可(般-3)第64881号:解体工事業、とび・土工工事業

【産業廃棄物収集運搬業許可】
東京都:第13-00-024751号
神奈川県:第14-02-024751号
株式会社石井商事を含めた最大6社で見積りを比較する

株式会社石井商事の口コミ

Rated 0 out of 5
0
星5つ中の0(0件の評価)
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

まだレビューがありません。

口コミ・評価フォーム

「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん業者から無理な売り込みはなく、見積後のお断り連絡も私たちが代行します。
登録している解体業者は全国1,000社以上、14社に1社の厳正な審査基準を通過した業者のみです。
費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。

解体業者とのやりとりを
すべて代行します

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で相談する

0120-978-952

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談