店舗解体の費用 飲食店などの設備の処分費とあわせて解説

店舗解体

店舗として利用していた一軒家が老朽化して解体を検討している方や、賃貸物件の返却に伴い店舗の原状回復を検討している方など、店舗の解体をお考えの方は多いと思います。

この記事では、店舗の解体に関する費用相場や、店舗の解体に伴う費用が変動する要因について紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

一軒家の店舗解体の見積り例

一軒家を店舗にしている場合や、住宅の一部を店舗にしている場合など、建物の構造や条件によって必要な解体費用は変わります。

実際に一軒家の店舗を解体した事例を見てみましょう。

木造店舗の解体費用(埼玉県ふじみ野市の小料理屋)

もともとは小料理屋さんとして利用されていましたが、空き家となっていた一軒家です。

築50年ほどが経過しており、老朽化がかなり進んでいて雨どいなどが外れそうな状態でした。

なお、残置物などはなく、室内の片付けは完了していました。

構造 木造2階建て
坪数 20坪
解体費用/坪単価 32,175円
費用総額 1,200,000円

木造店舗の解体費用(東京都八王子市のお茶屋)

所有者のお父さんが営んでいたお茶屋さんの解体工事で、建物は雨漏りが酷く、改めて貸し出しするのは不可能とのことで解体工事に至ったご依頼です。

工事後は、更地を駐車場にする予定で砕石敷きなどの追加のご希望がありました。室内は清掃業者が入り、何もない状態で見積りを行っています。

構造 木造2階建て
坪数 11坪
解体費用/坪単価 49,445円
費用総額 1,210,000円

木造店舗の解体費用(栃木県佐野市の八百屋)

閉店している八百屋さんの店舗解体で、老朽化が進んでおり解体して駐車場にするご依頼でした。隣の建物との間にあるブロック塀は共有でしたが、ピッタリくっついていて施工には注意が必要でした。

構造 木造1階建て
坪数 18坪
解体費用/坪単価 22,361円
費用総額 649,000円

木造店舗の解体費用(茨城県つくば市のクリーニング店)

所有者のお父様が購入した元クリーニング屋さんの店舗解体です。

強風の影響で屋根の一部が飛んでおり、室内には残置物も残っている状態でした。

なお、こちらのご依頼は近隣の方から苦情が入ったことで解体工事に至ったそうです。

構造 木造1階建て
坪数 30坪
解体費用/坪単価 28,500円
費用総額 1,365,100円

現状回復を伴う店舗解体の見積り例

では次は、一軒家ではなく賃貸した場合の店舗解体についてです。

賃貸物件やテナントの返却といった、原状回復を伴う店舗解体では、内装のみを撤去する場合とスケルトン工事まで行う場合とで、大きく2つのパターンが想定されます。

なお、同業者が居抜きで賃貸契約をする場合はスケルトン工事ではなく、内装のみの解体で済む場合があります。

内装のみの見積り例

構造/地域 床面積 解体費用/坪単価 費用総額
鉄骨造/東京都武蔵野市 17坪 30,911円 525,490円

スケルトン工事の見積り例

構造/地域 床面積 解体費用/坪単価 費用総額
木造/東京都世田谷区 34坪 39,147円 1,331,000円

上記の表は、東京都で行われた店舗解体工事の見積り例です。

なお、飲食店と美容室で備品の種類が異なるように、オフィスの事業形態によって工事の中身は変わります。そのため、一概に広さだけで解体費用を把握することは難しいと言えます。

また、解体業者の経験やノウハウによっても見積りの金額に差異が生じます。依頼主が工事費用を安く抑えるためには、あらかじめ複数の業者から相見積りを取ることをお勧めします。

工事の手続きや流れについてはこちらの記事も参考にしてください。

内装解体内装解体工事の費用相場

店舗解体の流れ

事前にやるべき項目とその順番を整理しておくことで店舗の解体をスムーズに進めることができます。具体的な流れは以下の通りです。

管理者との打ち合わせ

店舗の解体が決まったら、まず初めに行うのがオーナーや管理者との打ち合わせです。

原則的には事前に交わした賃貸借契約のもと、原状回復やスケルトン工事を行います。

ただし、次の入居が決まっている場合や、引き続き同業種の入居が見込める場合は、例外的に一部の設備を残せる場合があります。

そのほか、工事範囲の再確認も踏まえて必ずオーナーや管理者と事前に連絡を取りましょう。

店舗内の設備の撤去

打ち合わせにより工事の内容が決まったら、まず店舗内の設備を撤去していきます。

テーブルや椅子、厨房内の設備、不用品などなど、限りなく店舗内が何もない状態になるよう撤去していくのがポイントです。

なお、不用品の処分は業者に依頼することもできますが、費用が割高になる場合があります。余裕がある方はご自身で取り組まれてみてください。

また、オーナーや管理者と相談のうえ、ご自身が購入した設備を一部残すことになった場合でも、退去後は所有権がオーナー側へ移ってしまうので注意しましょう。

ライフラインの停止

工事の前に、電気、ガス、インターネットなどのライフラインの停止やケーブルなどの撤去の手続きが必要です。工事は建物だけではなく、設備の部分も撤去する必要があるためです。ライフライン停止の手続きは、工事施行の1週間前までには終えるようにしましょう。水道は工事中に使用するため停止しない場合があります。

