1. トップページ
  2. >
  3. 失敗しない解体工事
  4. >
  5. 解体工事の「低品質」と「高品質」を比較検証

解体工事の「低品質」と「高品質」を比較検証

「安全に、しっかりと解体します!」とうたいながら、”工事品質が低い解体業者”は存在します。

一昔前は、解体した際に出たゴミを解体現場の地中に埋めてしまったり、山林に捨てるといった悪徳業者による不法投棄が横行していました。
法の改正や国の監視が厳しくなり、未だにゼロではありませんが、以前より不法投棄は減っています。

しかし、違法行為こそ行っていなくても、現場の安全対策を行わない、近隣への迷惑を考えずに作業する、仕上げがずさん、事故につながる危険行為を行う…といった品質が低い解体工事を行う業者はいまだに存在し、表に出ている情報だけで判断するのは難しいです(これまでに何千社もの解体業者を見てきた私たちプロでも判別がつきません)。

そういった解体業者に依頼した結果、近隣トラブルや想定外の追加費用が発生するケースは後を絶ちません。新築や売却など、解体後の予定に影響する危険性もあります。

この記事では、「低品質」と「高品質」の解体現場を比較検証し、依頼者にどういった事態が起きてしまうのか、トラブルの影響をお伝えいたします。
低品質な解体業者に依頼して失敗しないためのポイントもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

「低品質な解体工事」とは?

散乱した廃材

そもそも、なぜ低品質な工事を行うのか…?

解体費用は大半は、廃棄物処分費用と人件費が占めています。これらを抑えることができれば当然、解体業者の利益が増えます。
低品質な解体工事を行う業者は、安い金額で依頼者から工事を受注し自社の利益を残すために、廃棄物処分を適切に行わない、安全対策や人員にコストをかけないなど、あらゆる手段をつかって経費削減をしています。
低品質な解体工事を行う業者が不法投棄などの違法行為を行う危険性は大いにあります。業者が不法投棄を行った場合、工事を依頼した本人が罰せられることもあるため、依頼者にとって深刻な問題です。

解体工事の「低品質」とは?

「更地の仕上がりで地価が変わる」のページでも書きましたとおり、一口に解体業者と言っても、仕上がりには大きな差があります。平成14年に建築リサイクル法で義務づけられた分別解体が徹底されていない業者も少なくありません。
また、解体工事では騒音や振動、粉じんがどうしても発生してしまうため、近隣住民にも影響が出てしまいます。次のように、周辺地域への配慮や安全対策、適切な手順を怠った工事も、「低品質な解体工事」と言えるでしょう。

・埃が発生する工程で養生シートを張らずに解体する
・ヘルメットを着用せずに作業している
・分別解体をしていない
・解体現場で喫煙しながら作業している
・更地にガラやゴミが落ちている等、ずさんな仕上がり

明らかに相場とかけ離れた安価な金額を提示する業者は、このような方法でコスト削減し、実態は低品質な解体工事を行っているかもしれません。
反対に、工事品質がしっかりとしていて、依頼者からの満足度が高い解体業者は、近隣への影響を最小限に抑えるための対策を十分に行っています。
それでは実際の現場写真で比べてみましょう。

「低品質」と「高品質」の解体工事を比較

解体工事の品質を見分けるにはいくつかのポイントがあります。当協会が独自で行った実態調査での現場写真で比較してみましょう。

養生シート

建物を取り壊す際、がれきやガラスの破片、蓄積された砂埃、ゴミなどが周辺に飛び散ってしまいます。そのため通常は建物の周りに養生シートを張って解体作業を行います。

▲養生シートを張らずに作業を行う
○養生シートを建物が隠れる高さまで張る
養生シートなし 養生シート
養生シートをかけずに解体すると、飛散物が隣家の壁や塀を傷つけてしまうことがあります。近隣住民から苦情が発生した場合、業者の対応によっては住民とトラブルに発展したり、工事が中断して解体後の計画が遅れてしまうかもしれません。
一般的な30坪の住宅を解体する場合、養生設置費用はおおよそ15万円~20万円前後かかりますが、安全にかつ、周辺への影響を抑えて行うためには養生シートの設置は欠かせません。

散水

屋根の撤去、家屋本体や基礎の解体作業では、蓄積された埃や粉じんが屋外に飛び散ってしまうことがあります。

▲埃を撒き散らしている
○埃の飛散を抑えるためにしっかりと散水する
粉じん 散水
近隣への迷惑を無視して作業すると、埃や粉じんが周辺に飛散し、隣家の洗濯物や車などの所有物にかかって汚れてしまうことがあります。
放水しながら作業すると埃や粉じんの発生を抑えることができます。しっかりとした業者は、散水以外にも現場状況に応じて車両カバーで覆うなど、近隣への配慮を怠りません。

