解体工事の基礎知識

解体工事について
様々な基礎知識をご紹介します

鉄筋コンクリートの解体工事

鉄筋コンクリート造(RC造)の解体は、コンクリートと鉄筋が複合されているため、
大型重機が必要となり手間も相当なものとなってきます。
そのため、解体費用も木造や鉄骨造のものと比べ割高です。

鉄筋コンクリート建造物(RC造)とは?

鉄筋コンクリートの解体は、RC解体とも呼ばれることがあります。鉄筋コンクリート建造物をRC造と呼ぶこともあるからです。
意外と誤解されやすいのですが、鉄骨造と鉄筋コンクリート造は全く異なる工法で作られた建造です。同じものだと考えていた人も、多いのではないでしょうか。

鉄筋コンクリート造の建物は、組み上げた鉄筋を芯とし、そこにコンクリートを流し込んで柱とします。このように鉄とコンクリートを組み合わせることで、高いレベルで強度を担保できます。しかしこのことが、解体をおこなう際に厄介な障害となってきます。

リサイクル法などの改正により、解体時に出た廃棄物は分類してリサイクルしなければなりません。そのため、鉄筋コンクリート造の柱は解体作業時にコンクリートと鉄に分けて処理場に運搬するか、もしくは鉄筋コンクリートのまま処理場へ運搬して、処分場で鉄筋とコンクリートに分別・処理します。いずれにしても、処分するためのコストが木造や鉄骨造にくらべて高額になるのが特徴です。

通常はユンボで柱を少しずつつぶしていきますが、柱は極めて剛強に作られているため、解体は一筋縄ではいきません。

解体後に鉄筋は業者に持ち込めばお金になりますが、鉄骨ほどの価値はないので、それほど期待しないほうがよいでしょう。コンクリートを完全に除去するのは難しいので、鉄として再利用しにくく価値が下がってしまうのです。

鉄筋コンクリート建造物(RC造)の解体工事の注意点

基本的に木造や鉄骨造の建物の場合、材料や建物の構造は比較的単純だといえます。そのため、解体に要する器具や人員も限られています。一方で鉄筋コンクリート造の解体は、コンクリートと鉄筋が複合されているため、大型重機が必要となり手間も相当なものとなってきます。そのため、解体費用も木造や鉄骨造のものと比べ割高です。

柱の太さや本数、建物自体の造りなどによって解体費用は変わってきますが、戸建ての場合は坪単価4~8万円程度が解体費用の目安となってきます。小規模ビルや商業用不動産物件の場合、階数が高くなるほど解体費用が高くなってきます。

鉄筋コンクリート造の解体は大がかりな工事となることが多く、近所への騒音が発したり、ときに作業は危険も伴ったりします。壁倒しをおこなう際がもっともリスクが高く、内側に重心を保ちながらワイヤーでバランスを取って作業を進めなければなりません。このときに大量に粉塵(ふんじん)が発生するので、粉塵への対策も必要となってきます。

また、法律に基づいた特定建設作業届けを作成・提出したうえで着工しなければなりません。こうした事情から、解体業者の選定は、他の解体工事依頼時に増してより慎重になる必要があります。

解体無料見積ガイドでは、鉄筋コンクリート(RC)などのビル解体にも対応しております。まずは無料でお見積りください。また、解体工事に関するご相談も24時間受け付けていますので遠慮なくお問合せください。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます
受付:8時~20時(日・祝を含む)

お見積依頼はもちろん、お手持ちの見積書チェック/ 解体業者の評判 /
工事費用や相場 / 補助金 / 不用品処分 / 相続など、まずは一度ご相談ください。

いつでもお電話をお待ちしております!

0120-324-719

受付:8時~20時(日・祝を含む)通話無料/携帯 PHS可

見積依頼・お問い合わせ

24時間以内に返信いたします