店舗内の内装と床材の撤去

設備の撤去が終わりライフラインの停止も済んだら、続いて内装と床材を撤去していきます。

柱や床材の撤去は斫り工事と呼ばれ、主に手作業や小型の重機でコンクリートを砕いていく作業がメインです。しかし、斫り工事は騒音や振動を伴います。そのため、苦情やクレームを受けやすいので注意が必要です。状況によっては、他店舗の営業時間を避けて工事を行うようにしてください。

その他、防音対策はもちろん、同じテナントビル内の関係者には事前の告知も忘れずに行いましょう。

店舗解体の費用が高くなるケース

店舗の解体費用が事前の見積りより高くなる理由として、以下のような理由があります。

店舗内に残置物がある

解体する店舗にエアコン・冷蔵庫・洗濯機などの家財道具や厨房、椅子、テーブル、カウンターといった店舗の設備が残っていると、撤去と廃棄物処理に追加費用が発生します。

店舗解体費用を少しでも抑えるためには、リサイクルを利用するなどして、室内残置物を自分で撤去する工夫をしてみましょう。

室内残置物の撤去方法はこちらの記事にまとめています。

残置物の処分 残置物の処分は?解体工事の前に今からできる節約術

スケルトン工事などの追加工事が発生する

店舗解体を進める工程で、壁の下地などを壊すスケルトン解体に切り替わる可能性があります。

これは現状復帰のために必要な作業であれば追加され、費用も増加します。

貸主・解体業者と解体する部分について、綿密な打ち合わせをすることが後々の費用トラブルを防ぐために大切です。

内装にアスベストが使われている

店舗の内装にアスベストが使われていた場合、特殊な撤去作業が必要になる場合があります。そのため、処分費用が高くなる恐れがあるので注意が必要です。

特に、店舗やビルの梁や柱には、最も飛散性の高い「吹付けアスベスト」が使われているケースがあります。

店舗内は空気がこもりやすく、飛散したアスベストが原因で思わぬ事故に繋がるケースもあるので、アスベストの有無は現地調査で事前にしっかりと確認してもらってください。

個室や小上がりなどレイアウトが複雑な店舗

店舗によっては、個室を追加したり、小上がりがあったりして間取りが複雑になっている場合があります。そのため、店舗の構造によっては撤去作業に手間が掛かったり、処分する廃材が増えて費用が高くなる恐れがあります。

エレベーターが設置されていないビルに入居している店舗

路面店と違ってビルや施設に入っているテナント店の場合、機材や廃材を運ぶトラックを直接お店の前に付ける事ができません。

そのため、2階以上の立地でエレベーターがないテナント店舗の場合、機材や廃材の運搬に手間が掛かってしまい、人件費が高くなってしまうケースがあります。

店舗が賃貸の場合は契約期限に気をつける

賃貸契約で借りている店舗の場合、契約期間内に原状回復を行う必要があります。

工事が間に合わず期日を超過した場合は、違約金や追加の賃料支払いも生じるため、解体業者選びは余裕をもって始めることをおすすめします。

業者の選定・依頼・見積り・契約・着工という流れになりますので、1ヶ月程度は見積もっておきたいところです。

店舗解体にかかる費用についてのまとめ

店舗の解体工事は、あらかじめ必要な費用を把握しづらい工事です。

かかる費用を抑えたい方は、複数の解体業者から見積りを取ることをおすすめします。

解体業者の選定期間は1ヶ月程度の余裕を持ち、事前に廃棄物の処分をしておくなどの工夫も効果的です。

賃貸契約の場合、契約期限について事前に確認して、解体業者に伝えるようにできるとスムースに工事が進むでしょう。

「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。もちろん業者から無理な売り込みはなく、見積後のお断り連絡も私たちが代行します。
登録している解体業者は全国1,000社以上、75社に1社の厳正な審査基準を通過した業者のみです。
費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。

解体業者とのやりとりを
すべて代行します

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で相談する

0120-978-952

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)

私たちのこれまでの経験を
少しずつ書きためました。
以下メニューもぜひご覧ください

見積依頼・資料請求・ご相談

見積依頼・資料請求・ご相談