分別作業

平成14年に「建築リサイクル法」が施工されて以降、解体した際に出る廃棄物を種類ごとに分別しながら工事を進める「分別解体」が義務付けられています。一昔前に主流だったミンチ解体よりも作業量、工事日数が増えるため解体業者にとっては手間がかかる解体方法です。

▲ガラや廃材ごみがごちゃ混ぜ状態
○廃材の種類ごとに仕分けする
分別されてない現場 分別作業
木くずや鉄、コンクリートなどの廃材が混ざった状態で現場に散乱している。
廃材は種類や大きさごとに仕分けされている。

道路整備

敷地面積が狭かったり重機を置く十分なスペースが無い場合、重機が道路にはみ出てしまうケースがあります。

▲敷地からはみ出し交通の妨げになっている
○交通誘導員を配置、近隣に配慮しながら作業する
誘導員不在の現場 近隣対策
解体現場の横を通りかかった通行人や車が誤って重機や現場作業員とぶつかってしまったり、最悪の場合、怪我人がでてしまう危険性があります。
近隣に配慮できる業者は立地状況に応じてカラーコーンや現場誘導員を配置するなど対応を行います。

実際に、業者が撤去した養生シートが現場の前面道路にはみ出して置かれていて、気づかずに自転車で通行した学生が転倒して怪我をしてしまったという事例もありました。
自身に関わるトラブルだけでなく、隣家の物損、人身事故に発展した場合、賠償金が発生してしまうかもしれません。

整地

建物や付帯物を撤去したら最後に土地の整地作業を行います。土地の仕上がり次第では、売却や新築工事をスムーズに進められないこともあります。

▲仕上がりがずさんな更地
○綺麗に整えられた更地
粗悪な整地 きれいな整地
平らに整地されていない、コンクリートガラやゴミが散乱している
こぶし大の石やゴミが取り除かれ、高低差も無く綺麗に整地されている

【解体後の予定別】依頼者への影響は?

道路にはみ出た廃材

新築・建て替え、土地売却など、解体工事を無事終えないことには次のステップに進めません。もし、低品質な解体工事を行ってトラブルが起きた場合、工事後の予定にどういった影響が出るのでしょうか。

新築・建て替え工事に与える影響

地盤沈下の危険性

ずさんな解体工事を行う解体業者は、自社の利益を出すために地中にゴミを埋めてしまったり不法投棄など不法行為を行う危険性もゼロではありません。
新築工事前の地盤調査で地中から廃材ゴミが発見され、撤去処分で多額の費用負担が発生してしまうこともあります。

また、廃材が地中に残ったまま建築すると、地中に空洞が出来てしまい地盤が弱い箇所ができてしまいます。数年後、空洞部分が腐食したり歪みが発生し、最悪の場合は地盤沈下が起こるかもしれません。

地盤改良工事を行う際の費用は土地の状態や建物により異なりますが、100~400万程度かかってしまいます。より頑丈な構造であれば1,000万円以上かかる場合もあります。また改良工事中の仮住まい費用やその際に発生する手間は計り知れません。

新築着工が遅れ、遅延金が発生する場合も

解体工事が原因で近隣とトラブルに発展すると完工が遅れて新築着工が後ろ倒しになったり、建築会社やハウスメーカーによっては遅延による損害金を支払わなくてはいけない可能性もあります。また、近隣住民との人間関係に不安を持ちながら新生活をスタートさせることになってしまうかもしれません。

土地売却に与える影響

更地の仕上がりが売却価格を左右する
売却の場合も新築と同様に、解体工事が原因でトラブルが長引いた場合、売却引き渡し期限に間に合わなくなる可能性があります。さらに、いかに安く購入できるか、交渉できるポイントを探っている買い手もいるため、引き渡し期限を延長する代わりに値下げを交渉されるケースもあるかもしれません。

買い手が見つかったからといって安心はできません。もし買い手が購入後に土地の仕上がりや地中の廃材を発見した場合、瑕疵担保責任が発生し売り主が費用を負担する場合がほとんどです。最悪の場合、キャンセルされる可能性もあります。

引き渡し期限を過ぎて遅延損害金が発生する可能性も
トラブルが長引いて土地の引き渡し期限を遅滞してしまった場合、契約によっては買い主から遅延損害金を請求されるケースもあります。遅延によって生じた仮住まい家賃や引越費用、家具などの保管料など、遅延日数によっては数十万円~数百万円単位の追加費用がかかってしまうかもしれません。

借地返却に与える影響

地主との関係が悪化
地主と良好な関係を保っていたとしても、トラブルが原因で地主から依頼者が責任を問われる可能性もあります。

借地の返却期限に間に合わなくなってしまう
トラブルで工事が長引き返却期限に間に合わなかったり、最悪の場合、訴訟に及ぶケースも少なくありません。古くからその土地で生活を送っている地主にとっては、近隣住民と揉めることなく穏便に解体工事を終えたいのではないでしょうか。

品質が低い解体業者に依頼しないためのポイント

チェックポイント

大事なお住まいの計画でトラブルに発展して想定外の費用を支払わなくてはいけなくなったり、計画が振り出しに戻ってしまったりといった失敗は避けたいものです。

低品質な解体工事でトラブルにならないためには注意すべきポイントがあります。

相場より極端に安い金額の業者は選ばない

解体業者から提示された見積り金額が高いのか安いのか、判断に迷う際、一つの目安になるのが金額相場です。
相場の金額とかけ離れた安価な見積りを提示する解体業者には注意が必要です。
安さには何らかの理由があると思っておいた方が良いでしょう。今回ご紹介した低品質な工事内容を行っている可能性は大いにあります。

解体費用の相場は解体する地域によって金額差があります。地域ごとで作業員の人件費や廃棄物の処分費用が異なるからです。
相場を確認する際は、自分が解体する地域の相場と見積り金額を照らし合わせてみましょう。

解体業者の対応をチェックする

解体業者によって問い合わせ後の連絡手段、やりとりの頻度など、依頼者への対応方法は様々です。例えば、近隣住民から苦情を受けた場合や工事現場で事故が起きた場合、業者の対応次第では後々の大きなトラブルに発展してしまいます。
解体業者がどのような対応をしているかチェックすると、解体業者の良し悪しを判断する材料になります。

解体業者を選ぶ際は次のポイントに注目しましょう。

会話のキャッチボールができるか?

連絡後の応答は早いか?

ハウスメーカーや不動産屋との連携はうまく対応できるか?

解体業者の実際の工事をチェックする

解体業者を選ぶ際、普段からどのような工事を行っているか?は重要な判断ポイントになります。解体業者のホームページや口頭では「しっかり工事します」とうたっていても、実際には近隣対策をしない、事故につながるような作業を行う、といった解体業者も存在します。

また、解体業者によって対応している建物構造や得意とする工事が異なります。もし木造解体を専門に行っている業者に鉄骨造の解体を依頼した場合、管理の目が行き届いていない下請け業者に工事を丸投げし、ずさんな工事をされる危険性もあります。

解体業者を選ぶ際は、その業者が普段からどういった施工を行っているか実態を知ったうえで依頼する必要があります。

ご自身で探した解体業者、地元の知り合い経由で紹介された業者は当てはまっていませんでしたか?もしあなたのお手元に見積り書をお持ちでしたら、依頼する前に必ずチェックしてみてください。
これから見積りをとる方はお伝えした内容を踏まえて、しっかりとした工事を行う解体業者か判断しましょう。

自分で解体業者を判断するのは不安になった方も、どうぞご安心ください

当協会では、解体業者探しでお困りの方へ、適正な工事をする優良な解体業者の中から、あなたに最適な解体業者を無料でご紹介しています。登録しているのは全国約14,000社の解体業者のうち、厳しい審査をクリアした優良な解体業者のみです。

年間5,400件以上のお問合せを承っている解体専任スタッフが、解体物件の構造や特徴、業者さんから直接ヒアリングした独自情報等をもとに、あなたに最適な優良解体業者を複数社選定いたします。しっかりとした解体工事を行う業者の中から一番安い業者を選ぶことができます。

もちろん業者への現地調査、見積り依頼も無料です。解体工事を安く、かつ安心してお願いできる解体業者を探しの方はお気軽にご相談ください。

まずは無料でお見積りをご依頼ください。
解体工事に関するご質問やご相談も、24時間年中無休で受付ています。
どうぞお気軽にお問合せください。

解体工事に関する各種お問い合わせ・ご相談、お見積り依頼・資料請求
詳しくはこちらをクリック

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。


読売新聞に掲載されました 空き家対策 悪徳業者の見分け方 アクセスはこちら

運営会社

社団法人あんしん解体業者認定協会
東京都港区芝浦四丁目12番31号
スタッフ
お問い合わせ先